---よくあさ

唯「…んー!」ぬくっ

ピ

唯「とぉ!」ピ!

唯「ふっ…予測済みなのだよ…ん?」

唯「うい、もう起きてる」

ガチャ

憂「おねーちゃーん、そろそろ起きないとー」

憂「あ、起きてた」

唯「ぐっもーにーん!」

憂「ぐっもーにん♪おねえちゃん」

憂「ご飯できたから下来てね♪」



---りびんぐ

唯「おはよぉうい!」

憂「おねえちゃんご機嫌だね」ニコ

唯「うん!今日も、元気に行こー!!」

憂「おー!」



* * *

憂「はい、今日のお弁当♪」

唯「おお!ありがとぉ~!!」スリスリ

憂「ちょおねえちゃん」


唯「うし!じゃあうい、行くよ!」

憂「うん!」ガチャ


---

律「よぉ!唯に憂ちゃん」

唯「おはよう!りっちゃん!!」
憂「おはようございまーす!」

律「おおっ!?」

澪「ずいぶん元気そうだな…はは」

律「…もしかして?」

唯「なーんせんす!」チッチッ

唯「何があっても、ういとわたしはいつでも仲良しなんだよ!ね、うい」

憂「う、うん!」

律「…まぁ、2人とも元気になってよかったよかった」


---

梓「あ、あはよー純」

純「うん、おはよ」

梓「憂、昨日病院いったのかな?」

純「梓携帯みてないのー?」

梓「え?うそ」

シュッ

梓「あ、ほんとだ…」

純「もー」

純「異常無し、だってさ」

梓「やった…」

純「…」ジーッ

梓「///」


梓「あれ?でも異常無しでも唯先輩の記憶は…」

純「そう、それが問題なの」

梓「どういうことだろう…」

純「分からないけど…わたしの仮説は」

純「『憂が故意に唯先輩の記憶を消した!』とか」

梓「…なにそれ」

純「ふふーじゃーん!」


憂「純ちゃん梓ちゃんおはよー」

純梓「おはよー!」

梓「憂、異常無しって…」

憂「うん!!よかったぁ」

梓「唯先輩のことは…?」

憂「ううん…」

憂「でも、唯さんおっちょこちょいだけど家事一生懸命やってくれるんだ」

憂「だからこのままでもどうにかやっていけそう…かな」ニコ

梓「よかったぁ…けど」

梓「言っちゃった方がいいのかな…」

憂「…?」

純「んー…」

純「いいんじゃない?憂のためにも」

憂「なんのこと?」

梓「んんー」

梓「憂、唯先輩はあんまり家事得意じゃないから 積極的に 手伝ってあげて」

憂「う、うん…そんな気も少ししたけど…」

憂「そういえば昨日…」

純「なになに?」

憂「唯さんがお風呂掃除してくれて、わたしが最初に入ろうとしたんだけどね」

憂「お風呂の栓が抜けててお湯たまってなくて…結局湯船には浸かれなかったんだ…」

梓「うう…唯先輩らしい…」

憂「そしてね、お風呂からあがったらもう唯さんソファーで寝てて…」

憂「お湯もたまってなかったから無理に起こさなかったんだけどね」

梓「憂じゃなくてむしろ唯先輩が心配…」

憂「んー…でも唯さんやさしいし、やるときにはやる人って感じだし」

梓「だといいんだけどね…」

梓「…で、純、その本なに?」

純「梓…よく聞いてくれたね」

純「じゃん!買ってみましたぁ!」

『サルでも分かる!心理学』

梓「サルに分かるようなもんでいいの…」

純「憂、憂は唯先輩が好きなあまり記憶を消したんだよ…」

憂「えっ?なんで?」

純「…さぁ?」

梓「…おい」



---ほうかご

憂「あっ!和ちゃん!」

和「ああ憂、なんだか久しぶりね」

憂「和ちゃん生徒会の仕事は」

和「今日は早く終わったのよ」

憂「さすが和ちゃん」

和「ふふ、憂はどう?最近」

憂「え、まぁ、そうだなぁ…」

憂「特に何も無いかな…あはは」

和(…?)

和「唯はどう?家でずっとゴロゴロしてるんじゃない?」クス

憂「…え」

和「ん?」

憂「ゆ、おねえちゃんが家でゴロゴロ?」

和「ええ…憂は偉いわよ、それを見ながらも家事をテキパキと…」

憂「あっ…」ズキーッ

憂「ぁぁ…いたい…」ズキーッ

和「えっ、憂?大丈夫!?」

憂「ふぅ…ふぅ…」

憂「はい…大丈夫で…」

和(憂ちゃん疲れてるのかしら…)

和「憂ちゃん…なにかあったら連絡ちょうだいね」

憂「はい…」


7