律「ありゃー…」

紬「………」

紬「あっ、もしもし斉藤?消して欲しいやつがいるんだけど」

紬「ああっ!?てめぇそれでも琴吹家の執事かァ!?
  明日からハローワークに通いてぇって事でいいんだなァ!?」

律「ちょっ、ムギそれはまずいって!!」

律「あ、もしもし?今ムギはちょっと興奮してて……
  はい…はい、大丈夫です、それじゃあ」ピッ

紬「りっちゃん!!止めないでよ!!」

律「まぁまぁ…」

梓「私だけじゃなく律先輩だって彼氏疑惑とかあったじゃないですか……なんで私だけ」

紬「それとこれとは全然違うだろうがァァァ!!!」

紬「おめーはりっちゃんと違って実際に彼氏がいて
  よろしくやってんだろうがよォォォーーー!!!たいがいにしろよ!!!」

梓「ひっ……」ビクッ

紬「どうせバレンタインの時のチョコも彼氏に作った残りカスだろ!?
  ほらこうやってだんだんといろんなこと思い出していくからなぁ!?
  え?どうなんだよ中野ォォォ!!!」

梓「……はいです」

紬「ちょっ……そこは否定しろよ!!もう殺す!!今すぐ殺してやらァ!!!」



律「おい澪、お前も手伝ってくれよ」

澪「しょうがないな……」

澪「なぁムギ、もう諦めよう?
  梓には彼氏がいてラブラブなんだよ。私達にそれを邪魔する権利はないさ」

紬「みっ…澪ちゃん……澪ちゃぁぁぁぁん……!!!」

澪「よしよし」

紬「澪ちゃんは……ううっ…そんなことっ…ひぐっ…しないよね?
  りつみおを貫きとおしてくれるよね?」

澪「ああ」

紬「あっ…うわあああぁぁぁん……!!!」

律「よかったよかった」

唯「うん……そうだよね…けいおん!には他にもキャラがたくさんいるよね……
  ゆいあずなんてもうオワコンなんだよね……次は誰にしようかなぁ…」

唯「姫子ちゃん?いやいちごちゃんもいいなぁ…
  でもやっぱ放課後ティータイム的にはゆいむぎだよね……ゆいういもありだけど」ブツブツ

律「こっちは相変わらずか」




律「はい、第1回放課後ティータイム会議を行います!!」

澪「おおー」

唯「ビッチビッチ……クソビッチ……中古…」ブツブツ

紬「……チッ、マジでよォ」ガンッ

梓「………」

律「梓に彼氏いたっていうのはしょうがないとして、
  これからの放課後ティータイムについて話しあっていこうぜ」

紬「あーあ、マジでねぇわ。劇場版が控えてるっていうのによぉ。
  これで興行収入ガタ落ちだわ、マジでけいおん!終わりだわーどっかの誰かさんのせいでよぉ」

梓「………」

紬「三期とかももうねぇわな。だってメンバーの一人がとんだアバズレだったからなぁ、
  もう劇場版の収録とかどうなるかわかんないよねー。
  常に「そうだよね、梓ちゃんは彼氏と来たかったんだよね」
  って被せてやっからなぁ!?おい、覚悟しとけよ中野ォ!!」

梓「……うっ…」

梓「うっ……うっ…うぇぇぇ……」ポロポロ

律(あーあ……泣いちゃった)

紬「はぁ!?何泣いてんの!?泣きたいのはこっちだっつーの!!
  バカ?お前もしかしてバカ?どんだけバカなの!?死ねよ!!」

律(容赦ないなー…)

澪「とりあえずもう……なっ?梓も反省してるからさ…ムギももうやめろって」

紬「……澪ちゃんがそういうのなら」

梓「……反省はしてないです。どうして男の人と付き合っちゃいけないんですか…?」

紬「はぁ……?おいっ!!
  今澪ちゃんがお前みたいなクズのこともちゃんとフォローしてくれたのに
  何その好意をドブに捨ててんの!?お前マジでアレよ?
  KYどころの話じゃねぇよ!!??分かってんのかよ!?」

紬「お前今の言葉プロデューサーさんやファンの前で言えんのか!?
  言えねぇだろ!?このゴキブリ肉便器野郎が!!!!」

梓「………」

律「それで、これからどうする?唯はどうしたい?」

唯「あっ…りっちゃんが私に話かけてくれた……
  りっちゃんマジ天使…そうだよね、ゆいりつしかないよね。
  うん、でも私はりつみおを1番に考えるよ、私は2番目でいいから。
  でもりっちゃんは私を裏切らないでね約束だよ?」ブツブツ

律「ダメだ話がつうじねぇ」



律「澪はどうするー?」

澪「うーん…りつみおを軸にしてのみおりつと
  ゆいむぎを両サイドに置いた4ー5ー1のシステムはどうだ?
  ディフェンスもゆいういでなんとかなるだろ」

律「うーん……厳しいなぁ…」

梓「今までどおりじゃダメなんですか……?私、このままがいいです…」

紬「お前話聞いてたの!?アスペかなんかなの!?それブチ壊したのお前だろ!?もう帰れよ!!!」

律「唯があんな状態じゃなー
  ……今までゆいあず、りつみおの2トップが強すぎてそれに頼りっぱなしだったからなー……」

澪「ゆいのどかやりついちごはあくまでもサブ的要素だしな。ゆいみおはもう古いって言われてるし……」

律「ゆいー、梓のこと許してやってくれよ」

唯「梓……?誰それ…?私そんな人知らないよ……
  放課後ティータイムは私とりっちゃんとムギちゃんと澪ちゃんの4人だよ……」

梓「( ̄□ ̄;)!!」



律「なぁ唯…私だって和に澪をとられそうになって嫉妬したことがある」

律「だってあの時の澪はまんざらじゃなさそうだったし」

律「でもさ、相手のそういうところを許せる寛大な精神ってのも必要だと思うんだ」

唯「…………」

紬「ちょっ……!!むぐっ」

澪「ムギは黙ってような」

律「唯だってホントは梓と仲直りしたいんだろ?な?」

律「ほら、梓もなんか言え」

梓「唯先輩……ごめんなさい……」ペコリ

梓「私は…唯先輩のこと大好きです…!!」

唯「………!!」



唯「ねぇあずにゃん……」

梓「……なんですか?」

唯「私と彼氏さん、どっちが好き?」

梓「………」

梓「ゆうくん(彼氏の名前)です///」

唯「………」

唯「うわあああぁぁ~~~ん!!!」

紬「マジで殺す!!そこ動くなよコラァァァ!!!」

澪「ちょっ……ムギ!!律、抑えるの手伝ってくれ!!」



さわ子「しょうがないわねぇー」

律「うおっ!?さわちゃんいつからそこに!?」

さわ子「やり直しましょう!!」

律「へっ?」




~~~~

唯「う~ん、新入部員来ないなぁ……」

律「もう憂ちゃん入れちゃおうぜ」

唯「ねぇーういー、けいおん部入ろうよー」

憂「いいよー、お姉ちゃん」

唯「やったー嬉しいなー」

紬「お茶が入りましたよー」

唯「わーい、わーい」

澪「なんか忘れてる気がしないか?」

律「んー、別に?」

唯「私もなんか…足りないっていうか」

律「そんな事よりお祝いしようぜ!!」

律「憂ちゃんの入部を祝って!!」

律「カンパーイ!!」

4人「カンパーイ!!」




梓「こっ…こっ……」

梓「こんなの嫌ですぅぅぅぅぅ!!!!」



おしまい
戻る