唯「……」

律「言っとくけどなあ、二回目なんだぞ?」

唯「うん……」

澪「元気ないな、どうした?」

唯「ううん……元気あるよ」

紬「本当に?」

唯「うん……」

律「……」

澪「……」

唯「ちょっと疲れちゃった……私帰る……」

律「は?ちょ……」

紬「ゆ、唯ちゃん?」

澪「……」

律「どうした……なにがあった……」




唯「……」

唯「ただいま……うい……」

唯「……」

唯「あずにゃんと出かけたの?」

唯「……」

唯「そっか……」

唯「……」

唯「……」

唯「もうやだ……疲れた……」

唯「はあ……もうダメだね、私」

唯「なんにも……っ……守れないや……」

唯(もうダメ……私の負け……)

唯「もうけいおんなんかどうでもいいや~……一人でいいや」

唯「そうだよ、このまま続けても未練残るだけだし、もうどうにでもなれ~」

唯「もう疲れたの」

唯「考えたくもないよ……けいおん部なんて……」

唯「澪ちゃん、りっちゃん、ムギちゃんごめんね~、一抜けするね」

唯「もう勝手に頑張って、ライヴの時くらいは見に来るから……」

唯「……」

唯「……」

唯「……」

唯「私はもう……戻る資格ないよ……うっ」

唯「うぅっ……ぐっ……う゛ぅう゛ぅぇぇぇぇぇぇ」

唯「じゅぐっ……うえ゛ぇぅぅぅええええ……」



律「……」

澪「着信拒否……?」

紬「えっ……えっ?」

律「なーんかおかしいよなぁ……私達なんかしたっけな……」

澪「やっぱり唯の家に泊まらなかったから怒って……」

律「そんなに器小さい奴じゃないよ、あいつは」

紬「そうよ、ふつうなら笑顔で流してくれるわ」

澪「……」

澪「……」

澪「……」

澪「なんなんだよ、もう……」

律「……」

紬「……」

澪「これから頑張るんだろ?私達。唯の家に行こう。私は納得できない」



憂「お姉ちゃん?風邪ひいちゃうよ?」

唯「いいよ、別に」

憂「……」

憂「あっ、梓ちゃんがね」

唯「えっ……」

唯「なになにっ!?どうしたのっ!?」

憂「うっ、い、いや、なんかありがとうございましたって言っててって……やっぱり何かあるの?」

唯「……」

唯「別に……」

憂「お姉ちゃん……」

憂(どうしたの……?)

ピンポーン

憂「あっ、はいっ」



唯「……」

憂「はいはいっ」

憂「あら……えっと」

澪「あっ、唯と一緒のけいおん部の……秋山澪っていうんだけど」

憂「あ、はい、ちょっと待ってください。よかったらそこに腰をおろしてもらっても構いませんので」

澪「いや、大丈夫です……」

憂「……お姉ちゃん、なんかお友達来たよ?」

唯「……」

憂「お姉ちゃん?」

唯「帰って、って言って」

憂「えっ?」

唯「私はなにも用ないんだもん……帰ってっていって」

憂「……」

憂「でも……」

唯「帰ってっていってっ」

憂「……」

澪「……」

律「……」

紬「なんで……」

憂「あの……お姉ちゃん、具合悪いみたいで……また今度来てって言ってますけど……」

澪「……」

澪「わかりました……帰るぞ」

律「お、おいっ……」

紬「……」

澪「……」

律「……」

律「は、はは、ごめんなんかお邪魔したみたいで。ムギ、行くぞ」

紬「……」



唯「……」

憂「どうしたの?言ってよお姉ちゃん……」

唯「絶交したの、もう」

憂「絶交って……どうして!?あんなに楽しそうだったのに!」

唯「……」

憂「……」

唯「……もう憂は心配しなくていいから」

憂「そんな……!私はお姉ちゃんの妹だよっ!?なんでも話してくれなきゃヤダっ!」

唯「……」

唯「憂……」

唯「ありがとう」

憂「……」

唯「大丈夫だよ、憂だけは変わらないでいてくれるって信じてる……」

憂「……」

唯「私はもう……それでいいよ、憂さえいてくれば」




律「……」

紬「……」

澪「……」

律「ははっ、唯はもう来ないかぁ」

澪「みたいだな……」

紬「……」

律「ムギには悪いけど、このケーキまずいよ」

紬「私も……すっごく紅茶苦いわ」

澪「砂食ってるみたいだ……」

律「はぁ……学校には来てるよな?勿論」

澪「来てない」

律「は?」

澪「ここ一週間、不登校だ」

律「……」




憂「お姉ちゃん、バイト先から電話……」

唯「……」

憂「ちゃんと来てもらわないと困るって……どうする?」

唯「眠い……」

憂「……」

唯「眠いからいきませんって憂が言って」

憂「……」

憂「あ、あの……ええと……」

憂「姉がい、インフルエンザにかかりまして、はい、新型の、はい」

唯「……」

唯「……はぁ」

唯(ずっとお昼寝の生活も悪くないよ……うん……)



9