◇数日後◇

紬「本当にごめんね……」

律「いいっていいって!気にすんな、ムギはなにも悪くないさ」

紬「私のせいよね、本当にごめんなさい……」

澪「私たちぜんぜん練習してないからかえってよかったのかもな、はは」

唯「そうだよムギちゃん!来年最高のライヴにすればいいよ!」

紬「ありがとう……みんな」

唯「うん!じゃあ来年にむけて練習をしようよ!」

律「焦るな焦るな」

澪「ライヴがやりたくてしょうがないんだな、唯は」

唯「当たり前だよ!!これからいっぱい思い出作ろうよ!」

唯(1週目よりなにもしてないんだもん、こんなの絶対やだ) 

唯「そうだっ、クリスマス会やろうよ!クリスマス会だよっ!」

澪「まだ11月だぞ?」

唯「うん、やろうやろう!企画するだけだよ、ね?」

紬「うん、クリスマス会賛成!私は賛成よ!」

唯「だよね!だよね、クリスマス会やろう~!」

律「テンション高いなあ……」

澪「これに反対する人はいないだろうな」

唯「じゃあ決定だね!クリスマス会決定!じゃあ次はなにする?」

澪「な、なんだよ次って」

唯「次すること決めようよ!あっ、バレンタインデーのチョコ作りしよう!後はなにしよっかな~」

紬「張り切ってるわね~唯ちゃん」




唯「みんなでね~、プレゼント買いに行くんだ~」

憂「みんなで行くの?プレゼント交換の意味なくなると思うんだけど……」

唯「楽しい思い出作るんだ~」

憂「そっかぁ、はいご飯」

唯「憂も行く~?行こうよ~」

憂「私は塾があるからいけないよ?」

唯「来ればいいのに……でも楽しみだよ~、あっ、ういパーティのご飯よろしくねっ」

憂「りょーかいっ」

憂(お姉ちゃんけいおん部の人が大好きなんだねっ、すごく幸せそうな顔してるもん)




唯「なに買おっかな……このうまい棒100本っていうのどうかなっ?」

律「唯のプレゼントだけは当たりませんように神様お願いします」

唯「なにそれひど~いりっちゃん!」

澪「私は……こ、これとか」

紬「ぴゅあ☆ぴゅあまくら?かわいい~」

律「澪のプレゼントだけはガチで当たらないよう神様おn…あだっ!いたい!」

澪「ば、馬鹿にするからだっ!この馬鹿律」

唯「りっちゃんはどんなのがいいの?」

律「いてて、ん?私?私は~ん~と、ん~と、これとか!」

唯「あはは、なにそれ!ゾンビセットだって~」

紬「需要ないわね~」

律「澪~、澪~、ちっ、逃げ足の速いやつめ」



唯「で、みんな結局なんにしたの?」

澪「バラしちゃったら意味なくなっちゃうだろ?」

律「ど~せ澪はシンデレラセットとか、かわいいクマさんとかそんなもんだろ?」

唯「クマさんは私だよ~」

律「言っちゃダメだって、話聞いちゃいねえ」

紬「今日は楽しかったわ~、こんな日もたまにはいいわね」

唯「毎日こんなふうに遊ぼうよ!みんなで!」

律「はは、そんなに暇人じゃないよ私だって」

唯「私はずっとみんなと一緒にいたいな~、3年間ずっと」

澪「まだ3年もあるんだし、簡単に離れたりはしないだろっ?」

唯「う、うん……そうだけど……」

唯(みんなともっと一緒にいたいんだよお)




唯「ただいま~、憂~うい~」

唯「今日はすっごく楽しかったよ~?ほらほら」

唯「うい~?ういは?あっ、塾か、いや~楽しかったぁ」

唯「さて、お風呂に入ろうかな……明日バイトだし、疲れちゃった」

唯「うん……」

唯「……」

唯「うい遅いな~、はやく帰って来てよ~、寂しいよ~」

唯「う~い~、う~……い~……」

唯「くう……むにゃ……」

唯「……」

唯「……」zzz




◇クリスマス会◇

唯「飾り付け大変だねっ、うんしょ」

憂「転ばないように気をつけてねっ!」

唯「うんっ……あっ!」

憂「お姉ちゃん!」

唯「いててて……手が……私の利き手がああ」

憂「大丈夫、お姉ちゃん?痛い?」

唯「大丈夫、大丈夫!これくらいへっちゃらだよ!」

憂「だったらいいけど……」

憂「あっ、今日、私ね、冬期講習行かなくちゃいけないの、だから参加できないの、ごめんねお姉ちゃん」

唯「えっ!?ダメだよ!ういも参加するのっ!」

憂「だけど……もう友達と約束しちゃって……お姉ちゃんと一緒の所受かりたいし……」

唯「真面目すぎるようい~、さぼっちゃいなよ~」

憂「ごめんね、ご飯は本気で作ったから任せて!」

唯「むうううう」



憂「じゃ、行ってくるね~」

唯「いってらっしゃ~い……はやく帰ってくるんだよ~」

憂「わかった~、さ、いこっ」

唯(あ、友達玄関に来てたんだ。私のだらしない声が筒抜けに……・)

唯「暇だよ、暇すぎるよ~、早くみんな来てよ~」

ピンポーン

唯「はいはいはいはい!いらっしゃい!入って!」

律「うおっ!!!!ば、馬鹿!!!心臓が止まるだろ馬鹿!!!!」

唯「いいからさっさと入った入った!!ほれほれ」

澪「朝からなんだそのテンションは……」

紬「は~い、ケーキ。忘れないように持ってきたの」

唯「ういのケーキとムギちゃんのケーキ……今日は贅沢だねっ」

澪「うい?誰それ」

唯「え?知らない?私の妹だよ?」

律「お前、妹いたのかよ!どこどこ!?」

唯(あ、私が100点取っちゃったからみんな憂と会ってないんだっけ?)

