律「えーっと、ギターの平沢さん…だっけ?」

唯「うん」

律「はじめまして!私、部長の田井中律!」

唯(りっちゃん…)



律「ムギー、お茶の準備だー」

紬「はい♪召し上がって♪」

唯(敬語!)

律「平沢さん、好きなギタリストは?」

唯(わっ懐かしい質問)



唯(やっぱり言わなくちゃダメだよね)

唯(実は2週目なんですって…)

唯「じっじっ…」

澪「ジミーヘンドリックス?」

律「おーっ」

唯「あっあっ!!」

唯「ち、ちがっ!」ジタバタジタバタ

澪「ジェフベック?」

律「おーっ!!」

唯(前とおんなじ展開にっ!)アタフタ



律「そういえば、平沢さんはギターができるんだよな」

唯「あっ、ギターはできるよ!!」ふんす!

澪「弾いてみて!」

唯「えへへっ、任せなさい!」

紬「わあ♪」


すかっ


唯(あっ!!)

唯(この時点ではギー太いないよ!?)

律澪紬「ジー」キラキラ

唯(わわっ、そんな期待のまなざしで見ないで!)

唯「あっ…えーと…」

律澪紬「ジー」キラキラ

唯「え、えあぎたー!!」ガバッ

唯「ギュイーンギュイーン!」

澪「…」

律「…」

紬「わあー♪パチパチパチ」

唯「あわわわ、ほ、ほんとに弾けるんだよおー」

唯「ギー太を持ってきてなくて…」

律「ぎーた?」

唯「あ、私のギターなんだけど…」

澪「家に忘れたのか?」

唯「いや、この時点ではまだ持ってなくて…」

紬「?」

唯「でも大丈夫!みんなとバイトして買うことになるから!」

律(へんな奴…)

律「まあいいや、私達の演奏聴いていってよ!」

唯(あ…そういえば、演奏してくれるんだ!)

唯「聴きたい!」

律「そんじゃ、そこのイスに座ってくれ」

唯「わあい!」



―――――――
唯(楽器の準備してる皆、なんだかたどたどしくて新鮮だなあ)



律「行くぜ」

紬「はい♪」

澪「…」


~♪~♪


唯(えへへ、みんなリズムはズレてるし、3年の頃と比べると全然だなあ~)

唯(あんまり上手くないね!)



ジャーン


唯(演奏終わっちゃった…)


律「平沢さん大丈夫か?」

唯「えっ?」

紬「どこか痛むの?」

唯「ど、どうしたの皆急に…」

澪「だって…」

唯「えっ…」ポロポロ



唯(あれ、どうして私…泣いてるんだろう)ポロポロ




――――――――――


「高校でやる学園祭はもうないの!」

「そっかあー、それは残念だねえ…」

「やだやだあーっ」

「ムギ先輩わがまま言わないで、唯先輩も子供みたいに泣かないでください」

「これは汗だよお」

「良かったよなあ、本当に良かったよなあ」

「うん、とっても良かった」

「皆さんと演奏できて幸せです」

「みんなぁー!」


――――――――――




唯「・・・」

律「平沢さん?もしもーし」ユサユサ

唯「!」

唯「あ、大丈夫だよっ・・・」

律「ひょっとして私のドラムさばきに感動しちゃったのかー?」

澪「調子に乗るなよ」

律「冗談冗談!」

紬「本当に大丈夫?」

唯「うん、なんでもないから!」



律「で、涙を流すほどの私達の演奏はどうだった?」ニヤニヤ

澪「おいおい」

唯(えーと…)

唯「あんまり上手くないですね!」

律(バッサリだー!)

唯「私、この部に入部します!」

唯(だって私の居場所はここだから!)



律「ばんざーい!」

唯「あっ、あと平沢さんじゃ落ち着かないから、唯でいいよ」

唯「私はみんなのこと、りっちゃん、ムギちゃんね澪ちゃんで呼ぶからね!」

律「おおうっなんだかずいぶん昔から友達みたいな呼び方だなー、まっいいけど」

紬「よろしくね唯ちゃん!」

澪「唯…」

唯「なーに、澪ちゃん!」ジー

澪「はうっ…」///

律「あはは、唯は澪の扱いを心得てるなー」

唯「えへへー」




唯(まずは軽音部に入れた…)

唯(これでもっとみんなといられる…)

唯(うれしいなあ~)



2