---あるあさ

憂「…んっ…」

憂「ふわぁ…あ」ぬくっ

憂「…」

憂「!?」

憂「だ…れ…?」


唯「ふぁ~…」

唯「お?ういおはよぉ~」

憂「あの…?」

唯「ん~?どしたの」

憂「ごめんなさい…どなた…ですか?」

唯「うい~朝から飛ばすねぇ」

憂「あの…本当に」

唯「んん?」

唯(のったほうがいいのかな?)

唯「は!!お嬢さん!どうしてこんな所に…」

憂「うぅ…」グス

唯(え…なにこれ)

唯「うい?あんま面白くないよぉ」

憂「…わたし…ほんとに…」グスン

唯(なんかおかしいよ…)

唯「えっと、うい、何かあったの?」

憂「…ごめんなさい…あなたは…誰ですか」

唯(がーん)

唯「え、うい、本気?」

憂「?」

唯「…えっと、わたしはういのおねえちゃんだよ」

唯「平沢唯です」

憂「ゆい…さん」

憂「えっと、なんで私の家に…」

唯「え?姉妹だもん当然だよ」

憂「だから苗字が同じ…」

唯「え?」

憂「いやなんでもないんです」

唯「…」

唯「えっと、とりあえず学校の用意しないと」

憂「はいっ、そうですよね」

憂「今、朝ごはんも作って来ます」

憂(わたし…どうしちゃったんだろう)

憂(なにか大切なことを忘れてる気がする…)

憂(あの唯さんがわたしのお姉さん…)

憂「んっ…頭が…」ズキーッ

---



唯「ういー、まだー?」

憂「はーい、もうすぐできますよ!」

唯(なんとなくよそよそしいけど)

唯(やっぱりういだよね…)

憂「はい、どうぞ」コン

唯「あっ…ありがとぉ」

唯(おいしい…ういの味つけだ…)

憂「どうですか?」

唯「うん!!すっごくおいしいよぉ!!」

憂「わぁ!そんな…ありがとうございます」ニコ

唯「…ねえねえうい」

憂「なんですか?」

唯「ほんとーーの、ほんとーーーに思い出せない?」

憂「…はい…」

唯「ほんとーーーーの、ほん…」グスッ

唯(だめ…耐えられないよ…)



-
--
---

憂「あのね…」

憂「わたしもおねえちゃんのことだーーっいすき!」

唯「エヘ//」

憂「わたしもおねえちゃんのことぜーーったい離さないよぉ」

唯「…うんっ」ペトー

---
--
-


唯「うぅ…ういと、一緒に…寝たんだよ…」ボロボロ

憂「…はぁ…」

憂(なんか大変なことになってるけど…)

憂(思い出せないなぁ…)

憂「…ゆいさん……」

唯「やめて!!」

憂「!?」

唯「ゆいさん、だなんて呼ばないで…」ボロボロ

憂「…はぁ、なんて…」

唯「おねえちゃん、だよぉ…」

憂「お、おねえちゃん…」

憂「そろそろ…学校に」

唯「…うん…」

唯「うい、先行って」

憂「え…」

唯「いいから!!」

憂「!?…うん」

憂「じゃぁ…いってきまぁーす…」

ガチャ



唯「うっ…うい…なんで…」

唯「…」

唯「ってこうしちゃいられない」

唯「調べないと…」

唯「…でももう時間ないや…」

唯「学校のみんなにも聞こう」

唯「いってきまーす…」

ガチャ



憂「あっ、梓ちゃん…と、純ちゃん」

梓「おはよー」

純「…と、ってなんだよ…」

純「ふふ、憂おはよ」

憂「おはよぉ…」

梓「どうしたの?憂」

純「なんかいつもより元気無いような…」

憂「梓ちゃん、純ちゃん…」

憂「わたし頭おかしくなっちゃった…」

梓純「えええ!?」

梓「え…憂!?」

純「憂の口からそんな…逆に本当みたいだよ!?」

憂「…」

憂「あっ…」ズキーッ

梓「憂!?」

純「これは…事件の匂い」

梓「純!」

純「てへ」



---きょうしつ

憂「なんかごめんねー…」

梓「全然!…どうしたの?」

憂「梓ちゃん、一つ聞いていい?」

梓「う、うん」

憂「私って、おねえちゃんいたっけ?」

純梓(………)

純「…憂、喧嘩でもした?」

憂「ま、まさかぁ!」

憂「朝起きたら、唯っていう人が隣に寝ててね」

憂「わたしのおねえちゃんだって」


純「ねえ梓、これって病気?」コソ

梓「…どうなんだろ」コソ

梓「ねえ憂、それ本当に本気?」

憂「ゆいさんからも言われたんだ…」

憂「ほんとーにって…」

憂「ゆいさん泣いてたよ…」

憂「私…どうすれば…」ウル

梓「と、とりあえず、学校終わったら病院行く?」

憂「え…」


2