しゅごごごごごごごご

ぷしゅうう

うぃーん


きゅぴ きゅぴ

ベジータ「…」

ベジータ「ここが、地球か…」

ベジータ「…」

ベジータ「ぶっ壊してやるぜ」にやり

ベジータ「………む!?」

ベジータ「最初の地球人を発見した…」

ベジータ「見せしめに何人か殺していくか」にや

ベジータ「…」

ベジータ「……!!」

ベジータ「…な、なんだ!?」

ベジータ「スカウターに凄い反応が…!?」




唯「……………でさー!」

唯「笑っちゃうよねぇ~」

梓「は、はぁ…」

唯「うふふ~」

ベジータ「おい、貴様ら」

唯「」

梓「」

唯「」

梓「」

ベジータ「…」

ベジータ(くく…怖じ気づいてやがる)

ベジータ(…こんな奴らが俺の戦闘力を遥かに上回っている筈がない…!)

ベジータ(やはりスカウターの故障か…まあいい)

ベジータ「おいッ!」

唯・梓「!!!!!」びく びくぅ


ベジータ「俺と一緒に(戦闘)やらないか!??」


唯「…」

唯「…」

唯「…すみません、ちょっとお待ちください」


ばっ

唯「…ちょっとぉ…あずにゃんどうする!?」ひそひそ

唯「変な人が話しかけてきちゃったよ!!」ひそひそ

唯「…やらないか?って…」ひそひそ

唯「きゃーっ、ヘンタイだー!!」ひそひそ

唯「…」

唯「…?」

唯「あ、あずにゃん??」

梓(…カ、カッコいい…////)ぽー

唯「…」

唯(…あずにゃん怖がってる…)

唯(ここはあたしがぴしっと…!)


ばっ

ベジータ「……最後のお喋りは楽しめたかな??」にやり

唯「おじさん!!」

ベジータ「…!?」

唯「知らない人にいきなりやらないか?なんて言っちゃだめだよ!!」

唯「みんな怖がっちゃうよ!!」

ベジータ「」

唯「しかも何ですかその服は!!」

唯「ちょっとヘンタイっぽいよ!!」

ベジータ「…だ、だにィ…!?」

ベジータ(オ…オレが変態…だと…!?)

べジータ「き…貴様ぁ!!!!」

唯「っ!!」びくっ

べジータ「…オ、俺はァ…」

べジータ「サイヤ人のォ…、王子なんだぞォォォ!!!!!!!!」

唯「」

唯「」

唯(…やばい、やばいよこの人)

唯「…」


ばっ

唯「あ、あずにゃん…」ひそひそ

梓「」ぽーっ

唯「…」

唯(だめだ…逃げなきゃ!!)


ばっ

唯「おじさん!こんなこと二度としちゃだめだよ!!おまわりさんに捕まっちゃうよ!!!じゃあね!!!!」



ぱしっ

だだだだだだだ…

唯「…」

唯「って、あずにゃん!!!(早く逃げなきゃ!!!)」

梓「…」

梓「あ、あのぉ…////」

べジータ「…」

べジータ(オ、俺が、人間ごときに完全に見下されている…だと…!!?)

べジータ(…戦ってもいないのに負けたような気分だぜ…)

べジータ(…もうだめだァ…おしまいだァ…っ)

梓「あのっ!!!!!!」

べジータ「…………!」


梓「…やっても…いいでスよ…?/////」


べジータ「…」

べジータ「…!?」

べジータ(…人間ごときが俺をコケにしやがって…)

べジータ(…ぶっ潰してやる…!!)

