------

律「さてと……」

律「澪、今夜も元気にしてたか?」

澪「………」

律「ふふっ…澪しゃーん、無言で答えようとしたってダメだぜ?」

ガバッ

澪(…っ……)

律「ほら、そんなに硬くならないで私のこと見てよ?」

モミモミ

澪(…くぅっ!……絶対に……絶対にこんなの許さない…)

律「やっぱ澪の体は温かいな…」

澪(……絶対に…許さない!!…)




よくじつ!

律「おいーっす…って今日は唯だけしか来てないのか?」

唯「…う、うん…あずにゃんもムギちゃんも用事があるって…」

律「へぇ~、そっか…」

唯「………」

律「………」

律(まぁ…ちょうどいい機会だし、
  何で最近私の事見てるのか、問いただしておくか)

律(いざとなったら、奥の手も考えてあるしな…)

律「あのさ~唯?ちょっと聞きたいんだけど?」

唯「な、何かな?」

律「何か最近、ずっと私の事見てる気がするんだが…
  何か言いたい事でもあるのか?」

唯「!!」

律「その表情は図星か?」

唯「え、えへへ~…りっちゃん何言ってるのかな?」

律「……正直に言えよ?」

唯「う、うんたん♪うんたん♪うんt」

律「正直に言えってんだよ!!」

唯「ひっ!!…」

唯「ほ、本当に何でもないよ…ううん、きっと私の見間違えだから…!!」

律「!?」

律(ま、まさか…こいつ、あの夜の事をどこかで見てたのか!?)

律「ど、どういう事だよ…見間違えって…」

唯「あ、あっ!ごめん!やっぱさっきの言葉は忘れt」

律「どういう事なんだよ!?」

唯「…う、うぅ……言っても…きっとりっちゃんは信じないよ!」

律「いいから言えよ!」



梓「そこまでです、律先輩!」ガチャッ

律「あ、梓…!」

梓「さっき…ムギ先輩から連絡がありました」


梓「自宅で澪先輩の遺体が見つかったそうです…
  どういう事なのか説明してくれますね、律先輩!」

律「……何で……気付いたんだよ…?」

梓「最初に澪先輩の家を調べてくれって言ったのは唯先輩でした…」

唯「…………」


律「あはは…やっぱお前は油断できない奴だよな、唯…」

唯「…りっちゃん…」

律「で、お前達は私をどうする気なんだよ?」

梓「今すぐ自首してください、律先輩…それが私達の総意です!」

律「もう…遅いんだよ、何もかも…!!」ガサゴソ

梓「…!?」

唯「…りっちゃん…今度はその包丁で私達を殺すの?」

律「あ、あぁ!そうだ!…これで私は澪に触れる事ができないからな!
  せめて…せめてお前等を道連れにしなきゃ気がすまない!」

律「そうだよ!私はあの夜に澪を絞め殺したんだよ!
  でも、それからずっと私と澪は愛し合えてた!」

唯「違うよ!澪ちゃんはこんな事になるのを望んでなかった!」

律「うるせぇ!お前に澪の何が分かるんだ!
  …私はずっと…初めて会った時からずっと…澪が好きだったんだ!」

梓「お願いですからやめてください律先輩!」

律「もういいよ…私と澪の邪魔をするなら
  お前等も…二人仲良く消してやる!」

梓(…っ…私はどうなっても構わないから、唯先輩だけでも!)

唯「じゃあ…りっちゃん、一つだけ…いいかな?」

律「な、何だよ…?」

梓「唯先輩!今は下手に律先輩を刺激しないほうが!」

唯「ううん、いいんだよあずにゃん…
  これは言わなきゃいけない事だから…」

唯「りっちゃん…私ね、実は澪ちゃんが休み出した日から気付いちゃってたんだ」

律「…………」

律(やっぱりこいつ…)

唯「澪ちゃんがもう死んじゃってたんじゃないかって…」

律「…!!」

律「まさか、澪の家に監視カメラでも仕掛けたのか?」

唯「ううん、そんな事してないよ…」

梓「ど、どういう事なんですか唯先輩?」


唯「最初は…ずっと私の見間違えかなって思ってた…」

律(何で…何でなんだ唯?)

唯「でも…日に日にこれは見間違いじゃないって気付いたんだ…」

律(何でお前はいつもいつも…)

唯「今でもそう…ねぇ、りっちゃん…」

律(授業中でも部活中でもいつもいつもいつも…)

唯「りっちゃん!…どうしても聞きたい事があるんだけど…」

律(私の目じゃなくて……)







律(肩を見てるんだよ!!!?)

唯「どうしてりっちゃんはいつも澪ちゃんをおぶってるの!!?」





律「……は、はは……冗談…だよな?…」

唯「…………」ジーッ

ググッ

律「!?…な、何だよ!?何で勝手に手が持ち上がって…!?」

唯「や、やめて!澪ちゃん!」

律「は、離せっ!!…やめろ…やめろ…!!」

澪『ユルサナイ…』

律「!?」

澪『ゼッタイニ…ユルサナイ…!!』


唯「やめてぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!」


ザクッ



紬「結局…澪ちゃんに続いて律ちゃんまであんな事になってしまって…」

梓「……これじゃあもう、部活どころじゃないですからね…」

唯「…………」

紬「じゃあ…最後のティータイムを楽しみましょう…」

--------



紬「それじゃあ唯ちゃん、梓ちゃん…また明日ね!」

梓「はい、それではまた明日…」

唯「………」

梓「唯先輩…気をしっかりと持ってください」

唯「うん…明日はりっちゃんのお見舞いに行かなきゃね…」

唯(あれから一ヶ月…りっちゃんは何とか一命を取り留めて
  病院に居るけど…)

唯(…本当に帰ってこれるのかな…)



律「………」

澪『ユルサナイ…』

律「………」

澪『ユルサナイ…』

律「………」

澪『ゼッタイユルサナイ…』

澪『 ズ ッ ト イ ッ ショ ダ ヨ 』



完!






駄文にお付き合いいただきありがとうございました!

そして誤字が多くて本当にスマソorz


話自体が短かったのと、突然の超展開は俺の力量不足としか言えません

本当に申し訳ないですorz


USOって番組で紹介されてた都市伝説の「背中にいるもの」って話が
一応元ネタです