澪「一緒にいこう律!」

律「嫌だ!」

澪「ど、どうして……オープニングセールやってるんだぞ」

澪「ほら見てこのチラシ!」ガバッ

律「澪、近い近い……近すぎて見えない」

澪「婦人デニムが1480円! おしゃれなパーカーが970円!」

澪「カットパンツが700円だぞ!! いくしかない!」

律(行けよ勝手に……)

律(ていうかマジでだせぇ……)

澪「うわー、このカーディガン可愛いな……あ、先着100名様だって! まだ残ってるかな」

澪「律の好きそうなチノパンツもあるぞ」

律「どれどれ……あ」

律(こりゃねーわ……中学生でも着てないだろこんなの……)

澪「安いのに結構良さ気だな!」

律「盲目的だ」

澪「部室用のクッションも買ってこようか。こんなに可愛いのに990円!」

律「いやいやいや結構! 間に合ってるから」

澪「とにかく行こう! 間に合わなくなっちゃう!」

澪「まったく、どうして平日にオープンするんだ。土日なら朝からいけたのに!」




澪「ついた!」

律「なんで駅からちょっと離れた場所にあるんだよアクセス悪いなぁ」

澪「ほら上見て!ファッションセンター し ま む ら って書いてある!!!」ワクワク

律「そりゃ書いてるだろーよ。しまむらだもん」

澪「しまむらはな、世界的に見ても素晴らしい業績の大企業なんだぞ」

律「知りたくもねーし、それ言ったらユニクロの方が上だろ」

澪「ユニクロと一緒にするな!」ズビシッ

律「ダァッ……なんなんだよぉ」

澪「入ろう! 早くしないと売り切れちゃう!」



ウィーン


\いらっしゃいませぇええ!/


律「さすが新店舗。気合入ってるな」

澪「うん。お客さんもいっぱいだ。うふふ」

律「じゃあ私外でジュース飲んで待ってるからあとは適当に……」ソロリソロリ

澪「まて」ガシッ

律「ひーん! 別にいま服欲しくないって!!」

澪「いまこの瞬間。安い時に買っておかないと損するぞ!」

律「なんでだよ!」

澪「しまむらは……いや、ファッションってのは一期一会なんだ」

澪「今日気に入る服が仮にあったとしても、明日にはもうないかも」

澪「一生手に入らないかもしれないんだ! 律はそれでいいのか!」

律「いいよ別に」

澪「くぅ……っ」

律「いいからいってこい」

澪「ついて来てくれないの? 一緒に選んでほしいのに……」

律「そんな目でみるなよ」

澪「きてよ……」

律「う、うん……じゃあちょっとだけな」

澪「やった! ほら、まずはカットパンツを入手しよう!」グイグイ

律「はは……なんでそんな楽しそうなんだよ」

澪「しまむらに来るだけで私は笑顔になれるんだ!」

律「ふーん……」

澪「あはは見てみて、この服かわいい!」クルクル

律「おう……可愛いじゃん」

澪「買おうかな!?」

律「澪のお好きなよーに」



律「……」キョロキョロ

澪「どうした?」

律「いや、思ってたよりけっこうバリエーション豊かだなって」

澪「そうだろ! それがしまむらの良いところなんだ! しかも安い! 高品質!」

律「それはしらないけど……」

澪「ほらこのパジャマ! どうかな!」

律「それ唯がきてそう」

澪「え、じゃあやめる……」

律(なんでだよ)

澪「下着もついでに買っておこうかな」

律「あー下着か。肌着くらいなら私も買おうかな」

澪「律の買うの!?」

律「え、ダメ?」

澪「買おう! 一緒の買おう!」

律「なんでおそろい買わなきゃいけないんだよ」

澪「このショーツとかどうかな!」

律「んー……」

みょーん

律(すげぇ伸びる……)

澪「つけ心地が優しそう……」ホワァ

律「……」

澪「あぁ……こっちのもイイ感じ……顔うずめたくなる柔らかさだ……」

律「買えよ……」

澪「律はどれにする?」

律「このファイバーヒートってやつためしてみる」

澪「あぁ、唯も冬場はこれのシリーズのタイツはいてるな!」

律(あれ……ユニクロじゃなかったけ唯の)

澪「あったかくてすごい優しいんだ……」

律(優しいとかしらねーよ……)



澪「よし、下着類はこれでいいかな」

律「こんだけ買っても2000円ちょいか」

澪「な? な!?」

律「……なにが『な?』なんだよ」

澪「ふふ……だんだん律もしまむらのこと好きになってきただろ?」

律「まぁまぁな」

澪「えへへへ」

律(別にそうでもない……っていったら怒るんだろうなぁ……)

澪「次帽子みていい!?」

律「いいよ。この際とことん付き合いますって」

澪「ありがとう! 誘ってよかったよ!」

律「……いいたいことは色々あるけど」

澪「?」

律(ま、楽しそうだしどうでもいっか)


2