俺「ん…」

ドタバタ


『おい!それおれの!』

『こら!待ちなさい!』


俺「朝からうるせえなあ…」

バンッ

妹「もう8時半だぞ!?早く起きろデブ」

俺「はいはい…」

俺「」

俺「あれ?」

俺「戻ってきたのか?」

俺「というよりあいつらが」

俺「うーむ」

俺(あ、携帯)

ピッピ

俺「画像は、ない、電話帳も、元通り」

俺「だよなぁ…はぁ…」

俺「でもあれは夢なのか…?」

俺「なんか頭痛てえ…」



俺「いってきまーす…」ガチャ

俺(いつもより身体が重い…)


(中略)



--予備校

俺(zzz)

樋口「くぉおらぁ!!」

俺「ビクッ」

樋口「おめーは昨日も居眠りしてたな?本当にやる気は…(ry」

俺(昨日?)

俺(あれはやはり夢なのか?)

俺「き の う も寝てましたっけ!」

樋口「なめてんのかてめーはよ?あ?」

俺(あれは夢だ。分かったぞ)

俺(俺の予想が正しければ…)

俺(zzz)



----

俺(zzz)

憂「おにいちゃーん?そろそろ起きないと」

俺「ああ今起きるよ」

俺(予想通り)

俺「うーいー」

憂「なぁーにお兄ちゃん」

俺「お目覚めのチューして」

憂「おにいちゃん!?///」

俺「チューしてくれないと起きれなーい」

憂「もう!寝ぼけてないで、早く起きてきてね!」

俺「くそぅ…」

俺「まあ待て、俺、チャンスはまだある」



----

憂「お姉ちゃん、いい加減起きないとー」

唯「あぁ、ういー」

憂「おはよう、お姉ちゃん?」

唯「あぁおはよううい」

ガチャ

俺「おはよう、ゆいーwwwゆいーwww」ベロベロ

唯「おおよしよしたかゆき」ナデナデ

俺「食べちゃうぞー」

唯「うわあー助けてういー」ワイワイ

俺(なんか違う)

憂(食べられそうなお姉ちゃんかわいい//)



俺唯憂「いただきまーす!!」

モグモグ

俺「ほんとにおいしいなぁ」

憂「ありがとう、お兄ちゃん?」

俺「いやいや、おれはね」

俺「憂みたいななんでもできるお嫁さんと結婚するのが夢かな」

唯「えー!!わたしは!?わたしは!?」

俺「ハハハ、唯みたいないつも明るいお嫁さんもいいかもなあ」

唯「えーなんか適当ー」

俺「そんなことないよ」

俺「ちょっと怠け者さんだけど、やる時には一生懸命やる、いつも可愛くてやさしくていい子な」

俺「そんな唯をほっとく男はいないよ」

憂「」///

唯「ふふふ。だろうねぇ」エッヘン



俺「さて、2人を送り出したら」

俺「ってなにしようかな」

俺「憂の部屋で憂のいい匂いを嗅ぎながら」

俺「憂のパンツを、頭に装着し」

俺「憂のブラを装備し」

俺「憂の靴下を履く」

俺「なんて変態な真似は…」

俺「はっ」

俺「これらを装備しながら一夜を超えるとどうなるのだろうか」

俺「そうと決まればおパンツを一枚拝借…」

俺「今日の夜はこれを履いて寝る。どうなるか実に楽しみだ」



---その夜

憂「お兄ちゃん、お風呂?」

俺「そうだよw一緒に入る?w」

憂「んーちょっと洗い物片付けておきたいから今度でいいかな?」

俺「おーいいよいいよ」

俺「じゃ、入ってくるね」

憂「いってらっしゃい?」

俺(はぁ…握り潰したくなるほどかわええ)



俺「ババンババンバンバン」~♪

唯「ふふふふ」ガチャ

俺「ぶwww」

唯「うーなんで笑うの」プンスカ

俺「唯がくるとは思わなかったからさw」

唯「憂は誘った癖にー」

俺「そりゃあね、近くに居て誘わないのは失礼かなって」

唯「イタリア人!?」

俺「おお、かわいい妹よ」

俺(とかいいながら下の方はこんなことになってまつw(AA略)