唯「ういは勉強でいません!偉い子だから」

紬「姉妹そろって勉強できる子ね」

唯「う、うんっ」

唯「じゃあ……どうしよっか?これからどうしよう」

澪「とりあえず、クリスマスだし……乾杯するかっ」

律「よっしゃあ、全力で乾杯だあ!お前らシャンパン片手に高らかに上げろぉ!」

澪「やかましい!」

律「あだっ!!いてえええ、いつになく威力増してていてえええ!!!」

紬「じゃあ乾杯~、メリークリスマス~!」

唯「乾杯~!」

唯「さあ、食べよう」

澪「乾杯したんならまず飲め!」



唯「和ちゃんも来たしプレゼント交換、もうやっちゃおうよ~」

和「なんかすごい威圧を感じるんだけど、隣の女性から」

さわ子「プレゼント交換~!」

律「っていつから居た!?」

紬「先生の本職は忍者ですか?」

さわ子「そーよ、忍者よ!なにか文句ある!?」

唯(この人、絶対お酒入ってる……缶ビールどこから持ってきたんだろう……)

さわ子「私も持ってきたから、さっさ回して回して!私がストップって言うまで永遠に回し続けなさい!永遠に!」

律「先生、酒臭いぞ?」

さわ子「ストップ!ストップよ!ストップだって、ちょ、止めて止めて無視しないで!」

和「お酒癖悪いですね、先生……」

唯「あ、これムギちゃんのだ~!」

律「げっ、澪のだっ!」

澪「律のプレゼント……」

紬「唯ちゃんのだ~」

律「なんだこれ、ドキュン☆ハートデラックス?うう寒気が……」

唯「えっ、豪華客船の旅ペア2名様って……」

紬「わあかわいいクマさんっ、ありがとう唯ちゃん!」

澪「ひいいいい、みえないみえないみえないみえない!!!」

さわ子「和ちゃん、これ御歳暮じゃないのっ!」

和「先生だってこの砂時計、どうなんですか?」

さわ子「結構高かったのよ!?1万円くらいしたのに!!」

律「無駄な事にお金かけるなあ……」

さわ「う、うるさい!」

唯「はやく彼氏できるといいですね~」

さわ子「うううううっ、もうやめて!!与えられる才能も無く、努力もせず、そのくせ与えられるものに不平を言って、努力する人間の足しか引っ張れないような人は、
    目を瞑ってどっか隅っこに挟まって、口だけ開けて雨と埃だけ食って辛うじて生きてればいいのよっ!!うわあああん!!!」

律「ちょ……落ち着いてさわちゃん……ゆ、唯、とりあえず謝っとけ」

唯「すいませんでした……」



唯「あ~、楽しかったね~」

唯「さわちゃん帰っちゃったね、みんなはこのまま泊まるよね?初日の出みるよね?」

紬「ごめん、唯ちゃん~、私これから親戚の会に出席しないといけないの」

唯「えっ?そ、そうなの?」

澪「私、家族と行くことになってるんだ。だから私は帰るなっ」

唯「えぇっ、そんなっ!」

律「私も私も~、だからあとで合流しようぜ~」

唯「和ちゃんも……?」 

和「私はこれから他県にいかないといけないから、ごめんね」

唯「ええええっ、そんなぁ……」

律「ははっ、なんちゅー顔してんだよお前はっ。明日会えばいいじゃないか」

澪「そうそう、唯は甘えん坊さんだなっ」

唯「うううう……」



唯「みんな帰っちゃった……」

唯「……」

唯「本当はみんな泊まってたはずなのになぁ……」

唯「なんでこんな意地悪するんだろう……やめてほしいよ、本当に……」

唯「あ~あ、もう一年生の冬かあ……本当にあっという間……」

唯「……」

唯「ういが帰ってくるまで寝ようっと……考えると寂しくなっちゃうよ……」

唯「もう何週もしたいなあ……高校生の間だけが私の人生でいいから何回も何回も……みんなで……」

唯「合宿して……パーティも開いて……あはっ、今度は世界旅行にでも行く?楽しそうだなぁ……」

唯「絶対楽しいよ……絶対……」

唯「……」

唯「……」zzz






――――――――唯


”えっ、誰?”


――――――――私たちはどうなるんだよ


”だ、誰?わかんないよ、どこにいるの?” 


――――――――私たちは―――――だろ―――?


”……”


―――――はやく―――起きて――――おき―て――起きて― 


”……待って!”





憂「はやく起きて!お姉ちゃ~ん、風邪引いちゃうよ?」

唯「えっ……うい……みんなは?」

憂「え?帰ったんじゃないの?」

唯「……」

唯「……うん」

憂「塾から急いで帰ってきたよっ!お姉ちゃんが言ったからっ」

唯「うん……うい、おかえり」

憂「ただいまっ」

唯「……」

憂「どうしたのお姉ちゃん?怖い夢でもみた?」

唯「う、ううん!なんでもないようい~、そば作ってそば~」



7