---すーぱー

憂「えっと」

憂「牛肉ににんじん、たまねぎ…」


唯「んー」

唯「これにこれにこれに…」

憂「ふふ、おねえちゃん、必要なものだけにしてよー」

唯「わかってるよぉ」


唯「うい、あとアイスも買って帰ろ!」

憂「うん!買い置きももう無かったしね」



---

ガチャ

唯憂「ただいまー!!」


唯「いやぁ!なんかお腹もすいてきたねー」

憂「え、もう?」

唯「うん!育ち盛りだからね!」

唯「さぁ始めよう!」

憂「うん!」

唯「…うい、わたしなにすればいい?」

憂「そうだね…」



* * *

コトコト

唯「わぁ…なんかいい感じ~」

唯「ねえうい!まだ?」

憂「んーまだかな」

唯「まだかな!?」

憂「あともーすこしかな~」

唯「そろそろかな!?」

憂「もうちょっと!」

唯「もういいよね!?」

憂「…おねえちゃん落ち着いて!」クス

唯「えへへ…テンション上がってきたよ!!」

憂「楽しみだねー!!」

ぐつぐつ

唯「おお…!」

唯「ねえねえ!マシュマロと豆乳いれてみない!?」

憂「えっ…」

憂「独創的だね…おねえちゃん」

唯「え、でもこの間はおいしかったよね!?」

憂(なんかデジャブ…?)ズキーッ

憂「んー…じゃあちょっとだけ、いれてみよっか?」

唯「やったぁ!ありがと、うい~」ギュ

憂「おおねえちゃん///あぶないよぉ」

唯「だいじょーぶ!」

憂(ルーとお湯少し増やしておこう)

唯「おいしくなるといーね!!うい!」

憂「おねえちゃんが作るんだから、きっとおいしくなるよー」

唯「うーいーもだよぉー」エヘヘ



憂「そろそろいいかなー」

唯「おー!待ってました!!」

憂「じゃおねえちゃん、お皿もってきて」

唯「はいはい!任せなさい」

カチャ

憂「あおねえちゃんありがとう♪」

唯「うい、わたしおーもりね!」

憂「うん!」

唯「わぁ…おいしそー!!」

唯「ういー早くー」

憂「うん、ちょっと待って」

唯「早く早くー!」

憂「よし」

唯「早く座って!!」

憂「あはは…おねえちゃん落ち着いて」

唯「せーのっ!」

唯憂「いただきまーす!!」

唯「ふわっ!!」

唯「おいし~!!」

唯「今日も最高の出来だね!!」

唯「ね!?う~い~?」

憂「…」

唯「うい?」

憂「…」グス

唯「え?どうしたの…」

憂「」ガタン

唯「え、うい!?」

憂「お…おねえちゃん」




---

ピー ピー ピー

「意思の強さかな…」

「かけがえの無い人と別れる」

「その人と別れた記憶よりも」

「その人自体の記憶を消す」

「ある意味、一番賢いかな」

「もっとも、本当に別れるなら、の話だが…」

---




唯「うい…?」

憂「おねえちゃん…」グス

唯「おいで、うい」

憂「うぅ…」ギュ

唯「…」ギュウ

唯「そんな気がしたんだぁ…」

憂「おねえちゃん…おねえちゃん…」ボロボロ

唯「辛かったよね…うい」

憂「ううん…おねえちゃんのおかげで…」

唯「…」ナデナデ

唯「うい…」

憂「うっ…うぅ…」ボロ

唯「今はさ、」

唯「とりあえず」

唯「一緒に作ったカレー」

唯「食べよ?」

憂「…うん…」グス

唯「おいしいよぉー…」

唯「ういと一緒に作ったカレーが」

唯「おいしくないわけないけどね…」

憂「…」ボロ

憂「おねえちゃん…」

唯「なーに?」

憂「おいしい…」ボロボロ

唯「よかった」ニコ

憂「うぅ…しょっぱい」

唯「涙拭かないと」フキフキ

憂「…」



---


唯「今日が晴れで良かったよ…」

唯「うい、あれは?」

憂「んーと…彦星と織姫かな?」

唯「へぇー」

憂「まだ見れるんだよ」

唯「そうなんだぁ」

唯「もうちょっといっぱい見れるといいのにね」

憂「そうだね…」

唯「明るい星しか目立たない…」

唯「どの星も輝いているのに」


憂「おねえちゃんかっこいいね…」

唯「えへーそうかな///」



---

唯「ふぇー」のびー

憂「おねえちゃん」

唯「んー?」

憂「その…ごめんなさい」


唯「うい…謝るのはこっちの方だよ」

唯「やっぱりういはすごいよ」

唯「ういがいなくなって初めてういの大切さが分かった」

唯「…ってなんかおかしいなぁ」

憂「いいよ」

憂「ありがとう、おねえちゃん」



憂「やっぱり、わたしはおねえちゃんの妹で幸せだなーって」

唯「わたしも!」

憂「えへへ…」

憂「おねえちゃん」

唯「なぁに?」

憂「ただいま♪」






11