◇夏休み◇

唯「はあ……おいーす」

澪「唯っ、大変だ!!」

唯「わっわっ、なに?」

澪「馬鹿律がクラブ申請書を出してない……このままじゃ……」

唯「……」

紬「廃部……」

唯「……」

唯(わちゃんにお願いすれば大丈夫だったっけ……でも二週目はどうだろう……うまくいくかな……)

唯「和ちゃんのところ行こう!生徒会だからなんとかしてくれるよ!」

澪「和ちゃん?」

紬「ああ、生徒会のあの子ね」

唯「和ちゃんならなんとかしてくれるよ、いこいこ」

唯(なんかワクワク感がないなあ……)



和「うん、クラブ申請用紙出されてないわ」

唯「澪ちゃん、りっちゃんいま世界中を無意味に渡り歩いてるんだよね?」

澪「だな、あの馬鹿は……」

紬「あの……なんとかならないかしら」

和「う~ん……私が作る分には問題ないけど、多分顧問が絶対条件になると思うわ」

唯「あっ、うん!そうだ!そうだよ!」

唯(なにか物足りないと思ったらさわちゃん先生が居なかったんだよ!)

澪「顧問……誰かいるかな……」

唯「私に任せて澪ちゃん!適材な顧問の先生知ってるよ!」

紬「本当、唯ちゃん?大丈夫かしら……」

唯「わかんないけど……とりあえず行こう!」



唯「失礼しま~す、山中先生はいらっしゃられるでしょうか~?」

澪「いらっしゃる、だろっ馬鹿っ」

唯「あっ、いらっしゃるでしょうか~」

さわ子「はい?なんでしょう」

唯「あっ、さわちゃん先生、けいおん部の顧問になってください」

澪(さわちゃん先生……だって?)

さわ子(さわちゃん……先生……?)

唯「この紙にハンコ押すだけでいいですからお願いします!」

澪「危ないセールスマンかお前はっ!いいから先生に謝れって、まずいぞ……」

唯(さわちゃんはまずかった……)

唯「山中先生、ごめんなさい!それとお願いします!顧問に、顧問になってくれませんかっ!」

さわ子「いいわよ、ここに押すの?」

紬(かるっ)

唯「あ、はい!そこに押すだけで顧問です!」

さわ子「じゃあ私がけいおん部を受け持つから、みんなよろしくね」



さわ子「ふーん文化祭でるの。やる曲出来上がったの?」

唯「あ、はい、ふわh」

唯「……」

唯「あ~、やる曲は出来てないです」

澪「私、歌詞作ってきたんだけど……」

唯(仕事が早いね、澪ちゃんは)

さわ子「どれどれ見せて……ふむ」

澪「ど、どきどきするな……みんなは見ちゃだめだからな」

唯「え~、見たいよー」

紬「私も見たいなあ」

澪「ダメだって!絶対だめ!」

澪「ふわふわ時間……っていうんだけど……」

唯「うん」

唯(わたしもう弾けるし歌えるよ、澪ちゃん)

紬「へえ~、素敵ね」

さわ子「う~ん……なんかいまいちね……」

澪「ええっ……そうですか……?」

さわ子「ボーカルは?」

唯「はいはい、私で~す」

澪「う、うんうん!唯がボーカルだな!」

唯(あ、そういえばこの時澪ちゃんボーカルだったっけ……)

