律「キリーンスマッシュ!キリンスマッシュ!」

唯「キリーンスマッシュ!キリンスマッシュ!」

澪「ムギ…あれ、何?」

紬「キングオブコントよ、うふふ」

梓「もう先輩達、あんなのの何が面白いんですか!」


澪「そうだぞ、くだらないことやってないで練習しよう」

律「そんなこと言わないでさー、澪もやろうよ~」

唯「そうだよ澪ちゃん!やってみたら楽しいかもしれないんだよ!」

澪「わ、私はやらないぞ!」

唯「澪ちゃん、着ぐるみもあるんだよー?」

梓「いい加減にしてください!」

律「あ、梓?」

梓「私はああいうネタ嫌いなんです。そもそもコントじゃないし…。そんなことして遊んでる暇あったら練習しましょうよ!」

律「ちぇっ、梓のけち」

澪「こら律!」

唯「ねえねえあずにゃん、せめて象の頭だけつけてもいい?」

梓「だめです!どうやって歌うんですか!」

梓「ムギ先輩も早くそれ脱いでくださいね」

紬「あ、さわ子先生に動物の衣装作ってもらえないかしら」

唯「いいねムギちゃん!ナイスアイデアだよ!」

梓「だめです!練習の準備してください!」

澪「まあまあ梓。ほら、みんなもそれ脱いで練習しよう」

ズンチャズンチャズンチャズンチャ
チャッ チャッ チャッ チャッ

唯「キリーンスマッシュ!オア、キリンレシーブ…はっ!?」

澪「唯!」

梓「律先輩!ふざけないでください!」

律「ははは、じ、冗談だよ梓。でもほら、やけにあのリズムが頭に残っちゃってさ…わかるだろ?」

梓「わかりませんよ!ムギ先輩もちゃっかり伴奏いれてるし…もう!」



ガタッ

タッタッタッタッタッ…

澪「あ、梓!はぁ…お前らのせいで梓帰っちゃったじゃないか!」

唯「あずにゃん…」

紬「梓ちゃん…」

律「キリンレシーブ!」ゴッ!

澪「いい加減にしろ!」

律「だっ、だから冗談だってば!しょうがないな、明日ちゃんと謝らないとなぁ」

澪「今だよ、律。早く梓を追いかけよう」

律「そんなこと言ったって、梓がどこに行ったのかなんてわかんないじゃんか」

澪「それはそうだけど…」

紬「みんなで手分けして探してみましょうか」

澪「そうだな。とにかく梓を見つけたら説得して音楽室に連れて帰ってきて、みんなで謝ろう」

唯「あずにゃん…あずにゃ~ん」シクシク

紬「唯ちゃん…」

唯「あんなに面白いのに、なんで」シクシク

澪「…面白さを説得するわけじゃないからな?」

唯「わかってるよ澪ちゃん!あずにゃんを連れ戻すんだよね!」

澪「そ、そうだ!よし、みんな行こう」

唯律紬「おーーーーっ!」

唯「私、憂に電話してみるよ!」

紬「その意気よ唯ちゃん!がんばってね!」

律「レッツゴー!!」

タッタッタッタッタッ

澪「その走り方はやめろ」ゴッ

紬「あずさちゃん、どこに行ったのかしらね」

律「家に帰っちゃったのかもなぁー」

澪「そうだな。律、梓の家に行ってみようか」

律「怒ってるくせに、なんだかんだあたしと一緒にいたいのね澪ちゅわん♪」

澪「ち、違う!ほら、梓の家の人とか会ったことないから一人だと恥ずかしいし…///」

紬「うふふ、じゃぁ私は学校の中を探してくるわね」

澪「あ、携帯忘れた。取りに行ってくるから、律先に校門で待っててよ」

澪(みんな、なんであんなにハマってるんだろう…。)

(少なくともみんなのを見てる分には面白くはないんだけど、私がおかしいのかな)

(やっぱりプロがやると面白いのか、それとも唯が言ってたみたいにやってみたら面白いのかな…)

澪「あ、着ぐるみが出しっぱなし…」

モゾモゾ

澪「キ、キリ~ンスマッシュ…///」

律(キラーン!)

