唯「……」

唯「ん……」

澪「部室でも寝るかお前は……」

唯「えっ……あれっ……」

律「さぁて、片づけをしないとな~、めんどくせ~」

唯「えっ……夢?」

唯「今……何周目……?」

律「なに言ってんだよ、ライヴ終わった後、お前死んだように眠りだしたんだろ?」

澪「色々、疲れたな」

唯「あ……そう……」

唯「……」

唯(なんか夢みてるみたいだった……私達、ちゃんとライヴ終わったんだね……)

唯「本当に終わっちゃった……」

澪「何度目だろうな、その台詞聞くの」

紬「泣いちゃったね……」

律「お前ら、ずるいんだよ~。あんな泣かれたらもらい泣きしちゃうだろ~」

唯「……」

唯「今……1周目……だよね……」

律「は?なにそれ」

唯「今のこの状況だよっ、一度きりだよね……?これが初めてだよね……?」

澪「寝ぼけてんな、こいつ」

唯「……」

唯(なんかすごい既視感……)

唯(前にもこんな事、あったような……)

律「寝ぼけたこと言ってないで、手伝えよ~」

唯「う、うん……」

唯「……」

律「このケロケロ持って帰れよっ、ほらっ」

唯「あ、私の……」

律「……ぉ、懐かしいもんでてきたなぁ」

唯「唯が入部するっていった時の写真じゃないか」

梓「えっ、見せてくださいっ」

律「ほらっ、こいつ緊張してるだろ?」

澪「はは、強張ってるな」

唯「……」

唯(さわちゃんが来る……そしてさわちゃんが来るんだ)

さわ子「どう~?ある程度片づけた?」

律「あ、は~い」

唯「……」

さわ子「記念写真撮ろうっ!って思ったわけ」

律「いま、取り込み中ですよ~」

さわ子「なによう!せっかく顧問の先生が直々に来たっていうのにっ!」

澪「ま、いいじゃないか。撮ろうよ、記念写真」

紬「そうね、撮りましょう!」

唯(……それでみんなここから出て行って)

律「ったく、小学生か」

さわ子「もう何とでも言いなさいっ!さっ、いくわよっ、場所は決めてあるのっ!」

律「はいはい……」

紬「行きましょう行きましょう~♪」

唯「……」

澪「先に行ってるぞ……唯」

唯「……」

律「待ってるからなっ」

バタン!



唯「……」

唯「私、一人になる……そうだ……そう……」

唯(それで私、すごく寂しい気持ちになって……みんなと離れるのがいやになって)

唯「……」

唯「ホワイトボードを見たんだよ……そしたら……」

唯「……」

唯「……」



”にゅーげーむ?”



唯「……」

唯「……思いだした……ここから私の二週目が始まったんだ……」

唯(泣きながらこのにゅーげーむの文字に触れて、離れたくないって思いながらこのにゅーげーむに触れたんだっけ……)

唯「……」

唯「夢じゃなかったんだ……本当に私、二週目に行ったんだ……」

唯「……」

唯「これ触れたら……3周目に行けるのかな……」

唯「……これに触れたら……また最初から、みんなと……」

唯「……」

唯(私……もっとみんなと一緒にいたいよ……あずにゃんといっしょにいたいよ)

唯「……」

唯「……」

唯「ニューゲーム……」

唯「……っ」

唯「これに触れ続ければずっと高校生……私の望んだ人生がずっと……」


”高校生だけが人生でいいから、みんなと別れたくないよ”


唯「……」

唯「……」

唯「……」

唯「……」

唯「へへ……」

唯「私って馬鹿だなぁ~、ほんと馬鹿だね」

唯「もう懲りたはずだよっ?馬鹿にも程があるね~」

唯「待っている友達がいるのに……私の事を」


”先に行ってるぞ……唯”

”待ってるからな”


唯「……っ……馬鹿だよっ……大馬鹿だよ……」




ガチャ

唯「……?」

唯「み……みんな……」

澪「なにやってるんだ?まだ泣いてるし、はは」

律「さわちゃん怒ってるぞ~?はやくこないと~」

唯「うう……う゛ん……いくよ……」

唯「へへ……」

唯「もうニューゲームはしないよっ!私はこれでクリアっ!」

澪「は?」

律「……?

紬「……?」

唯「私が何周目してるかわかんない……これがもしかしたら200週目だったかもしれない……何回もコンテニューして同じことをずーっと繰り返していたのかもしれない」

唯「私馬鹿だから今やっと気づいたよ……やっぱりこのけいおん部が好き!!」

梓「……」

律「ふっ」

唯「うん」

澪「わかったから行くぞっ、唯」

唯「うんっ!」




さわ子「遅い!!!」

唯「す、すいません……」

さわ子「化粧が崩れちゃうじゃない!ほらっ、はやく並んで!」

律「はいはい、わかったって」

澪「おい律っ、お前が前だぞっ?」

律「私、背が高いからこれでいいんだよっ」

澪「聞いたか?みんな、こいつ……ぷっ」

唯「あははははっ、背が高いだって~」

律「なっ……おまえらなぁ!」

紬「りっちゃんより澪ちゃんの方が高いわね、あははっ」

梓「苦しいですよ先輩~」

律「き、きいいいいうるさいうるさいうるせ~、もう怒ったかんな!ヤクルト6本がぶ飲みしてやる」

澪「あはははっ、勝手にしてろ~」

律「ちくしょおおおッ、ぜ、絶交よっ、ひどいわっ!私乙女なのにっ!」

唯(やっぱりいいね……けいおん部は)



さわ子「あ゛~もう!はいチーズッ!」

律「ちょっとまt」

澪「あはははは、りっちゃん変な顔~!」

紬「いい写真が撮れたわね~」

唯(ここが私の居場所……)

梓「あははっ、もう一回お願いします~先生」

律「うるせーっ、もう知らないっ!う゛ぇぇぇぇん」

唯(私の大好きなけいおん部はもうなくなっちゃうけど……それでいいの。私達は卒業したんだ、みんなで。卒業できたんだ)

唯(あずにゃんもおいで、待ってるよ。来年みんなでまたけいおん部やろうよ)

梓「私、先輩方を追っかけます!来年またけいおん部やりましょう!」

律「言わなくてもそうさせるわい!」

澪「約束しような、また来年もけいおん部だ」

紬「じゃあ私、ティーカップ強化してくるわねっ」

律「あははは、なんだよ、強化って」

さわ子「いい!今、すごいいいから撮るわっ!はいチーズっ!」


パシャッ



――――後悔?そんなのしないよ?もう約束できたもん、またけいおん部をやるって

――――もう振り返るのはやめるよ、私は今を生きたい



唯「さわちゃんもはいってはいって!!」

さわ子「ああっ、け、化粧を……」



――――今の私達に敵う青春はないと思う、何周しても敵わないよ

――――やっと、戻ってこれた気がする



唯「はいチーズっ!!」



――――けいおん部に

――――此処が、私の居場所なんだ これからもずっと ずっと



唯「えへへ、もいっかいもいっかい!!」

唯「こんどはどんな私達を撮ろっか!」

律「お前が入ってこないと話になんねーよ!ほらっ、こい!」

唯「おっとっと……ぴ、ピース!」




パシャッ






                                  おしまい