---りびんぐ

俺「おはよー」

唯「おはよー!」

憂「お兄ちゃん今日はねー」

パンッ パンッ!!

唯憂「お兄ちゃん、お誕生日おめでとう!!」

唯「パフパフー」

俺「あ…」

唯「はい!お兄ちゃんにプ~レゼ~ント~」

憂「じゃーん!」

俺「うでどけい…」

唯「つけてつけて~」

俺「おおう…」

唯「よっ!男前!!」

俺「うぅ…ありがとう2人とも…」ボロボロ

憂「お兄ちゃん…」

唯「よし、憂!行くよ!」

憂「え、うん」

憂「お兄ちゃん今日はお弁当いらないんだよね?」

俺「うん」

憂「じゃあ、ごめんね、学校いってくるね!ご飯食べてね!」

俺「ああ、いってらっしゃい」

憂唯「いってきまーす!」



俺(ああ、俺が起きるまで待っててくれたのね…)

俺「これいくらぐらいすんだろう…」モグモグ

俺「人の優しさがかえってつらい…」

俺「なんでこんな幸せなことになったのか逆に怖いな」

俺「今日はなにしよう」



憂「お兄ちゃん泣いてたねー」

唯「嬉し泣きだよきっとー!」

憂「そうだといいけど…」

唯「にしてもさ、憂のプレゼント作戦大成功だったね!さすが私の妹!」

憂「エヘヘ///」

唯「そういえばプレゼントで思い出したけど~……」



俺「今夜寝たら今度はもうほんとに」モグモグ

俺「こっちに帰れなくなるかもしれない」

俺「今のうちに新しいパンツを補給しておかないと…」モグモグ

俺「毎晩あんなことすんのは絶対無理だからな」

俺「…にしてもパンツェ…どこにいったんだよ…」

俺「よし」

俺「食べ終わったら行動開始だ」



---ういのへや

俺「失礼しまーす」

俺「ちょっと前なのになんだか懐かしい感じがするな」


ガチャ

俺「いっぱいあるけど、どれにすべきか」

俺「…」

俺「なんかすんごい心苦しいぞ…」

俺「誕生日に腕時計をもらい直後に下着泥の兄貴」

俺「なんて最低なんだ俺」

俺「もう今は無理だ」

俺「ここでやれば罪悪感がずっとついて回る気がする」

俺「それも憂の顔を見る度に」

俺「絶対無理」

俺「別に今日の夜までなんだから」

俺「どうにかなるよな」

俺「散歩でもしてくるか」

俺「マラソン大会のルートでも歩いてみよう」

俺「そのあとはけいおん部員の家でも巡って」

俺「モデルは確か京都なんだっけ」

俺「修学旅行回も取材先が近くて便利だったんだろうなw」

俺「ふわぁ~あ」



---ゆうがた

俺「すっかり暗くなってきた…」スタスタ

俺「近くの楽器店でも覗いて帰るか」

俺「お」

俺「あの女子高生集団は軽音部の」

俺(中に入っていくべきか見守るべきか…)

俺(よし、唯から声をかけてもらおう)



俺「~♪」

唯「あ!お兄ちゃん!」スタスタ

俺「お、唯と軽音部のみなさん」

律紬梓「こんにちはー!」

俺「あれ?」

澪「」

俺「こんにちは」

澪「こ、こんばんは」

俺「あ、もうこんばんはだなーw」

俺(電話帳にはあるが案外普通な間柄なのかな)

唯「お兄ちゃんなにしてたの?」

俺「ああ、散歩した帰りにここに寄ったんだよ」

唯「へー」

俺「唯たちは?」

唯「これからギー太のりぺあお願いにいくんだよぉ」

唯「終わるまでみんなとお茶するんだー」

俺「へぇー楽しそうじゃん」

唯「お兄ちゃんもおいでよー!」

俺(…)チラッ


澪「…」


俺(いかない方がいいな)

俺「んー今日はいいやw」

俺「また今度な」

唯「えーなんでなんでー」

澪「ホッ…」

俺「もうだいぶ暗いしそんな長居すんなよーw」

唯「はーい」

律「じゃ行こっか」

唯「じゃーねー」



---ガチャ

俺「ただいまー」


シーン…


俺「あれ?憂はまだ帰ってないか」

俺「なんか腹減ったなー」

俺「一緒についていっても良かったかな…」

俺「まぁ今食べたら夕飯食べらんなくなるしな」

俺「今日はなんか用意してくれるかもしれないし」

俺「待っとこ」



9