唯「私、もうすぐ死んじゃうんだ」

律「まじで」



澪「嘘だろう?唯」

唯「ううん、本当なんだ。もうすぐ死んじゃうんだよ、私は」

律「もうすぐっていつだよ」

唯「あと1時間後くらいだよ…」

紬「1時間後って…。3:10くらいには死んじゃうってこと?!」

唯「そういうことみたい」

律「な、なんとかならないのか!」

唯「無理だよ、医者もサジを投げたんだ。まさに」

紬「なんて事なの」

澪「くそっ、友達が死にそうな時に何も出来ないなんて」

梓「何も出来ない高校生の自分をうらみます」

唯「あはは…、みんなそんな悲しい顔をしないでよ」

律「悲しいけれどこうしてても仕方ない、唯の最期の時までに何が出来るか、みんなで考えよう!」

梓「唯先輩のために、ライブを行うってのはどうでしょう」

律「それだ!これから武道館は無理だけど、体育館なら」

紬「こうしてはいられないわ、すぐに体育館の手配をしましょう」

澪「あ、私もちょっと良い案が浮かんだぞ。聞いてくれ」

律「どうぞ」

澪「今後、唯が経験するかもしれなかった、ありとあらゆるIFを体験させてやるんだ」

律「なるほどな、それも良い案だ」

梓「でも3時10分まで30分切ってますし、ライブと両方ってのは無理がありますよ?」

律「もういい面倒だ、いっそ両方同時にやる!いくぞ、みんな!そして唯!」

唯「うん!」



~体育館~

客「ざわざわ」

唯「みなさん、今日は私のために集まってくれてありがとうございます
  もうすぐ死んじゃう私ですが、みなさんのため
  そして軽音部のみんなのために演奏させてもらいます!」

唯「曲は、ふわふわ時間!」


律「1、2、3、4!」


ギュィィーンジャンジャン

唯「君を見てると、いつもハートどきどき」


澪「アフゥン律ぅ、チュパペロペロ」

律「澪ぉ…ペロロンチュパチュパ」

梓「カサカサカサカサ」


唯「フフンフフフフ、フフフフフフフ、ふ~わふわっ」


澪「チュパペロロン」

律「ペロロンチュパパ」

紬「●REC」

律「ムギ、そんなところで見てないで、ホラッ」さわっ

紬「ンン゛!ド…ドレミファソラシドー!!」ドビュッシー


聡「うぉぉぉ!唯さーん!シコシコシコシコ!!」

ビチャビチャ


唯「いーつもがんばる、フーフフ横顔、フーフフフフフ~ン」

トラック「バロロンバロロン!」

ドア「ガチャ」

トラック「バロローーン、キキーーーー!」

ドガシャーン


唯「あぁ、かーみさーまゲッフ、おねーがい
  ふたりーだけーの、フーフフ、ンーターイムくーだーさい」


憂「お姉ちゃんを死神なんかに渡すもんか、いっそ私が」

グッサ


唯「おーきにグッフ、いーりのうさーちゃん、抱いてーーーえ
  フフーフーフー、おーやすーみ」


唯「ふわふわターイム、ふわふわターイム」


ジャカジャーン


客「ワーワー」


唯「みんな、みんなありがとう!」



唯「…」

バタッ

澪「唯!」

梓「……3時10分です」

律「逝っちまったのかよお、唯」

律「ちっくしょおおおお!」

紬「あきらめるのは早いわ、こんな言い伝えがあるの」

紬「時計の長針、短針、秒針が重なるときに願いがかなうって言う」

律「そんなバカな話が」

梓「やってみましょうよ!律先輩!」



律「唯を生き返らせてくれーーー!」















だめでした


fin