律「ん、どした唯?」

唯「え!…あ、あのねギー太がないの…」

律「えぇ?さっきまで練習してたじゃんか」

唯「うん…」

澪「わたしたちが職員室行ってる間になくなったのか?」

唯「分かんない…」

紬「ま、まさか盗まれたの?」

唯「ええええ!!!!」

梓「でも私たち少ししか職員室にいませんでしたよ」

律「う~ん…謎だ」

澪「でも本当に盗まれたとしたらまずいじゃないか!」

唯「…私…ちょっと探してみる!」

律「じゃあ私たちも一緒に!」

唯「ううん、私一人で探すから皆は帰ってて!」

澪「でも…」

唯「大丈夫大丈夫!」

律「…そうか、わかった!盗まれてないことを祈るぞ!」

唯「うん、ありがと」

紬「じゃあね唯ちゃん!」

唯「うん、バイバ~イ!」


律澪梓紬「ガヤガヤ」


唯「………」



唯「さて…一体どこいったんだろう…」

唯「…教室でも探してみようかな」

―――



唯「ん~ないな」

唯「本当どこいったんだろ~」

唯「………」キョロ

唯「まさか本当に盗まれたのかな…」

唯「…まさかね」

唯「はぁ…教室にはないか…」

唯「違うところ探してみよ」

―――



唯「ん~あとありそうなとこ、ありそうなとこ…」

唯「……ん?」

唯「…ギー太?」

唯が廊下を歩いているとギー太らしきものを持っている女が奥に立っていた

唯「ギー太だ間違い!本当に盗まれたのかな!?」

唯「とにかく取り返さなきゃ!!!」ダッ

唯が走って近付こうとした瞬間女が階段側に走っていた

唯「あ!ちょっと…」タタタ

唯「や、やっぱり盗まれたんだ、取り返さなきゃ!」タタタ

唯「待っててギー太!絶対取り返すから!」タタタ

唯「………」タタタ

―――



唯「はぁ…はぁ…」

唯「えーと確か階段側に走っていったよね…」

唯「あ!!!」

女が階段で地下の方に走っていく姿が見えた

唯「ま、待って!!!」

―――



唯「はぁ…なんだろここ…」

唯「てかこの高校地下なんてあったんだ…」

唯「資料室か…多分この中に女の人が…」

唯「よし!!!」


ギィ…

唯「うわっ暗い…」

唯「えーと電気電気…」

唯「あ!あった」

カチ


唯「…あれ?」

唯「…壊れてるよ」

唯「うぅどうしよ…」

唯「でもきっとあの女の人この中だよね…」

唯「…あのー!!!誰かいますかー?」


シーン


唯「…返事がない」

唯「てか凄い荷物の量だなぁ…ずーと掃除してないのかな…」

唯「…もうちょっと奥探してみようかな」

―――



唯「あのう…誰かいませんかー!?」

唯「………」


唯「……ん?」

うす暗い中人影のようなものが見えた

唯「…さっきの女の人?」

唯「あ、あのう…私のギター…」


ガタッ


唯「え!?」

その時、唯の足場が崩れた


唯「きゃああああ!!!!」

ゴロゴロドッカーン

唯「う…うぅ…」

唯はそのまま気を失ってしまった

―――



律「あっはよ~ムギ!」

紬「あ!律ちゃん、おはよ~」

律「あれ、唯は?」

紬「あぁ唯ちゃんならまだ来てないみたい」

律「えぇマジか!?昨日大丈夫だったかな~」

紬「私も昨日は心配で心配で…」


ガラガラ

先生「よーし席についてー」

先生「いきなりだけど、昨日平沢さんが家に帰ってないらしの。誰か何か知らない?」

律「ええっ!!?」

紬「そんな…」

先生「誰も知らないか…事件の可能性もあるわね、後は先生たちが…」

律「嘘だろ…」

紬「ど、どどうしよう律ちゃん!?」

律「と、とりあえず落ち着こうムギ!」

紬「うん…でも一体どこに…」

律「…大丈夫!多分学級のどこかで寝てんじゃないかな、はは…」

紬「そうだといいけど…」



2