憂「はい、そばっ。とうとう年を越しちゃうね」

唯「だね~」

憂「あっと言う間だったなぁ……本当にあっと言う間」

唯「ほんとだよ、時間なんていらないのにね」

憂「あっ話変わるけどね、塾の私の友達がね、桜ヶ丘にいかないって言ったの、なんか寂しかったなぁ」

唯「そうなんだ~、でもういさえ受かってくれればいいよ」

憂「けいおんがどうのこうの言ってたけど、吹奏楽で有名な高校に行くって」

唯「音楽熱心だね~、いいことだよ」

憂「だねっ、だから私、応援したくなっちゃって」

唯「……」

唯「うい……ちょっと待って……」

憂「ん?なあに?」

唯「その子って今日、玄関に来てた子?」

憂「うん、そうだよ?」

唯「……」

唯「なんて子……?」

憂「夏くらいに塾で知り合ったの、中野梓ってちいっちゃくて可愛い子だよ~」

唯「……」

憂「お姉ちゃん達の演奏見たかったって言ってたけど、やっぱり実力が物を言うんだね、桜ヶ丘は受けないって」

唯「……」

憂「お姉ちゃん?どうしたの?」

唯「……」

唯「あ、あずにゃんが……来ない……そんな……」

唯「えっ……えっ……?」

憂「どうしたの?えっ?お姉ちゃん?」

唯「嘘だよッ!来るよッ!」

憂「え……っと……」

憂「知ってるの?知り合いだったとか?」

唯「そうだよ!?私と……あ、あっあずにゃんは友達で……けいおん部の後輩で……リードギターで……」

憂「お、落ち着いてっ、お話聞かせて……」

唯「……」

唯(ボロ出しちゃった……落ち着いて私……今ならまだ間にあうよ……)

憂「どんな友達なの?梓ちゃんお姉ちゃんの事、一度も話題にしてこなかったけど……」

唯「え、えへへ!間違っちゃった~っ、いや~勘違いしちゃったよぉ!梓ちゃんっていうの?じゃあ間違い!私の間違いだよ~!ごめんごめん!えへへっ!」

憂「あ、そ、そう?なら……いいけど……」

唯「うん……お恥ずかしい、へへ……」

憂「……」

唯「……」




◇お風呂◇

唯「……」

唯「……」

唯「……私のせいじゃないもん」

唯「私は頑張ってるもん……みんなと……一緒に……前みたいに一緒にお菓子食べて……ライヴできるようにがんばってるもん……」

唯「こんなのおかしいよ……いくらなんでも難しすぎるよ……文化祭でライヴしたら、あずにゃん来たの?おかしいよ……」

唯「じゃあ私のせい?みんなとの高校生活をいけない方向へ向かわせたのは私のせい……?おかしいよ……」

唯「……」

唯「あずにゃんを連れてくればいいんだから……誘えばあずにゃんだってすぐ来てくれるよ……」

唯「……」

唯「あずにゃんは他の高校に行かせない……そうだよっ、私が絶対いかせないっ」

唯「……」

唯「よしっ!」




澪「おまたせ~っ……てあれ?り、律……私服?」

律「あらあら気合入ってますわねえ、晴れてるわよ澪ちゃん」

澪「騙したなあぁあ!!律!」

律「私は着ていくかどうか聞いただけですわ、なにか文句でも?」

澪「んぎいいい、あ、頭だせっ!ほらっ!」

紬「ごめ~ん、遅くなっちゃっって~」

律「あっ、ムギっ!みてみて澪の奴~、こんな気合入れてるんだぜ~」

紬「あら、澪ちゃん!すご~い、かわいい~」

澪「あ~もう!!」

律「ところで唯は?遅いな」

紬「もうちょっとしたら来るわよ、唯ちゃんの事だし寝坊してるんだと思うけど」



律「あ、もしもし?平沢さんのお宅でしょうか」

憂「あっ、はい」

律「なんだよ唯か、はやくしろ~もうみんな集まってるぞ~、ていうか携帯出ろよ~」

憂「あ、私、平沢唯の妹の憂と申します」

律「あっ、ほんまですか、失礼しましたっ!」

澪「どうだった?」

律「びっくりした~、唯の妹が出てきてさ~、切っちゃった」

澪「それじゃ意味ないだろ!?はい、かけ直して!」

律「ええ~っ、緊張すんなぁ……」

唯「あ、はいもしもし~?」

律「あっ、まことに申し訳ございません、貴殿様が電話に出られて吃驚しまして切っちゃいまして、ええと、かけ直させてもらった次第であります田井中律ですが……」

澪「……」

唯「あっ、りっちゃん?ちょっと待ってて~」

律「え?唯?」

唯「うん」



律「唯がさ~、遅れるって。なんか初詣済ませててって~」

紬「ててって~、うふっ」

澪「どうしたんだろ……昨日帰ったこと怒ってるのかな……」

律「いつものほーげーとした調子だったし、それはないんじゃないかな」

澪「じゃあ、3人だな……」

紬「どうしたのかしら……」

律「な~に、考え込んじゃってるんだよっ!はやく済ませようぜ~」

律「で、唯を誘ってもっかい行けばいいことだろ?」

澪「ま、そうだな」

紬「そうね」




唯「あずにゃん……あずにゃんの家はここだね」

唯(出てくるまで待機して……)

