紬「やっぱり澪ちゃんが居ないと寂しいわね…」

紬「まさかインフルエンザに罹かっちゃうとは…」

律「あ、あはは…あいつ、あぁ見えても
  結構病気とかに弱いとこあったからな」

梓「まだ澪先輩の具合治らないんですか?」

律「昨日電話で話した時はまだ辛そうな感じだったな…」

梓「はぁ…早く治ってくれればいいんですけど…」

唯「………」ジーッ

律(う…相変わらず唯の奴、何か疑う様な目を私に…)

律(言えるわけないよな…まさか澪にあんな事しちまったなんて…)




数日前

澪「何だ、まだ起きてたのか?」

律「えっへっへ~、何か今日は集中力なくてさ…」

律(こうして澪の部屋に来るのも何回目だろうな~、
  やっぱり何回来ても飽きないな)

澪「全く、ノート写すのに何時間掛かってるんだか…」

律(湯上りの澪も可愛いなぁ…)

澪「?…そ、そんなにマジマジと見てどうしたんだ?」

律(何かもう…今日はやっぱり変だな…
  夜中遅くまで澪の家に来るのなんて今に始まった事じゃないのに…)

澪「ど、どうしたんだ律?…」

律(澪が悪いんだ…こんな無防備に私に接するから…)

ガシッ!!

澪「え、えっ?…な、何を…」

律「澪……好き……」

澪「な、何を言って…んむっ!?…////」

律(…キス……しちゃった……)

律(もう…ここまで来ちゃったら引き返せないよな…)

澪「……っ……ぷはっ!!……////」

澪「り、律!…やめ……!」

律「澪が…悪いんだよ…」サッ

モミモミ

澪「ひうっ!?…り、律…いやっ!…////」

律(澪の胸…あったかい……可愛いよ、澪…)

澪「っ…り…つ……やめて…!!…////」

律(そんな涙目で訴えられたらやめれる訳ないだろ…)

澪「やだ!…こんなの……いやぁぁぁぁっ!!!」


パシン!


律「っ!!……澪……?」

澪「バカ律っ!!…私だって…私だって律の事…好きだったけど…」

澪「でもこんな事は嫌なんだよ!…こんな…こんな…」グスッ

律「…………」

澪「…いつもみたいに…お前が冗談言って、私が叩いて…それだけで…」

澪「それだけで私は十分だったのに…!!」

澪「……-----なきゃよかった……」

律「え?……」


澪「律なんかと出会わなきゃよかった!!…」

律「み、澪…今…何て言った?…」

澪「お前なんかと出会わなきゃ良かったって言ったんだ!…」

澪「ぐすっ…そうそれば…そうすれば…私はこんな…こんな思いをせずに…」


律(……えっ?…そんなのって…そんなのって…ないよ……)


律(でも…私はそれだけじゃ…)

律「澪…?」

澪「……な、何よ…?」


律「ごめん…」

ガシッ ググッ

澪「かはっ!?…ぁ…ぅ…」

律「私は満足できないんだ…澪の全部を手に入れなきゃ…」

澪「くっ……がっ!……ぁ…」

律「澪の笑顔も、泣き顔も…髪の毛も、体も、流れる涙も…
  全部手に入れなきゃ満足できない…」

澪「……ぅ………ぁ……ぁ」

ギリッ ギリッ

澪「……り………づ………」


律「……本当にごめん…澪…」

ガクッ



律「はぁっ…はぁっ…これで…澪は…!!」

律「…澪は私のモノ…!!」

律「とりあえず、澪の両親は暫く帰って来ないんだ…
  私の好きなように澪を…!!」

-----------------



梓「律先輩!!」

律「ふにゃ?…」

梓「もう、寝不足なんですか!?もう部活終わっちゃいましたよ!」

律「あ、ああ…ごめん!」

紬「何だか律ちゃん、澪ちゃんが休み出してから元気ないわね?」

律「まぁ、あいつが居ないと調子狂うからな~」

紬「まだお見舞い…駄目なの?」

律「仕方ないよ、下手に会いに行って
  私達にインフルエンザうつされたら大変だろ?」

紬「そ、それもそうね…」

唯「…………」ジーッ

律「な、何だよ唯…私の方ばかり見て…」

唯「な、何でもないよ!」



律「さてと、そろそろ帰るか?」

紬「そうね…時間もちょうどいいし、そろそろ帰りましょう」

----



律「それじゃな!」

梓「はい!また明日です律先輩!」

紬「またね、律ちゃん!」

唯「…………」ブツブツ

梓「?…どうしたんですか唯先輩、そんな怖い顔して?」

唯「………澪ちゃんが----」

紬「え?…澪ちゃんが?」

唯「ほぇっ!?な、何でもないよ!…」

紬「?…そ、そう?…」



2