唯「うわぁ…」

俺「ん?」

唯「お兄ちゃんのおっきいね…」

俺「ハハハ」

唯「えい!」

俺「」ビクッ

唯「とぉ!とぉ!あはははwこれおもしろーいw」ビヨンビヨン

俺(人のチン○で遊ぶなああ)

俺(それ以上やるとヤバい…)

俺「唯!」

唯「なぁに?」

俺「こんなことしていいのは俺にだけだぞ!」

唯「なんでー?」

俺「大切なところは大切にあつかわないといけないでしょ?」

唯「ふーん」

俺「」

唯「じゃあ体洗うね~」

俺「あいよ」

唯「~♪」

俺(幼児体型だな…)



ガラッ

憂「お姉ちゃん!?」

唯「あ、ういー」

憂「お姉ちゃんなんで…あっ」

唯「?」

憂「私も入っていいかな?」

俺「ちょwもうはいれ 唯「もちのろんだよ~おいでおいで」

憂「ありがとう♪おねえちゃん」

俺(やべえ)

俺(こんなん憂ちゃんに見せられん)

俺(惜しいがここはひとまずタオルで隠して)

俺「じ じゃあ俺はそろそろ…」ノソッ

唯憂「えー!!」

俺「」ビクッ

唯「お兄ちゃんまだ洗ってないじゃーん」

俺「え、あれ、そだっけ?」

憂「お兄ちゃん、背中洗ってあげるよ?」

俺「じゃじゃあお願いしようかな…ハハハ」

俺(よし、椅子に座って前傾姿勢、憂が後ろならバレない)ヨイショッ

憂「痒いところはないですかー」ゴシゴシ

俺「ハハ、ありがとう」

憂「お兄ちゃんの背中大きいねー♪」

唯「ういーかわるよー?」

憂「ううん、おねえちゃんはあったまってて♪」

唯「いいや、うい!ここは任せなさい!」

憂「え…じゃあお願いしようかな」

唯「ふふふ。お兄ちゃん。その厚い皮を丹念に洗ってあげようぞ」

俺「普通にでいいぞーw」

俺「って」

ガリガリ

俺「っでええええええええ」

憂「おねえちゃんそれお風呂掃除用の!」

唯「ちぇっやっぱだめかぁ」

俺(こんの池沼がぁ…)ヒリヒリ


俺「2人ともありがとwあとは自分で洗うからいいよ」

唯「そーおー?なんかごめんねぇ」

俺「かわいさに免じて許すw」

憂「よかったね♪おねえちゃん」

唯「おぅおー…働いたあとの風呂はべっかくだねぇ」

憂「おねえちゃんおじさんみたーいw」

憂(おねえちゃん気持ち良さそうだなぁ)



俺「じゃあ俺は先上がるから、2人でごゆっくり」

憂「はーい♪」

ガチャ



俺「ふー」

俺(結局3人で湯船につかれなかったな)

俺「お」

俺「憂ちゃんと唯ちゃんの着替え」

俺「風呂の中は眼鏡とっててよく見えなかったしなあ」

俺「これを持ち去れば2人の」

俺「いや、バレるよな」

俺「んんんんん」


『ういのおっきいーwホレホレ』ツンツン

『ヒャア!』『おねぇちゃーん…///』

『とぉーww』コチョコチョ

『キャアアア』


俺「」

俺「ここで俺が何かしたら平和な日常が」

俺「それはだめだ、うん」

俺「憂ちゃんの幸せはおれの幸せだからな」キリッ

俺「」

俺「はぁ…でもなんか落ち着かない…」

俺「とりあえず今晩の用意をせねば」



ガチャ

---自室

俺「憂のパンツを」

俺「履けるわけはない」

俺「被る?」

俺「まあとりあえず保留だ」

俺「」

俺「夢の中なのに勉強が気になる…悲しい性」

俺「そういやこの夢の中で勉強すれば」

俺「記憶は消えて無かったしな」

俺「とりあえず速単でも…」

俺「やっぱだめだ、やる気しないな」

俺「はー…」

zzz



5