和「うっ・・・」

紬「(えげつないコトするわねぇ・・・)」

 「斎藤ッ!!」

斎藤「はっ!」

紬「梓ちゃんの供養を・・・」 ス・・・

斎藤「仰せのままに・・・」 ヒュン・・・


梓の切断された胴体は、ドラクエに出てくるような棺桶に入れられちまった。


律「ハアッ・・・ハァッ・・・!!」 うげぇえええええええええ

澪「(過呼吸・・・!?) 律・・・しっかり・・・」 ちゅうう

憂「この期に及んでキッスですかァ・・・」

 「本当に仲の宜しいこと・・・」

紬「(本物のロミオとジュリエットみたい・・・) ハァハァ・・・*///*」


紬は違った意味で、過呼吸を起こしていた。



さ「(可愛い私の教え子が)」

 「(大した理由も無く、死んだ)」

 「~~~~!!」 ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・~~!!

憂「!?」 グラッ

さ「・・・!!」 ギロッ・・・

憂「・・・!」 ゾクッ・・・


そのさわ子の凄まじい程の剣気は、
憂との本来的な実力の差を知らしめるには十分であった。


憂「・・・アハハ・・・ もうっ さわ子せんせいったらー 怖いんだからァ~~・・・」 ズサッ・・・ 


平沢憂、人生で初めての後退を経験する。


和「さわ子先生・・・」

さ「私はこれ以上・・・教え子に犠牲者を出したくない・・・」 ズズ・・・

紬「先生の・・・鑑ですね・・・」

斎藤「左様・・・」


律「へっへへっ・・・ さわちゃんがその気になれば、どうとにもなりそーだぜ・・・」 ゴクッ・・・

澪「本来の目的ってなんだっけなんだっけ・・・」 アズサァ・・・ナンデシンジマッタンダヨォ・・・ グスッ・・・


唯「ナカマわレハ えイえん ニ くりかエされる アクイ ヲ ウミつヅけル・・・~~」 ガガガガ・・・


律「唯も・・・頑張れよ・・・」 ギュッ・・・

憂「お姉ちゃんに触るなッ!!」 ブォン ブィン

ザクッ! ザンッ!!

律「痛つっ・・・」 ツー

澪「憂ちゃん! いい加減にしろッ!!」

憂「役立たずでビビリのお前には田井中も守れんよ・・・」 クケッ・・・

和「憂・・・!!」

さ「大丈夫よ・・・和ちゃん・・・」

 「最悪私がなんとかするから・・・」

和「・・・・・・信じてます・・・」



紬「なんとかなれば・・・いいですけどね・・・」

 「(可愛い死人が出てしまった以上・・・)」

 「・・・」 

 「ハァハァハァハァハァハァハァハァ~~!!」 ペロッ・・・

律「・・・!?」

斎藤「お嬢様・・・今はどうかお鎮め下さいませ・・・!」 アタフタ・・・

紬「し、失敬・・・」 コホン・・・


斎藤「(私の長年のカン正しければ・・・)」

  「(今お嬢様は、亡くなった中野梓さんの切断された御遺体で・・・)」

  「(”禁じられた遊び”をしようと・・・)」

  「(妄想されていたに・・・違いない・・・)」


紬「ハァハァ・・・~~ 」 ペロリ・・・♪♪



さ「(”族”も来なければ、この状況をまとめる手段も思い浮かばない・・・)」

唯「・・・・・・」 ガタガタガタガタ・・・

さ「(せめて唯ちゃんが元通りになってくれれば・・・)」

唯「・・・ぅっ・・・」 ビクン

さ「!!・・・」


さわ子はこの瞬間を見逃さなかった。
そして直感した、原因こそわからないが平沢唯が再起したと。


さ「(もし、この状況で・・・唯ちゃんが復活したらどうなる・・・!?・・・)」

 「(頭をFULL回転させろ・・・山中さわ子・・・・クールになれ・・・!!)」

和「恐らく・・・梓を失ったショックで、また違った意味でおかしくなると思います・・・」 ゴニョ

ゴニョ・・・

さ「!?・・・ 和ちゃん・・・やはりあなたも気づいていたのね・・・」

 「(唯ちゃんの・・・蘇生に・・・!)


