律「何回言わせるんだよお前は~!」

唯「……」

唯「りっちゃん……?ここは……」

律「お前んちだよっ!みんなで歌詞作りしてたんだろっ!?覚えてないのかっ!?」

唯「……」

唯「私、二週目、二週目で!クリアできなくてっ!!」

澪「はは、こいつ寝ぼけてんな」

唯「寝ぼけてない!寝ぼけてないってば!……寝ぼけて……ないよ……っぐすん」

紬「あらあら……」

唯「……みんなぁ」

律「ははっ、なんだよ、どうした唯?」

律「怖い夢でも見たのか?」

唯「……ぐうえええええええん!!!」

梓「えっ!?なんですか、どうしたんですか!?」


唯(そうだ……卒業ライヴで歌う歌を作ってて……)

唯(徹夜でやってたら寝ちゃって……)

唯(変な夢……見ちゃったのかな……)

唯(でも……夢……?)


澪「はは、だって唯が書いてる歌詞、あからさまに離れたくないって言ってるもんなっ」

律「そんなこと思ってるから変な夢みるんだよっ、なになに?高校生活二週目をプレイした夢だって?あっはっは、腹いてぇ~」

梓「先輩……」

紬「どうだったの?唯ちゃん?その二週目は」

唯「……ぐすん」

唯「みんな……みんなバラバラになっちゃって……あずにゃんが……他の高校受験して……それでっ、ううっ」

梓「先輩……」

律「はは、もういいよっ、わかったからっ、泣くなって」

唯「sりゃなくようgええええええん」

律「へへ……っ……馬鹿だなっ……唯は」

澪「……唯」



唯「いいの?全部私が書いても」

梓「リアルな夢をみた、唯先輩だから任せてるんですよ」

紬「私達より一番、想いのこもった歌が出来上がると思うの」

律「そうだぞ、唯~お前寝てたんだからその分働けっ」

澪「お前もだろっ」

唯「本当にいいの?私だけが……」

律「唯のくせに遠慮とかやめろ」

澪「むしろ書いてほしいな、いつも私が書いてたから……」

唯「……」

唯「そっか……じゃあ……任せてっ!私が歌詞全部つくるね!」

律「おう頑張れ頑張れ、その間憂ちゃん捕まえてゲームしてるから、ね!」

憂「えっ、あっ、はい、お姉ちゃんファイトっ!」

唯「……」

唯(書きたいことがありすぎて……)

唯(1曲で収まるかどうかわかんないや……)

梓「私はギブアップです……寝ますね……」

唯「……」

澪「私も寝よう……私と梓は寝てないからな……」

唯「……」

紬「あっ、りっちゃんずるい!私がファ○コン使うっ!」

律「速いもん勝ちだいっ!」

憂「私、プリンが使いやすくて~」

律「プリンとか誰得キャラクターだろ~」

憂「そんなことないですよ~」

唯「……」


唯(本当に……本当に帰ってこれたんだ……)

唯(みんなのいる場所に……私、卒業できるんだ……)

唯(……)

唯(もし……初めっからみんなと出会ってなくて……音楽なんかやってなくて……)

唯(3年間過ごしたら……どんな毎日になってたのかな……)

唯(あの日……私とみんなが出会っていなかったらどんな今日になってたのかな……)

唯(……きっと、毎日お昼ねしたり……勉強もしないで、グダグダしてたんだろうなぁ)


律「ああっ、プリンつえぇっ!プリンまじ勘弁!もう憂ちゃん使わないで!」

憂「吹き飛ばしやすいですから嫌で~す」

律「くそぉっ……さわやかに吹き飛ばすとか言いやがって~」

紬「ぱ~んち」

律「あっ!タンマしてただろっ!?タンマ中だったから無効無効~!だめだぞムギ、一回死ねよぉ、対等になれよぉ」

紬「嫌で~す」

律「くんにゃろぉおおお!!!かかってこいっ!」


唯「……」

唯「……」


澪「んん~っ、ママ……」

梓「すーっ……すーっ……」


唯「……」

唯「みんな……っ……」


律「かんべんしてくだしあ~ぁ~あ」

紬「りっちゃんもっと強いと思ってたわ~」

憂「なにかもってきましょうか?温かいものでも?」

律「やけ酒じゃぁ!貢げ、貢げぇ!」

澪「ふにゃ……うるさい……ふふっ……」

梓「あ゛うっ!……先輩……顔に……手が……痛いぃぃ……」


唯「……」

唯「……」

唯「ありがとね……」

唯「……」

唯「ありがと……」




~♪~♪~♪


律「んなもんか」

澪「うん、上出来だ」

唯「これすごいね!私達もうプロなんじゃない!?」

梓「プロだったらここにいませんよ」

紬「ふふ、そうね」

唯「いやっ、これはスカウトくるんじゃないっ?そして卒業ライヴでスカウトされてメジャーデビュー!!」

唯「武道館も夢じゃないねっ!」

澪「はははっ、だったらいいけどな」

紬「ねえねえ、本当に来たらどうする?」

律「お引き取り願うな」

唯「え~っ、なんでなんで~?」

唯「梓はどうなるんだよっ、馬鹿ちん」

梓「私、中退しないといけないですね……」

唯「あっ、そっか~、残念だね~」

さわ子「早いわね~ほんと3年間って」

律「さわちゃんは3年間ずっとここに通い続けたから大したもんだよ」

さわ子「だってお菓子あるんだもん」

澪「先生」

さわ子「ん?な~に?」

澪「えっと……お、お世話になりました……これ……」

さわ子「えっ?えっ?なに?」

唯「みんなからのプレゼントで~す」

紬「一生懸命選びました~」

さわ子「だ、騙されないんだからっ!どうせあんたたちの事でしょ?びっくり箱とかそんな悪戯じみたもんでしょ?」

律「じゃあ開けてみればいいじゃないですか~」

さわ子「むう……」

さわ子「いいわ、上等よ、私のビビり耐性舐めたら痛い目に合わせて……」

さわ子「あらっ……」

唯「へへへ、かかったな」

さわ子「……これ……あなたたちが作ったの?」

唯「放課後ティータイムの名付け親はさわちゃんだよっ?」

律「特別に私達のベストアルバムと、放課後ティータイムのバッチを進呈しようとしたのになぁ~」

澪「びっくり箱って……古っ……ぷっ」

さわ子「あ、ああんた達ねえ」

紬「私達は卒業しますけど、そのアルバムとバッチを持ってれば寂しくないですね」

さわ子「……なっ」

さわ子「べ、別に寂しくなんか……」

唯「さわちゃん」

さわ子「……」

律「……」

さわ子「……」

唯「3年間、お世話になりました」

さわ子「……」

澪「これくらいしかできませんけど……私達が卒業してもそれを持っていてください」

さわ子「……」

律「放課後ティータイムを語り継いでいくのはさわちゃんですよ~?」

紬「梓ちゃんの事、よろしくお願いします」

梓「よろしくお願いします……これからも」

さわ子「……」

梓「けいおん部の顧問でいてください」

さわ子「……っ……」

唯「えっ!?泣いてるさわちゃん!?えっ、えっ!」

律「泣いてやんの~、しっかりしろ~」

さわ子「な……ない、な、ないて……ない……わよ」

唯「強がらなくていいですよ~」

さわ子「……んもうっ!っさいわねえ!わ、私、仕事あるからもういくっ!」

唯(大成功~♪)



12