---

ピーピーピーピー

男1「これは?」

男2「特効薬だよ」

男1「薬?」

男2「これは本当に困ってる人を救える、究極の薬」

男1「これが…」

男2「人類を救う鍵でもあるな」

男1「はぁ」




---

バン!

俺「…いで…」

唯「…zz…う…いz…」スピー

俺「…はっ」ぬくっ

俺(なんでこっちに唯の足があるんだよ)ペロッ

唯「…んんんん…zz」

俺(結局あのまま寝ちゃったのか…)

俺(でも、こっちにいるのか俺)

俺(よく分からない…)

『05:30』

俺(まだ5時半か…)

俺(そういや憂がいないな)



---りびんぐ

俺「おはよう」

憂「あ、おはようお兄ちゃん♪」

俺「今日は日曜なのに早いね」

憂「うん…癖でね」

俺「もしかして邪魔でゆっくり寝れなかったかな?」

憂「ううん、そんなことは全然」

俺「ありがと憂、優しいな」

憂「ほほんとだよ?///」

憂「おお兄ちゃんも今日は早いね?」

俺「唯の足に強烈に起こされてね…」

憂「あはは…」



唯「おはよ~…」

憂「おはよう!おねえちゃん」

俺「おはよー」

唯「みんな酷いよぉ1人にしてぇ…」プゥ

憂「そそんなつもりは無かったよ!?ごめんねおねえちゃん」



唯「」ジー

憂「おねえちゃん?」

唯「憂さ」

憂「なぁに?」

唯「最近お疲れ気味ですな?」

憂「…え、えぇ?そんなこと全然ないよぉ」ソワソワ

唯「」ジー

憂(そんなにみないでぇ…)

唯「おねえちゃんの目を見て言える?」ジー

憂「ちょ…ほんのちょっとだけだよ…」

唯「うい~たまにはおねえちゃんに 甘えなさい!」

憂「…いつもおねえちゃんには」

唯「よし!!」

憂「ひっ」

唯「今日、ういはなにもしてはいけません!」キッパリ

憂俺(えぇ!?)

唯「せっかくの休日だからさ、今日はわたしが家事ぜんぶやるよ!」

憂「そんなこ」

唯「口ごたえしない!」

憂「はい!」

唯「よろしい!」

唯「」チラッ

俺「?」

唯「お兄ちゃんはういの見張りを頼むよ!」

俺「はぁ」

唯「ういは朝ごはんなに食べたい?」

憂「そ、そうだなぁ」

憂「バター塗って食パンが食べたいかな…」

俺(やさしすぎる…2つの意味で)

唯「ふふふ、楽しみに待ってなさい」スタスタ

憂「おねえちゃん大丈夫かなあ…」オドオド

俺「さすがにね…」

憂「みんな早起きしちゃったねー」

俺「まだ6時だもんなあ」

俺「毎日早起きしてる憂は偉いよほんとに」

憂「ううん、おねえちゃんの笑顔が見れるなら全然平気だよ♪」

俺「俺は?」

憂「え?」

俺「うぅ…」

憂「エヘヘ//冗談だよ♪」

俺「ほんとに?」

憂「ほんとに冗談だよ。いつもお兄ちゃんが見守っていてくれるから」

憂「私も安心して家事に専念できるんだよ」

憂「お兄ちゃんいつもありがとう♪」ペコリ

俺「そんな…こちらこそ…」

俺(なんか精神的にも負けてるな俺)



唯「あぢっ!」

憂「おねえちゃん!?」ガタッ

俺「あぁ憂!」



憂「おねえちゃん大丈夫!?」

唯「くそぅ…このフライパンめ…」

憂「パンだけで良かったのに…」

唯「パンだけじゃ足りないよぉ」

憂「おねえちゃん…その気持ちだけでも嬉しいからあとは」

唯「おにいちゃん!」

俺「はい!」

俺「戻ってー憂さーん」ズズズ

憂「…」ジー

俺(俺には目をくれず台所しか見ていない憂ちゃん)

俺「憂」

俺「そんなに心配しなくても大丈夫じゃないかな」

憂「そぉかなぁ…」

俺「憂だって言ってたじゃん」

俺「『おねえちゃんはやればできる人です!』って」

憂「なんで知ってるの?」

俺(あのシーンに俺いないもんな…不覚…)

俺「憂のことだから分かるよ」

憂「すごぉい…おにいちゃん」



唯「おまちどぉー!!」

とん

憂「わぁハートだぁ♪」

唯「さぁ!召し上がれ!!」

憂「いただきます」

憂「…」モグモグ

唯「…」ドキドキ

憂「…」ボロボロ

唯「うい?」

憂「おいし…おいしいよぉ…おねえちゃん…」

唯「さすがわたし!!」

俺(※目玉焼きです)



憂俺「ごちそうさま!」

憂「おいしかったぁ…」

唯「憂のために心を込めて作ったもん」

唯「当然だよぉ」エッヘン

憂「ありがとうおねえちゃん♪」

憂「じゃあお皿さげちゃうね」

唯「うん!ありがと!」

俺「…」

唯「むぁったぁぁ!!」

憂「?」

唯「ういはなにもしちゃだめ!!」

憂「これくらいだいじ」

唯「めっ!!」

憂「ひぇ…」

唯「よしよし」ナデナデ

憂「////」



俺「唯、おいでおいで」

唯「なーにー?」

俺「3人でどっか行かない?」

唯「いいね!!」

唯「ういは行きたいところあるかなあ?」

唯「うーいー!」

憂「な、なぁに?おねえちゃん」

唯「ういはどっか行きたいところある!?」

憂「え…そうだねぇ…」

憂「動物園とかどうかな?」

唯「いいね!!行こう行こう!!」

俺(獣臭いの嫌いなんだよな…)



---どうぶつえん

俺「もう高校生なんだからそんな騒ぐ」

唯「うい!!こっちこっち!!」

憂「おねえちゃん待って~」

俺「」

俺「待ち合わせしてあるからその辺で時間潰そう」

俺(あ~くせぇ)




11