---

憂「はい、おねえちゃんアイス」

唯「やったぁアイスぅ~」


唯「うい、あーんして」

憂「?あーん」

唯「はい♪」

憂「あはは…これもおいしいね」

唯「でしょー!」

唯「…」

唯(ういのも食べたかったのに)



憂「はい♪おねえちゃんもあーん」

唯「!?」

唯「あーーん」

憂「えへへ…これもおいしいよねー」

唯「うん!!おいしい!」

唯「ういが食べさせてくれるからよけいに!!」

憂「味は変わらないよ~」クス

唯「変わるよぉ!」



唯「アイスもおいしかったね~」

憂「うん」

唯「ふんふ~ん♪」ピ

TV『東京はれ、気温は…』

唯「あっそうだ!」

憂「?」

唯「明日は2人でカレー作らない!?」

唯「明日は部活も無いし…どう!?」

憂「う、うん…」

憂「いいよー」

唯「やったぁ!!」

唯「じゃあさ、帰りに材料買って帰ろ!」

憂「う、うん」

唯「2人でつくるカレーおいしいよぉ」

憂「うん…」

唯「うい忘れてるんだよね…残念だな~」

憂「ううん、覚えてるよ」

唯「え!?」

憂「誰かと作ったのはおぼえてるけど…」

憂「それが誰だったかは覚えてない…」

憂「思い出せないから…たぶんおねえちゃんなんだと思う」

唯「あ…そっか~」

唯「じゃあ、また新しい思い出だ!」

唯「楽しみだなぁ~」

憂「おねえちゃん…そろそろお風呂入ってきなよ」

唯「あ、そうだねー」

唯「じゃあうい、先入ってくるねー!」

憂「うん!」



* * *

憂(そうだ…)

憂(思い返してみると空白がこんなに…)ズキーッ

憂(何かを思い出すたびに、同時に何かを忘れてるような感じがする)

憂(わたしはおねえちゃんにこんなに依存して)ズキーッ

憂(唯さん…いやおねえちゃんはわたしにとって)

憂(こんなにも大切な人だったんだ)ズキーッ

憂(もう…負けない)



---

唯「うい、おさきにー!」

憂「うん!」

憂「じゃあ、入ってくるね!」

唯「ごゆっくり~」



* * *

唯(明日が楽しみだなぁ)

唯(あんなに楽しくって美味しかったもんね)

唯(だから…きっとういも)

唯(えへへ…)

唯(ま…今のままでも、わたしは大丈夫だけどね)

唯(うん…大丈夫…)

唯(…うい…)



---

憂(いい匂い…)

憂(おねえちゃんの匂いだぁ)ズキー

憂(あぁ)

憂(…)ズキーッ

憂(おねえちゃんがいないとわたしは)

憂(わたしは何をしてたんだろう?)ズキズキ

憂(わたしはおねえちゃんのために…)

憂(とっても幸せだった、あのとき)ズキー



唯『ういー!だいじょぶー?』

憂「うん!大丈夫だよ」

唯『うい、今日も一緒に寝よぉ』

憂「うん!!いいよー」

唯『えへへ…』

憂「おねえちゃん!」

唯『なーにー?』

憂「カレー、楽しみだね!」

唯『うん!!!』

唯『もう今日は眠れないよぉ』

憂「おおげさだよ」クス

憂(思い出せるよね…きっと!)



---ういのへや

唯「えへへ…ういー」ギュー

憂「なぁに?」

唯「大丈夫だよぉ」

憂「?」

唯「もしね、何も思い出せなくても」

唯「やっぱり…ういはういで」

唯「わたしの妹で」

唯「わたしはういがだいすきで~」

憂「えへ…」

唯「なにも怖いことなんて無いんだよ~」

唯「いろんな思い出もね」

唯「のーさんきゅー!」

憂「!?」

唯「また作ればいいだけだから…」


憂(おねえちゃんは多分、自分にも言い聞かせてるんだ)

憂(おねえちゃんに予防線を張らせちゃったのは…)


憂「おねえちゃん」

唯「んー?」

憂「よくわからないけど」

憂「わたしもおねえちゃんがとっても大切な人だって」

憂「そう感じるんだ」

唯「そうだよぉー」

唯「憂のおねえちゃんだもん!当然だよ!」

憂「あはは…そうだよねー」


憂「…待っててね!おねえちゃん」

唯「……zz…」



9