唯「……」

唯「最初なに喋りかけたらいいんだろう……」

唯「う~ん……」

唯「けいおん部にっ、けいおん部で熱い青春を共にしましょう!!……う~ん」

唯「……」

唯「げへへ、お嬢ちゃん、おばさんと遊ばない?げへへ」

唯「……」

唯(決めてからくるべきだった……)

唯(どうしようどうしよう……!一応あずにゃんは初対面だし……)



あずママ「気をつけていってらっしゃい」

梓「は~い」


唯(きたっ!)


梓「~♪」


唯(どうしようどうしよう……)

唯(もうこうなったら強行突破あるのみ!) 

唯「な、中野梓ちゃん……?」

梓「え……はい?」

唯「私ね、平沢唯っていうんだけどっ、今から憂の所いくんだね?」

梓「えっ、お姉ちゃんですかっ?ど、どうも憂ちゃんとは仲良くさせてもらってます」

唯「その、ここで私と会ったこと……言わないでほしいの。秘密にしてくれる?」

梓「はいっ、大丈夫ですよ」

唯「そっか、よかった」

唯「……」

梓「えっと……あの……」

唯(あずにゃんだ……あずにゃん……)

梓「用件って……」

唯「うん、あのね……」

梓「はい……」

唯(久しぶりだね、元気にしてるみたいでなによりだよ)

唯「……」

梓「……」

唯「私、桜ヶ丘……けいおん部のボーカルをやっててね、文化祭にはでれなかったけどいっぱい練習して、これからいっぱいライヴとかするの」

唯(あずにゃん私がいなくて寂しくなかった?私は寂しかったよ?あずにゃんも私たちのけいおん部だもん)

梓「はい」

唯「……文化祭のライヴ、あずに……梓ちゃんに見せたかったなぁってすごい後悔して……」

梓「……」

唯(澪ちゃんも待ってるよ、りっちゃんもムギちゃんも待ってるから、おいでよ)

梓「私も……みたかったです……」

唯「うん、見せたかったよすごく。でも見せれなかったんだよね……」

唯(一緒に合宿行こうね、放課後ティータイムでライヴハウスに行ってはやく演奏したいよ、夏フェスにもいってさ)

梓「はい……いろいろな高校の文化祭をみて、私高校を決めたんです」

唯「うん、知ってるよ」

唯(でも……)

梓「それで、有名な高校なんですけど……音楽の検定が影響して、もう内定もらっちゃって、
  手続きも済ませたんです。 だから桜ヶ丘はやめることにしました……来月には他県に引っ越します」

唯「知ってるよ、憂から聞いた」

唯(もうダメなんだよね、みんなで演奏はできないんだよね)

唯「うん、私は梓ちゃんがそれでいいと思ったんならそれでいいと思う」

梓「ありがとうございます、わざわざすいません」

唯(私はやだよ……私は良くないよ……)

唯「うん……あ……あずっ、さちゃんも……頑張って……バ、バンドとか……私たちにまけな、いくらい……」

梓「えっ……」

唯「……っ」

梓「えっ、どうして……泣いてるんですか……?」

唯「ちょっと……先輩と重なっちゃっ、て……えへ……ううっ」

梓「……そうですか」

唯「っ……へへ……うんっ!負けちゃだめだよっ?私たちにっ!」

梓「……」

唯「私たちの放課後ティータイムより…っ…ずっと……ずっと楽じいバンド……っ……約束してっ……」

梓「……先輩……」

唯「ぐじゅ……ほ、ほらっ、ゆびきりっ!」

梓「……」

梓「指きり……」

唯「ゆびき~りげ~……っ……んまんっ」

梓「……」

唯「う~そついたら~はりせんっぼんの~ますっ!」

梓「……」

唯「ほらっ」

梓「……」

唯「ゆびきった!だよ?」

梓「……」

唯「ほらっ……ゆ、ゆびきった……って言゛ってよ……」

梓「……」

梓「ゆび……きった……」

梓「……」

唯「うんっ、約束だからっ!破ったら私が連れ戻しに行くからね!」

梓「……」

唯「じゃあ……」

梓「……」

唯「またね……」

梓「……」

梓「……」

梓「……」

梓「……」

梓「……」




6