和「梓を失ったことのショックで、気が狂った唯を憂が見れば・・・」 ゴニョゴニョ・・・

さ「恐らく・・・自害するでしょうね・・・」 ゴニョゴニョ・・・

さ・和「(どう転んでも・・・BADENDは免れないか・・・!!)」


唯「ぅ~う~ぃ~」 バタバタ・・・

憂「?・・・お姉ちゃん・・・!?」 ハッ

唯「あいしゅうう~~」 ゴロンゴロン・・・

憂「お姉ちゃん!!」 パァア・・・

 「(何と言う至福の時ッ・・・!!)」 ぉおおおおおお

 「(これが・・・無償の・・・愛!!)」 パァアアアアアアアア



憂「お姉ちゃん!私だよ!憂だよ!!」 ガバッ・・・

唯「う・・・い・・・?」 

憂「お姉ちゃん・・・私・・・本当に心配したんだから・・・」 ぽろ・・・ぽろ・・・

唯「う・・・い・・・? 泣いてるの・・・?」 

 「ここは・・・何処・・・?」

律「ムギん家の一室だ・・・」

澪「お前は二日ほど・・・死んでいたんだよ・・・実質な・・・」

唯「私が・・・死んでいた・・・? 嘘・・・」

唯「!!・・・(そうだ・・・私は・・・)」

 「!!」

 「ムギちゃん!」

紬「な、何かしら・・・」

唯「その・・・棺・・・」

 「もしかして・・・」


和「梓の惨死体よ・・・」

さ「殺したのは・・・」

憂「!!!~~~~~」


さ「私よ・・・」 ザッ・・・

一同「え・・・」


さ「梓ちゃんを殺したのはこの私! 手を凶器に変えて首を切断したの!」 ビキビキ・・・

和「さわ子先生!!」

さ「良いのよ和ちゃん・・・」

 「(そうだ・・・これで・・・良い・・・)」

律「さわちゃん!」

澪「さわ子先生!!」

さ「(自分の受け持った生徒一人も守れずに、のうのうと生きてられるものですか・・・)」

憂「さわ子先生・・・!!」

唯「そんな・・・さわちゃん先生・・・あずにゃんは・・・・・そんな・・・」 ガタガタブルブル・・・


さ「バイバイ皆・・・」

憂「ちが・・・梓を惨殺したのは・・・」

さ「憂ちゃん!」

憂「!」

さ「最期ぐらい・・・先生らしく、カッコつけさせなさいよね・・・」 ニコッ・・・

憂「う・・・」 うっ・・・


そうしてさわ子は、自首すると言って、この部屋を後にした・・・。


憂「本当は・・・~~ほんとうわぁ・・・~~」 ガタガタブルブル・・・ ぼろっぼろっ・・・

和「憂!」


パンッ


憂「・・・和さん・・・」


和「先生から教わったこと・・・死ぬまで忘れるんじゃないわよ・・・!」 ぽろっ・・・ぽろっ・・・

憂「うっ・・・くっ・・・ぐっ・・・」 うっ・・・うっ・・・  ぽろっ・・・ぽろっ・・・

 「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああん」 ザー



    ※   ※   ※



斎藤「中野梓さんの御遺体は暫く、琴吹家の方に置いておきます・・・」

紬「お葬式の・・・日程が決まり次第・・・連絡するわね・・・」 ぐすっ・・・





―えぴろーぐ!


ハァアアアアアアアアアアアアアン

ハァッ ハァアン アッ アッ アッ・・・




斎藤「紬お嬢様・・・」

  「いくら権力があるとは言え」

  「死体で遊ぶのはマズイですよ・・・」 アワワワ・・・




                          【死体と遊ぶな子供達】 





                                                  ☆★終劇★☆