そして二学期

唯「おっはよー澪ちゃーん」

澪「おう、おはよう」

律「おはよーう今日から二学期だなあ」

唯「そうだねー」


ガラッ

和「……」

唯「あ、和ちゃんおはよー」

澪「おはよう和」

和「…………」

澪「ど、どうしたんだ、和……?」

唯「ありゃー、まだ立ち直ってないみたいだねー」

澪「立ち直る……?
  まさか私たちにオタバレしたのがショックで?」

唯「いやー実はあのあと
  和ちゃんのお母さんにもバレちゃってさあ」

律「ええ?」

唯「内緒でコミケ行ってたのもバレちゃって
  同人誌とか漫画とかDVDとか
  オタグッズ全部捨てられちゃったんだよ~」

澪「そ、そうなんだ……」

律「そのオタグッズとやらはどれくらいあったんだ?」

唯「段ボール箱20箱分くらいかな」

律「そんなに貯めこんでたのかよ」

和「はぁ……」

澪「生きる意味を失ったような顔してるなあ」

唯「澪ちゃん励ましてあげてきてよ」

澪「ええ、私が……?
  唯が行けばいいだろ、唯のほうが和に詳しいんだし」

唯「私が近づくとなぜか涙目で睨まれるんだよお~」

律「何したんだよ……」

唯「だから澪ちゃんおねがい」

澪「わかったよ……」



澪「あ、あー……和?」

和「なに……」

澪「唯に聞いたよ、同人誌作ってるって。
  すごいよなあそういうの、憧れるよ」

和「……」

澪「私も昔から小説とか書いたりしてたからさー、
  いいよな自分の作品が本になるのってさ、な」

和「……」

澪「……あー……」

和「……」

澪「の、和って文才あるよな、すごいよ、
  キャラの設定とかはサッパリだったけど……」

和「!! よ、読んだの!?」

澪「ああ、唯に見せてもらって……」

和「う、あ……うああああああ……」

澪「ああっ、ごめん! 読んじゃいけなかったんだな、ごめん!」

律「何やってんだ澪は……」

和「……気持ち悪いでしょ?」

澪「えっ、な、なにが?」

和「ホモ小説なんか書いてて……」

澪「そ、そんなことないぞ!
  流石に始めて読んだ時は面食らったけど……」

和「……」

澪「今は別にこういうのもアリかなって……
  いや、ホモが好きになったとかじゃないんだけど」

和「……」

澪「和が好きなものなら、私は別に偏見を持ったりしないよ」

和「嘘よ……」

澪「えっ」

和「嘘に決まってるわそんなの……
  オタクなんて気持ち悪いってみんな思ってる……」

澪「まったく……じゃあ唯はどうなんだよ」

和「えっ」

澪「唯はお前のオタクな面を知っても仲良くしてくれてたんだろ」


和(そうか……そうよね……)

和(唯はずっと私についてきてくれていた……)

和(同人誌の即売会にもアニメショップにもコスプレにも)

和(文句ひとつ言わずいつも笑顔で……)

和(そう、それは私がオタクとか言う以前に)

和(唯が私の友達だったから……)


和「……」

澪「気付いてくれたみたいだな」

和「ええ、ごめんなさい……当たり散らしたりして」

澪「いやいいんだ。
  だれだって落ち込むことはあるからな」


和「ところで澪」

澪「何?」

和「あなたちょっとコスプレに興味ない?
  すごくコスプレ映えしそうなんだけどどうかしら」

澪「ええっ?」

和「ねえいいでしょう?
  その長い黒髪とかすっごくいいわあ、
  衣装とかもちゃんと作るから」

澪「ひいっ、そんなの嫌に決まってるだろ!」

和「あっそうだ一緒に同人誌も作らない?
  合同誌にして二人で書きましょうよ」

澪「いやっ、私ホモなんて書けないぞ」

和「教えてあげるから、私がみっちりと!」

澪「いやだー、ホモもコスプレも嫌だー!」


律「いいのか、あんなに大声でオタ話して……」

唯「あれくらい開けっ広げにしたほうが
  余計なストレス貯めなくて済むからいいんじゃない多分」

律「そういうもんか?」


和「唯ー、今度のイベントで澪と3人で
  ISのコスプレすることに決まったから!」

澪「決まってなーい!」




      お      わ      り