生徒会室

ガチャ!

和「ん?・・・澪!!!」

澪「うぇぇ・・・和ぁ・・・」

和「酷い怪我!!どうしたの澪!!?」

澪「みんなが・・・・みんながぁ・・・」

和「みんな!?みんなってけいおん部の事!?」



ガチャ・・・

和「!!」

梓「もぐもぐ・・・ここにいたんですか澪先輩」

和「う・・・腕!?あんた何食べてるの!?」

澪「いや・・・いやぁ・・・」

梓「あぁ、この腕ですか?唯先輩です、とってもおいしいですよ」

むしゃ・・・もぐもぐ

和「唯?ちょっと状況が飲み込めないけどとんでもない事が起こったようね・・・澪。下がってて」

澪「和ぁ・・・?」

和「うんしょ・・・」

梓「何をする気ですか?椅子なんて持ち上げて」

和「あんたが食べてるそれ人間の手よね?まあ唯とは思わないけどあんたが異常だって事がわかるから・・・」ぐ・・・

和「はあああ!!!!」

がん!!!!!!がん!!!がん!!!!!!

和「この!!化け物!!!人間になりすまして!!!」



和「はぁ・・・はぁ・・・・」

どさ

梓「・・・・」

和「ふぅ・・・澪、とりあえず部屋をでましょう。鍵を閉めてこの子を閉じ込めるわ。」

澪「・・・わ・・・わかった・・・ああぁ!!」

和「え?」


がぶぅぅ!!!


和「ぐ・・!?」


ぶち・・・ぶしゅぅぅううう!!!


和「うぅぅ!!?」

梓「もぐもぐ・・・へー。おいしいですね和さん」

澪「和ぁ・・・・・」

和「・・・・みお・にげ・・・」

どさ

梓「澪先輩、勝手にこんな所に来ちゃ駄目じゃないですか。お仕置きの時間です」



澪「うぎぃ!!!ぎぃぃ!!!」

梓「ずるる!!もぐもぐ・・臓物は臭いですけどまあまあな味ですね」

澪「い・・・やだああ・・・」

梓「あ、そういえば律先輩が最期に言ってましたよ」


律には手を出さないでくれ


澪「!!・・・・ああ・・・・あ・・・」

梓「まあそんなの聞いたこっちゃないです・・・がぶ」

澪「ぐ・・・律ぅ・・・・    」




梓「澪先輩おいしかった、ごちそうさまでした。さて」

和「・・・・う・・・」

梓「まだ意識があるようですね。首を噛まれたのに」

和「う・・・」

梓「じゃあ和さんを食べたらデザートでも食べに行きますか」


がぶ

もぐもぐもぐ




ピンポーン

憂「はーい。・・・梓ちゃん!」

梓「がおー」

憂「あは!なーにあずさちゃん?所でお姉ちゃんの帰りが遅いんだけど・・・」


ぶしゅ!!


憂「え・・・え・・・?」

梓「もぐもぐ・・・唯先輩と似てるね・・憂の味は」

憂「あれ・・・腕から血が・・・おかしいな・・・」ぼたぼたぼたぼた

梓「憂?今私に食べられてるんだよ?」

憂「そ・・・そんな~w梓ちゃんがそんな事するはずないよ~、ごめんね!今血止めるから・・・うぅ・・・」ぼたたたたた

梓「ごめん・・・憂が一番おいしい」


がぶぅぅ!!

ぶしゅうああああああ!!!!


憂「あ・・・」どさ

梓「・・・・本当できた子だね憂は・・・もぐもぐ」




梓「はーお腹いっぱい。先輩達や憂、ごちそうさまでした!!」

梓「満足満足!がおー!!」

梓「前から食べたかったけどこんなにおいしいとやったかいがあるなー」


純「そこまでだ梓!!」

梓「!!食べ損ないがいたね、ふふ」

純「憂やけいおん部のみなさんを食べたな梓!ゆるさん!!」



梓「ふふふ、偉そうな態度だね純」

純「梓!あんたが伝説の肉食害獣アズタニアンだって事は知っていたの!」

梓「!!・・・ほーう・・・」

純「私はあんたを倒すために派遣されて来たエージェント純よ!!」

梓「ほうほう」

純「梓!覚悟はいい!?」

アズタニアン「がおぉおおおおおおおお!!!」ふぁさぁ

エージェント純「その耳!そのしっぽ!!そしてその牙に触覚!!気を抜けばやられる・・・!」

アズタニアン「純、デザートは別腹だよね。食べちゃうね純」

エージェント純「弱点は触覚!!チャンスは一度!!」

アズタニアン「ぐあああおおおおおお!!!」

エージェント純「ウォォォ!いくぞォォォ!」

アズタニアン「さあ来い純!」


煽り 純の勇気が世界を救うと信じて・・・!




終わり


ありがとうございました