澪「やっばーい」

澪「どうしようどうしようどうしようっ♪!?」

澪「失くしたー」

澪「いやぁー、失くしたわぁ、ベースと8000円失くしたぁー」

律「随分とリアルな数字だな」

澪「だってそんな8億円とかリアリティに欠けるっていうか・・・うわ、あった。あったわぁ」

律「あ?」

澪「よく考えたら私今8億円の上に立ってたーこんな非日常的な状況すらもいとも簡単に実現してしまう私の美貌がにくいー」

律「はいはい」

紬「そのお金、子供銀行って書いてあるわよ」



律「唯はほんっとうに天然だよなー」

紬「そうねー、あの天然さはやばいわよね」

律「だな、激ヤバだな」

澪「え?今なんて?」

律「おう、澪。いやー、唯ってすっげー天然だと思わないか?ドジっ子ってやつ?」アハハ

澪「・・・は?」

紬「間違えて当時通ってた小学校に行っちゃったり、逆立ちで授業受けたり・・・ドジなところがほっとけないって感じよね」

澪「ふ、ふーん」

律「澪も同じドジっ子としてやっぱり意識したりすんの?」

澪「・・・っはぁー!?いいいいやいやいあいやいや全然ぜんっぜん全然意識なんてしてしてないしぃー!?」シュバババババ



律「おっ!おっはよー」ヒラヒラ

唯「あーりっちゃん、おはよー」

紬「あら唯ちゃん、どうしてランドセル?」

唯「あっ、間違っちゃったよぅ~」

ペチャッ

唯「・・・?」

ペチャッ

唯「・・・?」チラッ

澪「はしゃぐな」ペッ

ペチャッ



律「おーすっ」

律「って、ありゃ・・・まだ誰も来てなかったか」

律「暇だなぁ・・・」

梓「どんな絶望の淵であろうと甘い微笑みを絶やさない天使よ(お疲れ様です)」

律「お、梓か」

梓「君はその瑠璃色の輝きを見たか(あれ?律先輩だけですか?)」

律「おう」

梓「荒廃した街に降り注ぐ一筋の希望の光よ(ムギ先輩のお茶が飲みたいなー)」

律「まぁ、それはもうちょっと待てよ。あとでみんなちゃんと来るから」

梓「ひび割れた心に鮮やかなアネモネを、凍えた指先にその温かさを(今日はお茶したい気分だったんだけど・・・ちぇー)」

律「へぇ、珍しいな?」

梓「気まぐれなピエロにひと時の安らぎを(むー、茶化さないでください)」

律「なぁ、梓。お前のその喋り方はもういいんだけどさ」

梓「緩やかに流れる時空<とき>の狭間で君が見た夢とは・・・(なんですか?)」

律「普通に会話が成立している私が怖い」



紬「澪ちゃんはいいなー」

澪「え?そ、そんなことないぞ。どうした?急に」

唯「わかるよ!だって澪ちゃんは可愛いし、勉強できるし、ベース弾けるし。モテるしねー」

澪「いや私なんてたいしたことないぞー?あはは、まぁ確かにモテるけど、どうしてモテるのか全くわからないよ。もうホント、私の取り柄なんてモテるってところくらい」

唯紬「へ、へー」ピクッ

紬「やだ澪ちゃんったら。澪ちゃんには他にもいいところがたくさんあるわよ?むしろモテることくらいしか取り柄がないのは私の方かも」

澪唯「ぐっ・・・」

澪「いやいやそんなことないよ。私なんてベースは下手だわ頭は悪いわ恥ずかしがり屋だわ引っ込み思案だわ
黒髪ツヤツヤロングだわベースボーカル担当だわホントもうモテることを除けばゴミ並だからさ」

唯紬「むむ・・・」

紬「澪ちゃんこそ冗談はやめて?私の方こそ、家は金持ちだわ、キーボード弾けるわ、お上品だわ。嫌味じゃないところと言ったら
この柔らかい笑顔と人柄とそして私が淹れる紅茶くらいのものよ。本当にモテなくなったら私ってカスだわ。カス吹紬だわ」

唯「ぐぬぬ・・・」

唯「あぁぁっとぉぉ!!!やばい私ミスりそう、ミスるマジミスるー・・・あー、滑ったーやっぱ手が滑ったー。
先日別の高校の人から届いた告白メールの画面を開いた状態でケータイを落としてしまったぁー」シュババッババ

澪「おい!今のわざとだろ!何『見て!』と言わんばかりに指さしてアピールしてるんだよ!!」

唯「わざとじゃないですぅー、ミスったんですー」

澪「何を言っt」


紬「っひょぉぉぉぉぉっぉお↑↑」


澪唯「?」クルッ

紬「なんか股間からチンチン生えて来たぁぁぁぁ、やっべぇ、男にモテるとかそういう次元じゃないじゃん、むしろ私が男みたいな」

澪「・・・」

紬「え、なんでぇー↑?っていうかこれ私の勝ちじゃない!?私ダントツ一番じゃない!?っひょぉぉー!」ドピュドピュッ

唯「・・・」

澪唯「すげぇけど、なんかビッチャビチャで汚ねぇ」

唯「あとくせぇ」



律「お、今日はみんなお弁当なのか」

唯「うん、いいでしょー憂が作ってくれたんだぁ」ニコニコ

紬「唯ちゃんは可愛いわね」ウフフ

澪「・・・」カチンッ

唯「えへへ、そんなことないよぉ///」

ピチャッ・・・!

唯「・・・!?」チラッ

澪「さえずるな」ペッ

ピチャッ・・・!

律「ほ、ほらほら。喧嘩してないで御飯食べようぜ?」

唯「うん、それはそうなんだけど・・・」

紬「りっちゃんこそ、スティックしまったら?邪魔でしょ?」

律「・・・へ?あ、あぁ!!?本当だっ、はは。つい間違えちまったぜ」

紬「そ、そう?」

律「おう、ごめんごめん。頭の中でビート刻みながら弁当広げてたらいつの間にか箸じゃなくてスティック出してたぜ」

唯「えっ」

律「なんていうのかな、グルーヴっていうのかな。それが止まらなくなる時があるんだよな、私には」

澪「こいつもアレか」モグモグ