唯「澪ちゃん、ボーカルお願いします」

澪「はええっ!?なんで私がb」

さわ子「うん、私も澪ちゃんがいいと思うわ」




◇夏休み明け◇

憂「ただいまお姉ちゃん~!」

唯「う゛~~~~い゛~~~~」

憂「えっ、どうしたの!ちゃんとご飯食べたのお姉ちゃん!」

唯「ずっと……澪ちゃんの家にいた……寂しかったよおおおおおお!!!」

憂「わっ、あ、あはは、ごめんお姉ちゃん、私も会いたかったよっ」

唯「うううう、一人ぼっちにするなんてひどいよ……」

憂「ごめん、ごめんね……なんかつくろっか?」

唯「ぐじゅ……あいす……」

憂「それなら冷蔵庫っ」

唯「立てない取ってきて~」

憂「もう、お姉ちゃんったら」

唯「えへへへへ」



唯「やっぱ憂の作るご飯は最高だね~最高だよ~」

憂「そうっ!よかった!」

唯「楽しんできたかい?」

憂「うん、楽しんできたよっ!すっごい楽しかった」

唯「お友達と一緒にお受験するお約束はしてきたかい?」

憂「えへへ、それはできなかったけどすごい仲良くなれたよっ」

唯「それはよかったねえ」

憂「もうお姉ちゃんったらお年寄りみたい」

唯「あんたが幸せだったらあたしゃ、もう満足だよ」

憂「あはは」

憂(お姉ちゃん、それちび○子ちゃんにしか聞こえないよ……)




律「はろーえヴりでい!!あたいが居なくて寂しかったろっ!」

澪「ぼちぼち」

唯「いうほど」

紬「そうね」

律「ちょっと待ておい!冷たすぎるだろお前たち!」

澪「みんなで冷たくしようって決めたんだ、お前一人変な旅にでるから……」

律「ごめんなさい、もうしません」

紬「りっちゃんも帰ってきたし、みんなでぱーっとね?紅茶でも」

律「紅茶かよ」

唯「りっちゃん、文化祭出場だよっ、私達!」

律「な、なに!?」

律「私、全然練習してないぞ?」

澪「私はまあ、なんとか」

紬「私も一応弾けるわ」

唯「りっちゃんだけだね~」

律「なにおう!わ、私だってやる時はやるぞっ!!」

唯「まだスコアも渡してないからしょうがないよ、むきになったら負けだよりっちゃん」

律「キイーっ、頭が良いからって調子乗るなよお!よーし、見返してやるからなっ!」

紬「唯ちゃんは勉強すごいからね」

澪「はははっ、その意気だぞっ、ばか律」

唯「……」

唯(そっか……私、二週目では頭がいいって設定なんだね……忘れてた)

唯(なんか違和感があるなあ、私はお馬鹿さんのほうが性に合うね)




◇文化祭◇

律「緊張するなあ……ううう」

澪「ひとひとひとひと……」

唯「みんな緊張しすぎだよ~」

律「お前は緊張しなさすぎだっ!」

唯(もう慣れちゃったっていうか)

澪「ムギはまだなの?」

律「昨日まで、ロサンゼルスにいたらしいからなムギは……」

唯「え?行ってたっけ?」

律「聞いてないのかお前は」

唯(一周目もそうだったっけ……)

和「みんな、ちょっと来て」

律「ん?ほいほい」



澪「えっ?事故?」

律「ムギが?うそだろ……」

和「違う違う、紬さんが乗る一つ前の便が墜落したらしいのよ」

唯「えっ?墜落?」

和「今日の朝、ニュースになってたでしょ?」

唯「……」

和「で、その文化祭の事で連絡があって……残念ながら間に合わないみたいなのよね」

律「じ、じゃあ……」

和「そう、キーボード抜きでやるしかないわ」

唯「そんな……」

唯(そんな……ずるいよ……墜落事故なんか敵うわけないよ……)

澪「じゃあ辞退しよう、今回のライヴは」

唯「えっ?」

澪「ムギだけ出れないなんていやなんだ」

和「それはちょっと勝手すぎるわ、せとりもう決めちゃったんだから」

澪「でも……」

唯「……」

唯(もうなにがなんやら……)

律「私からもお願い、急いでせとり仕組んでくれないかな」

和「そんな……」

唯「……」

唯「和ちゃん、お願い」

和「……」

和「わかった、先輩に話してみる」

澪「本当!?ありがとう!」

和「本当は許されないんだからね、わかってる?」

唯「うんありがとう和ちゃん」

唯「……」



唯「……」

澪「ムギを責めちゃだめだぞ?」

律「責めるわけないだろ馬鹿澪」

澪「なっ、律に言われるなんて心外だな」

唯「でも……残念だね……」

澪「ま、来年もあるし、そんな落ち込まなくてもいいよ」

律「だなっ、これが最後ってわけじゃないんだしさ!」

唯「うん……そうだね」

唯「そうだよ……うん」

唯「……」



6