A子 「C子は私の友達で、なおかつ憂ちゃんの友達でもあって。だったらみんな揃って遊びに行くのも自然な流れでしょ??」

B子 「私とはほとんど面識ないんだけど・・・」

純 「私もだよ」

A子 「細かいこと言いこなしだって。友達の友達は友達だって言うじゃん。世界に広めよう、友達の輪ってね!」

B子 「・・・あんた、何歳よ?」

A子 「なはは。てな感じで、みんなで親睦ふかめようってわけよ。ね?憂ちゃん、だめ・・・?」

純 「・・・憂」

憂 「・・・良いよ」

純 「・・・」

A子 「やった、決まりね!てことで、B子もウダウダ言わずに付き合いなよ。ね?」

B子 「嫌だとは言ってないでしょ。もう、分かったわよ」

純 「憂、良かったの・・・?」ボソッ

憂 「うん・・・」

A子 「じゃ、C子には伝えておくからね。いやぁ、あいつ喜ぶよ。なんだか、ずっと憂ちゃんと話したそうにしてたからさぁ」

憂 「私も・・・寿さんとは話がしたかったの。キチンと伝えなくちゃいけないことがあったから」

A子 「・・・そうなんだ?」

憂 「うん、色々・・・」

A子 「そっかそっか♪」

純 「憂・・・」

B子 「さ、話もまとまったところで食事にしましょう?お昼休みは有限なんですからね」

A子 「賛成!さぁ者ども、お弁当を広げろー!」

純 「・・・」シーン

A子 「て、あ・・・あれ?純、お弁当は?」

B子 「まさか忘れちゃったの?」

純 「のののん。今日はね、愛妻弁当のデリバリがあるのだよ!ね、憂?」

憂 「えへへ・・・そう。はいこれ!」ドン!

A子 「おおお、なんだお前!憂ちゃんに弁当作らせてるの?」

純 「違うって。昨日、急に憂が電話してきてさ。今日のお弁当は用意しなくてもいいって言うから」

憂 「そうなの。私から作らせてってお願いしたんだよ」

B子 「へぇ、憂のお手製をまるまるいただけるなんて、果報者じゃないの。純・・・?」

憂 「そんな、大した中身じゃないんだけれど・・・」

A子 「んなわけあるか!うわぁ、気になるっ。純、早く蓋をあけて見せてよ」

純 「慌てなさんなって。それではぁ・・・じゃじゃん!ご開帳ぉー!」


パカッ!


A子 「おお・・・?」

B子 「こ、これは・・・」

純 「・・・」

憂 「えへへ・・・どうかな?」

A子 「これは顔・・・だね。ご飯に海苔やウインナーで顔が作ってある・・・」

B子 「そして、頭の左右には大きな鳥の唐揚げ・・・これって、どう見ても・・・」

憂 「憂の特製!純ちゃん弁当だよっ!」

純 「・・・!!!」

憂 「昨日、お弁当の献立を考えていて、思いついたんだ。冷蔵庫に鶏肉が残ってて、それでね」

純 「・・・」

憂 「私ね、いつも思ってたの。純ちゃんの頭って、ふわふわしてて美味しそうだなぁって」

純 「・・・!!!」

憂 「でね。揚げたての唐揚げと純ちゃんの頭のイメージがね、ピッタリはまっちゃったの。ま、お弁当だから揚げたてってわけにはいかなかったんだけど・・・」

A子 「ああ・・・」

B子 「ちょ、ちょっと憂・・・」

純 「・・・」フルフル

憂 「純ちゃんには色々お世話になってるし、だからね。普段の感謝の気持ちを込めて・・・」

憂 「作ってみました!唐揚げ純ちゃん弁当だy
純 「うわぁあぁぁぁああああああん(泣)!!!」

憂 「!!??」

A子・B子 「あーあ・・・」

純 「ひどいよ、憂!私がこの頭をセットするのに、どれだけ大変な思いをしてるかも知らないで!」

憂 「え?え?」

純 「毎朝はやく起きてがんばってセットして!それでも湿気の多い日には上手くまとまらなくて苦労して・・・!」

憂 「じゅ、純ちゃん??」

純 「そんな私の頭に向かって、唐揚げとか美味しそうだとか!うわーーーーん!!」

憂 「あ、あの・・・」

純 「どうせ私の頭のこと、ほどいたらアフロだとか、髪の毛ビックバンだとか思ってるんでしょ!びえーーーーん!!」

憂 「ええ!?そんなこと思ってないよー・・・あ、あう・・・A子ちゃん、B子さん・・・」

A子 「地雷踏んじゃったね・・・」

B子 「純、無頓着なように見えて、これでけっこう髪の毛にコンプレックス持ってるのよ・・・」

純 「おぎゃあああああ!!!」

憂 「えーーーーー!」

純 「うう・・・ぐすぐす・・・」

憂 「ご、ごめん。ごめんね・・・純ちゃん・・・」ナデナデ

純 「知らないもん」プイッ

憂 「うう・・・本当にゴメンね、純ちゃん。でも聞いて。決して悪気はなかったの」

純 「・・・」

憂 「純ちゃんは色々不満を持ってるみたいだけれど・・・私は純ちゃんの髪の毛って大好きだよ」

純 (じーーー・・・)

憂 「疑ってる?見て!私のこの目を見て!これが嘘を言ってる目に見える!?」

純 「う・・・だ、だって・・・そう言われたって・・・」

憂 「本当だよ!じゃなけりゃ、唐揚げに例えたりなんかできないもん!」

A子 (じゃなけりゃ・・・て、どんだけ唐揚げが好きなんだ・・・)

純 「じゃ、じゃあさ・・・その・・・私の頭。ど、どんな所が好きなの・・・?」

憂 「う、うん。さっきも言ったけど、やっぱりふわふわで柔らかそうなところかな。可愛いんだもん」

純 「か、可愛い・・・///」

憂 「そうだよ、可愛いよ!キュートだよ!それにね?純ちゃんの髪の毛を見てるとね・・・」

純 「うん・・・」

憂 「カラアゲのほかにも、ワタ飴とか。あとあと、シュークリームとかも思い浮かんじゃうの。どっちもふわふわでもふもふ!」

B子 (けっきょく食べ物じゃないの・・・)

憂 「大好きなんだ、私」

B子 (それは単に食べ物の嗜好の問題じゃ・・・)

憂 「だから!私は純ちゃんの髪の毛が大好きなんだよ!」

A子 (だからって何が!?)