澪「はっ!?」

律「ほんとは澪もやりたかったくせにー、ウリウリ」

澪「違う!違うんだ律!梓を探すんだろ?!だからこれはみんなの気持ちを理解するために…」

律「梓の気持ちにならなきゃ意味ないじゃ~ん。言い訳は見苦しいぞ?澪ちゅわん♪」

澪「違うんだ!…みんなには言うなよ?」

律「わかってるって。帰ってきたら一緒にやろうな?」

澪「律ってば!!!」

唯「そっかぁー、憂も知らないかぁ」

憂『お姉ちゃん、梓ちゃんには電話したの?』

唯「ハッ!してない!!盲点をついたね憂!」

憂『なんか違う気もするけど…もし繋がらなかったら私からも電話してみるよ』

唯「あ、ねえ憂。キリンスマッシュは面白かったよね!?」

憂『うんっ!』


――――

紬「あ、梓ちゃん」

梓「ムギ先輩…グスッ」

紬「ごめんね梓ちゃん、わたしもみんなみたいにハシャいでみたかったの」

梓「いいですよもう。2700が嫌いなわけじゃないんですけど、あんなネタで900点とれるのが納得できないです」

紬「そうね、私もロバート好きだけど同じ気持ちよ。みんなも反省してるから、音楽室に戻って来てくれないかしら?」

梓「…わかりました。ちゃんと練習しましょうね?」

紬「うん!ちなみに梓ちゃんは好きな芸人とかいるの?」

梓「…ラーメンズ」


――――

澪「あ、ムギからメール…。律、梓が戻ってきてくれたって!」

律「そっか、梓が帰ってきたなら澪のキリンスマッシュはお預けかな」

澪「しつこいぞ律!…それに、梓はラーメンズが好きなんだって!ワクワク」

律「ラーメンズ?」

澪「え、律はラーメンズ知らないのか?」

律「聞いたこともないや」

澪「なあ、部活終わったらウチこいよ!ようつべでもニコニコでも見れるからさぁ、一緒に見よう!!面白いネタがたくさんあるんだよっ!」

律「え、私はいいよ。そもそもようつべって何だ?ニコニコとか…なんか澪、変だぞ?」

澪「えっ」


――――

唯「あずにゃーーーん!!帰ってきてくれたんだね!!」

梓「もう、唯先輩抱きつくのいい加減やめてください」

唯「良かったよう、もう会えないかと思ったよー」

梓「大袈裟ですよ、みんな帰ってきたら練習しましょうね?」

紬「ねえ唯ちゃん、梓ちゃんはラーメンズが好きなんですって」

唯「ラーメンズ?」

梓「知らないんですか?チバ、シガ、サガですよ」

唯「わかったあずにゃん、クイズだね!」

梓「違います」

紬「唯ちゃん、梓ちゃんは芸人の採点に納得がいかなかったんだって」

唯「た、たしかにダウンタウンに振られてもみんなスベってたもんね!」

梓「そういうことじゃないです。まぁ、確かにみんな酷かったですけど…」


澪「ただいま、梓。ほら律」

律「ああ、ごめんな梓。ちゃんと練習はするよ。そんなことより澪ったら一人で」

澪「こら律!余計なことは言わなくていいから!梓、私達が悪かったから機嫌なおしてくれな」

梓「もういいですよ。ムギ先輩がお茶準備しちゃったし、そしたらちゃんと練習しましょう」

唯「…あ、澪ちゃん澪ちゃん!」

澪「どうした唯?」

唯「ハゲた爆弾岩!」

澪「えっ」

梓「プッ!クククク…!」

澪「」シクシクシクシク

梓「ゆ、唯先輩!なんてこと言うんですか!プフッ!」

澪「」シクシクシクシク

唯「ご、ごめんね澪ちゃん!りっちゃんに言うべきだったね!」

律「私はカチューシャしてるだけだろ!…プスッフフフフ」

澪「」シクシクシクシク

梓「やめてくださいよもう!」プルプル

紬「そうよ唯ちゃん!今のはあんまりだわ!」

澪「」シクシクシクシク

律「と、とにかく練習はじめようぜ」

紬「そうね、ほら澪ちゃん。梓ちゃんも帰ってきたし、元気出して」

澪「ムギ…うん」グスッ

唯「ねえねえあずにゃん、さっきのチバ、シガ、サガってなあに?」

梓「ラーメンズのネタですよ。都道府県とか地名を面白おかしくもじってるんです」

紬「そうそう、語呂のいい言葉とかね」

律「へぇー、私も知らなかったよ」

梓「で、だいたい最後に電車のマネして言うんですよ。『えー、次はー』」

澪「し、シンバシっ!!」…///

一同「えっ」





おしまい