---

ザー

憂「んっ…ンーッ」

サー

憂「雨…かぁ…」

憂「暗いなぁ…」

憂「…よしっ」ぬくっ



---

ザーザー

俺「…ん」

俺「…5時」

俺「朝から降ってんなぁ…」

俺「憂来るまで寝よ…」

俺「…zz」

俺「……zzz…」



---

憂「ちょっとたして…」

ズズッ

憂「…うんっ」

憂「これくらいかなぁ」

憂「よし!」

憂「おねえちゃんとおにいちゃん起こさないと」

憂「まずはおねえちゃん」

ドタドタドタ



---

唯「……zz…」

唯「…z」

唯「…はっ」

唯「…ゆめ…?」

唯「まぁいいや」



ガチャ

憂「おねえちゃ~ん…そろそろ」

憂「あ、起きてた」

唯「おお…うい…おはよ」

憂「おはよう、おねえちゃん♪」

憂「おねえちゃんそれ抱えたまま…」

唯「あ…そうだわたし」

唯「ギー太抱えたまま寝ちゃったんだ」

唯「ギー太ぁ~」ムチュチュ

憂「…もうご飯できたから、降りてきてね♪」

唯「はーい!」


憂(次はおにいちゃん)ガチャ



ガチャ

憂「おにいちゃ~ん」

憂「そろそろ起きて」

俺「あ」

憂「おはよう、おにいちゃん♪」

憂「もうご飯できたから、いつでも降りてきてね♪」

俺「あぁ…ありがと」

憂(おにいちゃんもおねえちゃんもすぐ起きてくれて助かるなぁ♪)



---リビング

俺「おはよー」

唯「おはよぉ…」

憂「おはよう♪」

憂「おねえちゃん…眠そうだね」

唯「ん~…なんかね」

唯「でも大丈夫だよ」

俺「もしかして…唯も風邪ひいた?」

唯「んーん、ただ眠いだけ…だけど」

唯「もう目ぇ覚めたよ!おいしそぉ…」

唯「憂、毎朝ありがとう!」

憂「エヘヘ///」

憂「おねえちゃんとおにいちゃんに久しぶりに作ってあげられるから♪」

憂「張り切っちゃった!」

俺「朝から豪勢だな…」

俺「この天気と相入れない輝きを放っている」

唯「さすがうい!わたしの妹!」

唯「モスランでも☆5つはとれるよ!」

俺(いろいろとおかしい…)

憂「そ…そんなに褒められると///」カーッ

憂「とりあえず…食べよ?」

唯「うん!!」

唯憂俺「いただきまーす!!!」




---

「終末まであと半年弱…その答えがこれかね?」

「はい。これが最も確実な答えです」

「ほう…これでなにが?」

「はい。説明いたします」

「MMOというジャンルのゲームをご存知ですか?」

「聞いたことはあるな…あのFF34みたいなものか?」

「はい。その通りでございます」

「それで?」

「MMOというのは簡単にいいますと」

「1つの世界の中で多人数が同時に遊べるゲーム」

「でしょうか。インターネットによって多人数で同時にプレイすることが可能です」

「このカプセルはそれを実際の人間で実現いたします。」

「ほう?というと?」

「はい。例えば、私がこのカプセルに入るとします。」

「私の意識はインターネット上にある仮想空間におかれ、」

「その中で、今私たちが住んでいる現実世界同様の生活ができます。」

「いいえ、それだけではありません。」

「私たちがしたいことは、膨大なパターンに登録されているものであれば即座に実現できます。」

「もちろん、1つの世界ですので、他人に迷惑をかける行動は実現できません。」

「まとめると、現実世界と何ら変わらない生活ができる上に、」

「更に自由な環境がもたらされる、ということです。」

「なるほど…。ありえないだろうが、元の世界に戻ることも可能か?」

「はい、もちろん。肉体がある限り可能です。」

「さらに20年に及ぶ人体実験研究により安全性は充分証明されました。」

「ふむ…。こっちの滅亡後はどうなるんだ?」

「仮想空間に置かれた意識は永久的にあり続けます。」

「また、人生プランを1000通り以上用意しております。」

「何度もやり直しが可能ですし苦痛を感じることも無いでしょう。」

「避難船の建造がもはや困難になった今、」

「もっとも現実的な手段はこれしかあるまい…」

「はい。最も確実で安全です。」

「…よし。作戦開始だ」

「終末の1ヶ月前には全員の移動を完了させろ」

「海外にもこれを紹介するんだ」

「新生児、入院患者、高齢者の移動を初めに義務付けろ」

---




---

ザーザー

俺「…にしてもよく降るなぁ…」

唯「ういが風邪治ったことに嬉し泣きしてんだよぉきっと」

憂「あはは、おねえちゃんすごい!詩人さんみたいだね!」

唯「ふふふ」

唯「うい、これおかわり!」

憂「はい♪」

唯「ありがと~」

俺「よく食べるなぁw」

唯「育ち盛りですから!!」



---

唯憂俺「ごちそうさまでした!!」

唯「あー食った食った」ポンポン

憂「おねえちゃんおやじみたーいw」クスクス

唯「おーうい、しんぶんはどこだあ?」

憂「はい、どうぞ♪」

唯「おーありがとう。」

唯「まったく…けいきがわるくてにっちもさっちもいかないわい!」

憂(おやじの物真似するおねえちゃんかわいい///)

唯「…あ、そういやさ、お父さんとお母さんいつ帰ってくるの?」

憂「そうだ!さっきお父さんからメールがきてね、」

憂「お父さんとお母さん明日の朝に一旦帰ってくるって!」

唯「ほんと!!?」ワーイ




---

俺「まだ雨結構降ってるけど…」

俺「滑って転ばないように気を付けてな!」

唯憂「うん!」

唯「ギー太も濡れない様にしないと」

憂「おねえちゃんが濡れちゃうんじゃないかなぁ…」

唯「私は大丈夫!!」

俺「はは…」

俺「じゃ、いってらっしゃい!!」

唯憂「いってきまーす!!」



ガチャ

俺「ふぅ」

俺「まずは片付けして…」

俺「終わったらどこ行こう」

俺「…まぁ」

俺「雨だし家でゆっくりしてるか」

俺「傘さしても濡れるしな…」



19