B子 (食べ物の話しかしてないのに、言い切った!!)

純 「ありがと、憂!嬉しい!」パァー

A子・B子 「納得したー!?」


そして・・・


憂 「純ちゃん、カラアゲ美味しい?」

純 「うん!衣がサクサクで中身ジューシー!とっても美味しいよ!」

憂 「よかったぁ。じゃあ、また今度作ってくるからね」

純 「やったぁ!憂、大好き!」

憂 「えへへ・・・私も純ちゃん大好き!」

A子 「・・・なんだろね」

B子 「まぁ、似たもの同士ってことで良いんじゃない?」

A子 「どっちも天然ってこと?」

B子 「そういうことね」


こうして、純ちゃんは髪の毛のコンプレックスを少しだけ解消できたのでした。

これはとある日の、ありふれた日常の一コマ。

そんなお話でした。


A子 「いやいや、釈然としないって!」


第七話に続く!



第七話 憂「失恋」



五月のとある日曜日!

平沢家!憂の部屋!!


憂 「○○社 ○×編集部・・・宛っと・・・ できた」

憂 「う~~~・・・いざ応募となったら、やっぱりドキドキするよー・・・」

憂 「こ・・・酷評されたらどうしよう。な・・・泣いちゃうかも、私・・・」

憂 「~~~っ!」

憂 「え~~~い!応募するって決めたんだ!今さら引っ込み思案はなし!あたって砕けろだよ!」


原稿の入った封筒をデザインバックに放り込むと、意を決して部屋をでる。


憂 「お姉ちゃ~ん。私、ちょっと出かけてくるから」

唯 (ヒョコッ)「あれ?憂、どこ行くの~?」

憂 「うん。ちょっと野暮用~」

唯 「そっかぁ・・・えへへ・・・帰りにアイス買ってきて欲しいなぁ」

憂 「えー・・・帰り、ちょっと遅くなっちゃうよ。お姉ちゃん、自分で買ってきたら?」

唯 「だって面倒くさいし・・・待ってるから。 ねぇ、憂~。アイスアイスぅ~~~」

憂 「くすっ。しかたがないなぁ。いつものバニラので良いんだよね?」

唯 「やったぁ。憂、大好き!」

憂 「もう、調子いいんだから。それじゃ、行ってきまーす」

唯 「いってらっしゃ~い。気をつけてね!」



マック店内!


純 「あ、憂!こっちこっちー!」

憂 「純ちゃん!待たせちゃった?」

純 「ふっふ。そんなん、今きたばっかりだよ。・・・なんてね」

憂 「あはは。純ちゃん、男前」

純 「今さら、そんな分かりきった事を。・・・おっと、俺に惚れるのはなしだぜ?火傷じゃすまないからな」

憂 「そっかぁ。それは残念!」

憂・純 「あはは!」

純 「で、マンガは投稿してきたの?」

憂 「うん、今さっき。ここに来る途中で投函してきたよ」

純 「おー。ついに、ついにですか!」

憂 「ああ・・・発表はまだ先なのに、今からドキドキするよー・・・」

純 「未来の大先生がそんなキモの小さいことを仰ってどうしますか。後はなるようにしかならないんだし、気を大きくもって構えてなよ」

憂 「そうは言うけれどー・・・ていうか、大先生って・・・」

純 「ま、ま。ここは一杯グーッっとやって、気分を落ち着けちゃって下さいませ!」

憂 「シェークだけどね」

純 「そ、バニラシェーク」

憂 「・・・うん。いただきます」


ストローをパクッとくわえ、シェークを一口すする。

とたんに濃厚な味わいが口いっぱいに広がり、バニラの甘ったるさが高まった緊張を静めてくれる。

不思議だな。

ただのバニラシェークなのに、純ちゃんと飲むそれは、どうしてこうも心を落ち着かせてくれるんだろう。


純 「どう?」

憂 「うん、ちょこっとだけ。落ち着いたよ」

純 「それは良かった。へへ・・・それにしても・・・」

憂 「?」

純 「いよいよ、憂の夢が形になって動き始めたわけですなぁ」

憂 「といっても、まだどうなるかなんて分からないけれどね」

純 「そうだけど。でも、動かなきゃ何も始まらないから。踏み出した一歩は大きいと思うよ」

憂 「・・・うん」

純 「発表って、いつだっけ?」

憂 「夏休みに発売される号に、名前が載るよ」

純 「夏休みか!」

憂 「採用されたらだけどね」

純 「こりゃ、夏の楽しみが増えたねぇ。へっへ、ねぇ?」

憂 「楽しみ半分、怖いの半分ってところかな」

純 「ありゃ、やはり気弱でいらっしゃる」

憂 「それは、気弱にもなるよ。私の夢の第一歩。その初めての挑戦なんだから・・・」


いつか絵で。マンガを描いて生活をしたい。

いつしか抱き始めた、私の夢。

始まりは、ただお姉ちゃんを書き綴るためだけのマンガノートだった。

お姉ちