憂「お姉ちゃん、どこ行ってきたの?なんで携帯でないの?」

唯「お腹減ったから……ハンバーガー食べてきた……」

憂「い、言ってくれればなにか作ったのに!」

唯「ハンバーガーが食べたかったんだもん、いいじゃん」

憂「う……」

唯「もう私、寝るよ」

憂「……」

唯「学校はずっと行かないから」

憂「……」

憂(お姉ちゃん……)

唯「あ、このギー太売っていいから」

憂「……」

唯「もう……あれだから……うん」

唯「だからもういいよ……」

憂「……」




澪「違うだろ?ここはこう!」

律「お前詳しいな~、ドラムもわかるのか」

紬「りっちゃん頑張って!」

澪「そんな呑気な事言ってないで、しっかり8ビート叩けるようになるぞ!今日中に!」

律「だ~か~ら~、合ってるだろ?ほら、メトロノームをしっかり見てっ、チッチッチッ……わんつーわんつー、ほら合ってるだろ!?」

澪「なんで裏拍刻んでるんだよっ、逆に難しいことだぞそれ」

律「だろっ?それは私の能力が長けているからだっ!」

澪「いいから真面目にやれ!」

律「あだっ!!いてえ!いてえ!」

紬「あはっ、りっちゃんタンコブすごーい」

さわ子「……」

さわ子(唯ちゃんは来なくなっちゃったけど、みんな頑張ってるわね……)

さわこ(その調子よっ、ライヴまで時間ないんだからっ)




唯「……」

唯「澪ちゃんから……メール……」

唯「……」

唯「ライヴ……やるんだ……すごいね」

唯「そっかぁ、私もう二年生なんだ……」

唯「……」

唯「……」


”けいおんって軽い音楽だって思ってたんですよ~”


唯「……」

唯「あはっ、恥ずかしいよ」

唯「私のグダグダトーク、結構うけてたなぁ」

唯「でもみんななら私が居なくても大丈夫だよ」

唯「……」

唯「……」




澪「唯の妹、合格したらしいぞ」

律「そりゃよかったな、肝心の姉があんなんだけど」

紬「でも唯ちゃん、もうわかってるはずだわ」

澪「どうだろうな……」

澪「まあ、唯次第だよ」

律「全く迷惑ばかりかけやがってあいつ~」

澪「ははは」

律「私達ができることはもうこれしかないからな」

律「あとは来るか、来ないか、本当に唯次第だよ」

澪「うん」

紬「来るまで待つわ、唯ちゃんは大事な大事な軽音部員だもん」




憂「お姉ちゃん、どうするのっ?」

唯「いかないよ」

憂「そう……本当に?」

唯「うん、もう関係ないもん」

憂「……」

憂「受験の貼りだしの時ね、律さんに会ったんだ」

唯「……」

憂「唯は大馬鹿野郎って言ってたよ?」

唯「はは、りっちゃんらしいや……」

憂「唯は大馬鹿だって、何回も言ってた」

唯「……」

憂「青春を無駄に過ごすなだって」

唯「……」

憂「同じ青春は二度と訪れないから、だからそんな青春を今、楽しんでおけって。私もそう思うよ?」

唯「……」

唯「……」

唯(私……2週目なんだよね……)

唯(そういえばまだ一周目もリタイヤしたままだ……)

唯(私、投げ出して……逃げてきたんだ……)

唯(現実逃避……みんなと別れたくないから……もう一度みんなと楽しくやっていきたいから……)

唯(自分勝手に……自分だけ逃げてきたんだね……)

唯(あれ?じゃあ一周目のみんなはどうなるの……二週目のみんなは誰……?本物……?)

唯(偽物……?もう意味がわからない……)

唯(もし偽物だったら……って私なに考えてるんだろう……)

唯(そもそも二週目って……なに?あり得るの?そんな事……)

唯「……」

唯「あり得ないよ……二週目だなんて」

唯「……」

唯「……私はみんなと別れるのが怖いんだ……」

唯「3年間頑張ってきたの゛に……卒業の、為、に……頑張ってきたのに……」

唯「……」

唯(みんな……)

唯「……」

唯(私……私……)

唯「……」

唯「……」

唯「澪ちゃん……りっちゃん……ムギちゃん……あずにゃん……」

唯「……」

唯「ごめんね……う゛っさ、最後なのに゛……私が……逃げて゛……ごめん゛……」

唯「戻りたいよ……みんなの所に……戻りたい……戻りたいよっ!!!!」

唯「う゛ぐっうぅううえええええええええええん!!!!やだやだやだ戻りたいい゛いいい!!!!」

唯「う゛う゛ううううえええええええええん!!!!!」




◇朝◇

憂「お姉ちゃん~、本当に行かなくていいの?」

憂「おねえちゃ……あれ、お姉ちゃん?」

憂「どこいっちゃったんだろう……」

憂「お姉ちゃ~ん」

憂「あれぇ……もう行っちゃったのかな……」

憂「ギー太と添い寝しちゃって……ちゃんと立てかけてないと錆ついちゃうよ」

憂「……」

憂「なにこれ……温泉マーク?落書きされてる……」

憂「……」

憂「違う……ティーカップ?」

憂「なんでティーカップなんだろう……」




唯「はあっ、はあっ、はあっ」

唯「はあっ、はあっ、はあっ」

唯「みんな……はあっ……みんな……っ……」

唯(私は諦めない……まだ終わりじゃないよっ!)

唯「はあっ、はあっ、はあっ」


”けいおん部が……恋人みたいなものだから……”


唯「はあっ……はあっ……待ってて、澪ちゃんっ!」


”唯ッ、泳ぐぞっ!”


唯「はあっ、りっちゃんっ、はあっ、んっ」


”これ、沢庵なの~”


唯「ムギっ……ちゃんっ!はあっ、はあっっ、はあ!」


”私、先輩方と演奏したいですっ!”


唯「あずにゃんっ……!っ……待っててっ!!」



10