「今日を以って卒業を迎える、お馴染のあのバンド放課後ティータイムです」


パチパチパチパチ

ヒューヒュー


唯「……最高のライヴにしようね」

澪「よしっ」

律「全身全霊を注ぎこんでやるよっ」

紬「うんっ!」

梓「……」

唯「あずにゃん、泣いちゃだめだよ?終わってからなら泣いていいから」

梓「な、泣きませんよっ……誰が……」

唯「放課後ティータイム、いくよ?」

唯「……」


キャーーーユイーーーー!!! ムギュウウウウウウ!!!!! アズサガンバッテー!
ミオチャンミオチャン!!!
リツナクナヨー!!!


唯「う、ううんっ!ごほんっ!」

律「……いくぞ?」

唯「うんっ!」

澪「よしっ!」

紬「うん……!」


ジャガジャ、ジャガジャガシジャンンジャジャガジャンンジャガジャン!!!!!


キャーーーーー!!!! キタアアアアアアア!!!!!!
ガンバレーーー!!!


唯「ふわふわ時間っ!!」


~♪~♪~♪






パチ!!パチ!!パチ!!パチ!!パチ!!パチ!!パチ!!パチ!!


唯「ベース、秋山澪っ!!!」


ドウルルル、ドュルル、ドュルッドュッ、ドゥ~♪


キヤーーーーーーーミオーーーーーー!!!! カッコイイイーーーー!!!!


澪「ギター、平沢唯っ!!!」


ユイーーーーー!!! カッコイイヨォォォォォ!!!!! ウンタン!!!


澪「あ~あ、神様~っお願~いっ、一度~だ~け~のっ!!」

唯「ドリいームータイムっ、くだ~さい!!」

澪「もしすぐにっ、話せ~れば、その後~はっ!!ど~に~か、な~る~よ~ねっ!」

「「「ふわっ、ふわっ、タイム!!!!!!」」」


~♪~♪~♪



澪「ありがとうございましたっ」


ヤバイーーカッコイイヨー!! パチパチパチ!!!


唯「ありがとうございました~!」

澪「ふうっ……」

唯「MCいれる……?」

澪「いやっ……このままいこう」

唯「……いく?」

澪「最後のライヴだから、思いっきり歌わせて……」

唯「……」

澪「あとは唯に任せるからっ……!」

唯「わかった、じゃあ続けていくよっ!りっちゃん!」

律「おうっ!」


カッ!!カッ!!カッ!!


~♪~♪~♪





さわ子「もうやってるのね……」

さわ子「どれどれ……」


キャーーーーーカッコイイイイイイ!!!! ティータイムーーーー!!!!!


「NO,thanksyou!!!」



さわ子「……」

さわ子「……」

さわ子(こんなに成長するだなんて思いもしなかったわ……)



澪「みんなっ、ありがとおおっ!!!」


パチパチパチパチパチ!!!!!!!!


澪「はあっ……はあっ……」

澪「唯っ……」

唯「任せて……澪ちゃん」


唯「どうもっ、放課後ティータイムですっ!!」


ワアアアアアアーー!!!!パチパチパチ!!!!


唯「とうとう卒業ですね……・私、今日が来るまで全然意識してなかったんですよ~」

唯「今、こうやって立って見ると、本当に卒業なんだなって……寂しくなります」

紬「……」

唯「これから私達、バンドを続けるか悩んだんです……何日もかけて」

梓「……」

唯「その結果……放課後ティータイムはこのライヴを以って解散することになりましたっ」

梓「えっ……唯せn」

唯「だからみんなで演奏するのはこれで最後です、5人みんなと楽しくバンド活動できる最後のライヴなんです」

梓「……」

梓(違う……続けるって言ったじゃないですか……どうして)

唯「あんまりしゃべってると前みたいにグダグダになりそうなんでっ、次の曲にいきます!」

唯「私が作詞……だけをやりましたっ!」


サクシダケカヨー ナンダヨソレー アハハ


唯「じゃあ、聞いてください!kirakira☆daysっ!」


~♪~♪~♪


キャーーーーーーー!!! ガンバッテーー!!!!




