唯「しつれ~しま~……す」

律「うおおっ!なんだ唯、どうした!?」

唯「へへ……寝不足で……」

澪「なんで?寝てないの?」

唯「うん、なんか調子悪くって~……」

唯「あ、聞いて聞いて!ギー太ね、見つかったよ!」

紬「本当っ!?」

唯「うんっ、福岡県の楽器屋さんにあるみたい~」

澪「福岡県か……でも運送料は全国均一だから心配はいらないかな」

唯「それがね~、なんかネットで売ってないらしいんだ~、だから週末に行って買ってくるよ~」

律「ひ、一人でか?福岡まで?」

唯「そうだよ?」

澪「……それはそれは」

律「ほかに売ってあるところないのか?」

唯「うん、すごい探して、電話もしたけどないみたいなんだ~」

澪「ところでいくらなんだ?」

唯「31万円だった……すごいきついけどお母さんに土下座までして借りてきたの」

唯「だから私、今日からアルバイトするの!がんばらなくっちゃ!」

澪「な……」

律「さんじゅ……さんじゅういちまんえん?」

紬「……」

唯「なに?どうしたの?すごい顔してるよ?」

澪(この子、ただ者じゃない……)

律(なんて努力家なんだ……)

紬「わ、私、お金出すわ!」

唯「へ?」

紬「唯ちゃんばっかり頑張ってちゃ……私にも応援させて!」

律「何だとムギ……ぜ、全額投資か?」

紬「うん!」

澪(もう次元が違う……)

唯「いや、いいの。私が買う」

紬「えっ……?なんで?出すのに……」

唯「いいの、今度は自分の力で頑張るから……」

澪「……」

唯「だからみんなでこの軽音部、楽しくしようよ!」

澪「唯……」

律「そうか……わかった」

律「唯がそんなに真剣だっていうなら私だって負けないぞ」

唯「そうだよりっちゃん、その意気だよ!」

紬「うう……なんて立派な子……」

唯「へへ、ムギちゃんなんで泣いてるの~、照れるよ~」

澪「あぶn」

唯「わっ!」

唯「あああ~ごめん~、紅茶こぼしちゃったあああああ」

澪(立派だけどなんかドジだ……)




唯「憂~、塾いくの~?」

憂「私、おねえちゃと一緒の所いきたいもん。頑張ってくるね!」

唯(ういはおつむいいから大丈夫なのに~)

唯「いかないで~うい~」

憂「ごめんね、お姉ちゃん……もっと一緒にいたいけど」

唯(憂がいなくなるのはやだよお……この設定はやめてほしいいいいいよおおおおおお)

憂「じゃあね、頑張ってくるね!」

唯「うう……いってらっしゃい」

唯「うう……」

唯「はっ!今何時!?」

唯「バイト面接忘れてたああああ!!!やばいやばい!!!」

唯「はやくいかないとおおおお!!!!いってきまああす!!!!」

唯「ああ制服のままだったああ、はやく着替えないと!!」




唯「はあ……」

澪「面接落ちたのか……」

唯「落ちました……撃沈でした……」

律「そりゃ遅刻したら落ちるさ、極め付けに……」


―――

社員「あ、入って入って、ここ座って」

唯「しし、しし失礼しますでありますっ!!」

社員「……」

―――


律「入社の一次面接でもそんなこと言わないぞ?」

唯「だってえ、緊張したんだもん」

澪「ま。それはいいとして、私も明日ついていくよ」

唯「え?福岡だよ?」

澪「いや、楽器とかみたいから……」

律「心配なんでちゅね、澪ちゅわん。唯のことがs……あだっ!いってええええ!!」




唯「みんなついてくるって~」

憂「え~、そんないいの?福岡って遠くない?」

唯「うん、でもみんなついてくるんだ~!楽しみだな~!」

唯(はやくあずにゃんにも会いたいな~、楽しみだよ、あと3年もあるんだし!)

唯「あ~、よかったあ~」

憂「え?」

唯「いや、なんでもないよお~?」

憂(この顔はなにか隠してる顔だっ!)

憂(私、お姉ちゃんの事一番知ってなきゃやだ!!!)

憂「私に隠し事しないでよお姉ちゃん!」

唯「ひっ、え?」

唯(憂に2週目の事話したら、理解しそうで怖い……)




◇福岡◇

唯「ここ……だよね……」

澪「のはずだけど……」

律「どうみてもこれって倉庫だよな……」

紬「入り口とかあるのかしら……」

唯「探してみようよ……なさそうだけど」

澪「看板あるし、たぶんここだよ。探してみよう」

唯「どこだろ~」

律「裏に回ってみるか?」

唯「裏にもそんな入り口ないよ~?」

澪「じゃあこのシャッターを開けなきゃいけないのか?」

律「怪力自慢を連れてくればよかったな」

唯「え?誰それ」

律「いや、こっちの話……なんでもない」

唯「だめだ~、開かないよ~!」

律「当たり前だろっ」

澪「ここまで来たのにな……」

紬「どうする……?」

唯「あらっ、なんか車来たよ?」

澪「ワンボックスカー……あれ関係者かな」

律「さあ……」

関係者「ん、客の方ですか?」

澪(めっちゃ怖そう……)

関係者「すいませんね、待たせたみたいで今開けますんで」

唯「あ、はい」

唯(やっぱりこの倉庫がお店なんだなぁ……)



関係者「はい、どうぞ」

唯「わあ……・」

澪「うわ……」

紬「まあ……壁中楽器楽器楽器……すごい」

律「うお、パールじゃん」

澪「すごい……レフティ沢山ある……」

唯「わあ……可愛いのいっぱい……」

唯(ぷふっ、これさわちゃん使ってそうなギターの形してる~)

澪「フライングVなんかみてどうする、はやく見つけないと……」

唯「わあ、このギター見て見て!おかし、あはははは!」

澪(ああ、だめだこいつ)

唯「さて、ギー太を探さなくっちゃね!」

澪「メーカー言ったほうが早いんじゃないか?」

唯「あっ、見つけた!!これだよこれだよ!!」

澪(こいつ……早いッ!)

唯「あれだよあれだよ~!店員さ~ん!」

関係者「はいはい、あれですね……・え?あれですか?」

唯「はいあれです!私のギターです!」

関係者「あのビンテージですか?」

唯「はいっ!」

関係者(まじかよ……こんな初心者みたいな子が……)

関係者「ま、待っててください、いま在庫確認しますから」

唯「は~い、うふふギー太ようやく会えたね~」

ギー太「やあ」

澪「私もほしいなあ、マルチアンプシュミレーター……」

律「ツインペダルほしすぎる……」

関係者「ありましたありました、本当にいいんですね?」

唯「はいっ!!」

澪「よかったな、唯」

唯(よかったあ……これでスタートだねっ!)



唯「ギー太むちゅちゅちゅ~」

律「何だお前、気持ち悪いなあ」

唯「ギー太取り返したし、これからどうしよっか!」

澪「どうするって、帰んないのか?」

唯「え~、通天閣行かないの~?」

紬「ここは大阪じゃないわよ?」

律「暗くなってきたし、もう帰ろうぜ~」

唯「え~、そんなぁ~」

澪「はいはい、帰った帰った」



4