---

唯「…」ボー

律「よっ!唯」

澪「おはよ」

唯「…」ボー

律「おい!唯!?」

唯「…」

唯「…あ、りっちゃんに澪ちゃん」

澪「どうしたんだ?そんなボーッとして」

唯「あは」

律「!?」

唯「りっちゃん!澪ちゃん!」

唯「うっ…うっ…」ウルウル

律「どうしたよ~唯らしくないぞー?」

唯「ういが…ういがわたしのこと忘れて…」ボロボロ

律「は?」

澪「ちゃんと話してごらん?唯」

唯「ういが…わたしを忘れてるの…」ボロ

律「んあ~…?」


律「なんだよこれ」コソ

澪「よくわからない…」


唯「あのね…」



* * *

律「唯、おまえ憂ちゃんの嫌がることしたんじゃないかー」

律「…なんていうレベルじゃないな…」

紬「唯ちゃんかわいそう…」

唯「ひっぐ…うぅ…」

澪「どういうことだろう」

律「あの憂ちゃんがここまでやるわけないしな」

澪「とりあえず、憂ちゃんにも会って話がしたいな」



「えーここは加法定理を使って~…」

唯(だめだぁ…何も入らないよ…)

唯(うい…わたしどうすれば…)

先生「はい、ここを平沢」

唯(うい…やだよぉ…戻ってよぉ)ウルッ

先生「ほれ!平沢!立ちなさい」

唯「やだぁ…やだよぉ…」ボロボロ

先生「お、おう…どうしたそんな嫌か」

先生「じゃあ次のやつ…」



---おひるやすみ

梓「先輩達とは部室で待ち合わせしてるから」

梓「憂、純、行こう!」

純「え?私も?」

梓「当たり前でしょ!早くいくよ」

純「冗談なのに…」

憂「うぅ…不安だなぁ…」

梓「大丈夫だよ!…たぶん」

憂「うん…」



---

律「部室でみんなと話そう」

律「そしたら憂ちゃんも何か思い出すよきっと」

唯「うい…うい…」ボロボロ

澪「もう泣くな、唯」

紬「きっと大丈夫よ唯ちゃん」

唯「ひっぐ…」ボロ

律「憂ちゃんもここまで頼られてちゃ本望だろうなー」コソ

澪「うん…憂ちゃんも心配だ」



---ぶしつ

唯「あっ!うい!!」

憂「おねえちゃん!!」

唯「うい~」ギュー


律「ん?なんだ?解決か?」

梓「いえ…憂は何も思い出せないそうです」

澪「これは…?」

梓「憂なりに気を使ってるんですよ…」


憂「おねえちゃ~ん…」ギュー

唯「うい~…」

唯「…なんか思い出した?」

憂「い、いや…」

唯「そっかぁ…」

唯「でも…さ」

唯「そのうち思い出せるよ…」

唯「おねえちゃんゆっくり待ってるからね…」

憂「おねえちゃん…」


律「ん?そういや」

律「憂ちゃん私らのことは?」

憂「えっと…」

憂「律さんに澪さん、紬さんですよね」

澪「それは覚えてるのに…」

紬「じゃあ憂ちゃん、なんでわたしたちのの名前を知っているの?」

憂「えっ…と」

憂「皆さんは軽音部で…」

憂「うっ」ズキーッ

律「大丈夫!?」

憂「は、はい」

憂「えっと…初めて皆さんが私の家に…」

憂「和さんも途中で…」

憂「それで」

憂「うーん…でもなんでだろう」

憂「なにか忘れてるような気もするんだけど…」

憂「ごめんなさい、思い出せないなぁー…」

憂「純ちゃんとここに来たり、クリスマス会したり…」


澪「んーなるほど…」

澪「ということは、唯の記憶だけが抜け落ちてるわけだ」

唯「うぅ」



澪「…どうする?」

紬「演奏しましょう!」

澪「え?」

紬「私たちの演奏を聞けば、憂ちゃんもなにか思い出すかもしれないわ!」

律「いい案だなっ」

梓「えぇ…やってみましょう」

梓「唯先輩」

唯「うん…」



---

~♪

だいすき コトコト煮込んだカレー

スパイスふたさじ経験しちゃえ…

…~

唯(うっ…)ウルッ

---

律「どう?」

憂「うーん…」

純(唯先輩途中で泣き顔なんだもん…見てられないよ)

憂「ごめんなさい…」


3