---ほうかご

律「唯、どうする?」

唯「ごめん、わたし先帰るよ…」

唯「ういとゆっくりおはなししたいし…」

澪「まぁ…しょうがないな」

律「大丈夫か?」

唯「うん…」

唯「またね」



ガチャ

唯「ただいまー」

唯(ういはまだ帰ってきてない)

唯(どうしよう)

唯「はぁ…」

唯(別にういがいなくなったわけじゃないし)

唯(ちょっと深く考えすぎかなぁ)

唯(病院に連れて行ったほうがいいのかな)

唯(よし)



---

ガチャ

憂「失礼しまーす」

律「お?憂ちゃん」

澪「どうした?」

憂「おねえちゃんは…?」

律「憂ちゃんと話すからって先帰ったよ」

憂「あっ…」

憂「わかりました、ありがとうございます」ペコリ

憂「失礼しました」

ガチャ


律「どしたんだ?」

澪「さぁ…」



---

憂(梓ちゃんと純ちゃんの付き添いは嬉しいけど)

憂(自分でどうにかしないとね)

憂(病院に行く前に唯さんに言っておこう)



ガチャ

憂「ただいまぁ」

唯「ういー?」

憂「うん、おねえちゃんただいま」

唯「おかえりー」ゴロゴロ


唯憂「あの…」

唯「えへへ、なーに?うい」

憂「あ、ごめんなさい」

唯「いいよぉ」

憂「わたし…病院に行ってみてもらおうと思って」

唯(!)

唯「うい…わたしもついてくよ」

憂「え、あ、ありがとうございます」

唯「でもその前にうい、一つお願いしていい?」

憂「はい」

唯「そんなに心配しなくていいよ」

憂「え?」

唯「あのね、思ったんだけど」

唯「憂はわたしひとりを忘れてるだけの話で、」

唯「これからも普通に暮らせるでしょ?」

唯「だから何も心配しなくていいよ」

憂(唯さん…)

唯「ただ…」

憂「?」

唯「敬語は使わなくていいよ…」

憂「…うん」



---びょういん

憂(わたし…どうなっちゃうんだろ)

憂「…」グスッ

唯「どしたの?うい」

憂「だいじょぶ…なんでもないから…」

唯「隠そうたって無駄だよぉ」

唯「おねえちゃんに何でも話して!」

憂(唯さん…)

憂「怖くて…」

唯「うんうん」

憂「わたしだけ違う世界にいるみたいで…」

憂「これから色んなことを忘れちゃうんじゃ…と思うと」ウルッ

唯「うい」

憂「…?」

唯「だいじょぶだよ」

唯「ういはもう何も忘れないよ」

憂「…」

唯「それにね、もし忘れたとしてもだいじょぶ」

唯「ういはういだから」

唯「わたしの妹だからね」

唯「おねえちゃんがずーっとそばにいるよ」

憂「うぅ…」ボロ

唯「よしよし」ナデナデ


「平沢さーん、平沢憂さーん」


唯「行こっか」

憂「うん…」



* * *

唯(ういはまだ精密検査を受けてる)

唯(何にもないように…)

唯(って何にも無かったら余計怖いよね…)

唯「どうしてこんなことに…」

唯(でも、私が耐えればいいだけなんだ…きっと)

「平沢さーん」

唯「はいっ」

看「診察室3へどうぞ」

唯「はい」


---

医「こんにちは」

唯「こんにちはぁ…」

医「おねえさんの唯さんでいいのかな?」

唯「はい!」

医「うん、じゃあ今から説明しますね」

医「憂さんの検査結果ですが」

医「特に異常は見当たらないんですよ」

唯「えっ…」

医「憂さんも具合が悪いようには見えないし…」

医「これという原因は掴めませんでした」

唯「…」

医「何か心当たりはありませんか?」

唯「…?」

医「精神的な問題としか」

唯「…特に…ないです…」



---

唯(詳しい結果は後日かぁ)



憂「おねえちゃん」

唯「あ、うい!!」

唯「検査は?いたくなかった?」

憂「うん、全然大丈夫だよ」

唯「よかった…」

唯「…うい、あのね」

唯「異常は特に無いって」

憂「そっか…」

唯「へへ…うい、大丈夫だよ!」

唯「異常が無いんだよ!へーきへーき!」

憂「おねえちゃん…」

唯「わたしのことなんか気にしなくていいよ!」

唯「…といっても一応ういのおねえちゃんだけどね…」えへへ

唯「でもそのうち思い出せるよ!いま心配しなくてもだいじょーぶ!」

憂「う、うん…」

憂「ありがとう、おねえちゃん♪」ニコ

唯(あぁ…ういだよ、やっぱりういだぁ)

唯(早く思い出してね、うい、できるだけ早く…)


4