べジータ「…やっとやる気になったようだな」にやっ

べジータ「俺は真剣なんだ…」

べジータ「場所を移動するぞ、ついてこい!」

梓「……………はっ、はいっ///////」

唯「…」




きゅぴ きゅぴ

梓「…」

梓(…す、凄いきんにく…/////)

梓(…カ、カッコイイ…/////)

梓(…)

梓(…ひ、一目ぼれって、ホントーにあるんだ…/////)

べジータ「…」

べジータ(…くっ、人間ごときが俺をジロジロ見やがって…)

べジータ(…今に見ていろ…)




べジータ「…着いたぞ」

べジータ「ここが決戦の地だ…!」

梓「…」

梓「…」

梓(…え?え?)

梓(…外??)

梓(…しかも…まわり何にもないよ??)

梓(…草も木もない、荒れたところだよ…!?)

梓(…こんなところで、、、、、キャーっ/////)

梓「…ほ、ほんとーに」

梓「…ここで、やるんですか…??/////」

べジータ「…」

べジータ「当たり前だ」

べジータ「今になって怖気づいたか??」にや

梓「…/////」

梓「…は、初めてなので…」

梓「お手柔らかにお願いします…/////」

べジータ「!!!!!!!!!!!!!!??????」

べジータ(…だっっ……だっっっっっにぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!?)

べジータ「…」

べジータ(戦闘経験のない状態で、既に俺の戦闘力を上回っているだとォ…!!!?)

べジータ(…だ、だめだ、勝てるわけがないぃッ…!!!)

べジータ(…逃げるんだぁッ…)

(逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ…)

べジータ「ふおぉっ!!!?」

べジータ(…)

べジータ(…くそったれぇぇぇ!!!!!)

べジータ「だりゃああああああああああああああっっっ!!!!!!!!!」

しゅばっ

梓「…ッッ!!?」


がきぃんっ


べジータ「!!!」

べジータ(俺の全力の蹴りをいとも簡単に…)

べジータ(やはり勝てないのかぁっ…!!?)

梓「…!?!?!?!?」

梓(…なにこれ!?!?!?)

梓(…こんなに激しいの!!?)

梓(…や、ビデオで見たときはこんなコトしてなかった…)

梓(…こーいうのが好きな人なんだぁッ…/////)

べジータ「だらっしゃあああああああああ!!!!!!!!!」


ずがががががががががががががががががっっっっっっっっっっ


梓「気持ち良いっ、もっと来てくださいデスっ/////」

梓「私が全部受け止めますっ/////」


ずがずがずがががずががずがががっっっっっっっっっ


べジータ「…くっ、くっ、くぅぅっ!!!!」

梓「…んっ…んんんっっ//////」

梓(…おじさん疲れてきてる…)

梓(…私が受けてばっかりだからかなっ…?)

梓(………よし!)


んがきぃんっ


べジータ「…!!」

梓「…今度は私から、いきマスですっ/////////」

べジータ「!!!!!!!!」

ずっっっっっっっがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっっん

べジータ「ぼあっ!!!!!!!!」

きぃぃーーーーーん

…………………………………………どごぉぉん



梓「…やりすぎちゃったかな?////」てへへ




「ンビッグバンンンッッッッあたぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっく!!!!!!!!!!!」

ずがああああああああん



梓「…!!!!」

梓(…こ、これわ…)

梓(男の人がいっちゃったときにでる…せーし??//////)

梓(うそ…すごい量っ//////…そんなに気持ち良かったのカナ…??///////)

梓(せーしは、ビデオでは…)

梓(…飲んであげてたっ//////)


じゅるるるるるるるるるっ

ごくんっ


梓「…」

梓「…にがいっ…」

梓「ケド…おいしいっ/////」にこっ

べジータ「」ぶるぶるぶるぶるぶるぶる

梓「…」

梓(…男の人は、いっかいイっちゃったら終わりなんだよね…)しゅん

梓「…おじさんっ!」

べジータ「」がたがたがたがたがたがた

梓「…また町で会ったら、声かけてくださいねっ/////」にこっ

べジータ「逃げるんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーっっっ!!!!!」

きぃーん




梓「………もうっ、」

梓「恥ずかしがりやさんっ////」


fin