唯「このままでいいよ~っ、このまま~がいいよ~っ!」

紬澪律梓「うううう~♪」


~♪~♪~♪

~♪~♪~♪


唯「イエイっ!!」


ジャガジャガジャガジャガ~♪


唯「大きな声で~伝えあってゆこ~お~っ、幸せっ!!」


ジャーーン♪


パチパチパチパチ!!!!!!


唯「ありがとうございました~っ!」

律「ふぅ」


パチパチパチパチ!!!!! ヨカッタヨーーー!!!
パチパチパチパチパチパチ!!!!!


唯「じゃあ……みんな……」

律「私、多分笑いものにされるな」

紬「とうとうこの時が……どきどき」

梓「……」

梓「……」

唯「もう次で最後の曲になりますっ」


エエエエエエーーッ!!! ヤダーーーーーッ!!


唯「私達で作った……桜ケ丘高校校歌のアレンジバージョンですっ」

梓(卒業しても、会えるからって思ってたけど……)

唯「みんなで歌の練習をして~、あっ、その前にりっちゃん歌うように説得したんですよ~」

梓(もう……本当に最後……)


アハハハハハ、リツカオマッカーーー


律「ううう、うるさいっ!」

梓「……」

梓「……」

澪「もう、これが最後の曲か」

紬「さいご……さいご……」

律「む、ムギッ!だめだっ!約束しただろ?」

紬「うう……だって……だって……」

唯「私だって……わ、たしだって我慢して、るんだからねっ?ムギちゃん、頑張ってよ」

紬「ぅ……ぅん……」

梓「……」

梓「っ……嫌です……よっ」

唯「あ、あずにゃん……」

梓「どうして……嘘ついたんですか……っ?」

唯「……」

梓「私……私っ……もっと先輩方と……演奏できるって……思ったのぃぃ……」

律「へ、へへっ、あ、あっ……梓の奴ないてや、んのっ……」

澪「……っ……」

唯「だ、ダメだよ……笑顔だ……よっ……?え、がおで……」

紬「ううっ……私も……もっと……みんなと……演奏したい……」

律「はははっ、む……む、ムギもっ、リタイヤ~、やっぱり無理だったじゃん、へへ……」

澪「……っ……ぅぅ……っ……」

唯「み……みんな、ずるぃ……よぉ……」

律「……ゆぃもっ……泣いて……やんのっ……っ」

唯「ううっ……」

紬「……っ……」


信代「な~に泣いてるんだよっ!!しっかりしろっ~!」

律「泣いてないわっ……!ぐ…ぅ…」

姫子「ゆい~、頑張れ~!!」

ガンバッテー!!!!ミンナーーーー!!!
ナクナーーーーー!!!!! ガンバレガンバレ!!!!


唯「……っ」

唯「私達……ダメだね……へへ」

唯「ごめんね、あずにゃん……」

梓「……っ……先輩の……嘘つき……」

唯「みんなで……一緒に活動できないと嫌だったんだっ……」

唯「あずにゃん抜きで放課後ティータイムは成り立たないよ……?」

梓「……」

律「い、いいからちゃっちゃと終わらせるぞっ……!ほらっ、歌だ歌っ」

唯「へへへっ……りっちゃん泣いてるじゃ~ん……うっ」

律「……っ」

唯「えっ……と……っ……放課後ティータイムはもう終わりです……けど……」

唯「これからも……音楽、がんばりますっ……」

唯「私は、このけいおん部が大好きですっ!!!もう他に変わりはいないくらい……大好きですっ!!!」


イイゾーーソノチョウシーー!!! ワタシモスキダーーーーー!!!!ダイスキダーーーー!!!!


唯「じゃあ最後に!!みんなで歌って終わりにしましょう!!」


ジャガジャーン!! ジャーン!!


唯「せーのっ!!」

唯「桜高けいおん部は永遠に不滅ですっ」

澪「……は?」

律「え?」

紬「え?」

唯「あ……れ……ごめん……悪ノリです……」

律「ぷっ、もういいから歌始めろ~」

澪「ははっ、最後にすべったな」

唯「じゃあみんな立って~!!みんなでこのライヴを終わらせようっ!!」


ウタッテイイノ!!? ウタオウ、ウタオウ!!


唯「わんつすりー!!」


~♪~♪~♪



15