放課後

澪「しかし大変なことになったな…」

紬「私たちも一緒に探してれば…」

律「とにかく学校の中を手分けして探そう!」

梓「…そうですね!唯先輩ならどっかで寝てるってこともありえますし」

律「よし!さっそく探すぞ!」

澪「わかった」

紬「じゃあ私はあっちの方を」

梓「私はこっち探します!」

律「よし、見つからなかったらまたここに集まってくれ!」

澪紬「うん!」

梓「はい!」



―――

律「……はぁ」

澪「お~い律!見つかったか!?」

律「あ、澪ぉ…こっちは駄目だった…」

紬「皆~唯ちゃんいた~?」

澪「ムギ!ううん、見つからなかった」

梓「一体どこ行ったんでしょうね…」

律「……ん?」

澪「どうした律?」

律「あれ唯じゃないか?」

澪紬梓「えっ!?」

そこには廊下の奥で唯が手招きをしていた

律「あいつ…何やってんだ?」

澪「と、とにかくいこう!」

梓「はい!」

律「ったく、あいつあんなとこで何して…あ!!!」

律達が唯のところへ向かおうとした時、唯が横に姿を消した

澪「あいつどこに行く気…」

紬「な、何か変ね…」

梓「いつもの唯先輩じゃ…」

律「とにかく行くぞ!」

―――



澪「はぁ…はぁ…確かこっちの方に…ん!!!」

梓「唯先輩!」

律「地下の方へ降りて行ったみたいだぞ!」

紬「私も行きましょ!」

律「資料室…」

澪「なんでこんなとこに」

紬「とりあえず入りましょ」

律「おう!」

ギィ…

梓「わっ!すっごい暗いですね…」

澪「本当にこの中に唯いるのか?」

律「あぁ多分な。とりあえず探すぞ!」

紬「うん!」

澪「えーと電気電気…あった」

カチ

澪「うそ…電気がつかん」

律「はぁ!?しょうがない。手探りでいこう」

澪「こ、怖いな…」

紬「気をつけてね律ちゃん…」


律「しかしくっれえな…」

澪「ひいい何か出そうだぞぉぉ…」

紬「……ん?あそこに誰か…」

梓「ゆ、唯先輩じゃないですか!?」

律「何っ!?お~い唯…」


ガタッ


律澪紬梓「へっ!?」

案の定足場が崩れた


律澪紬梓「きゃああああああああ!!!!」

ゴロゴロドッカーン

―――



3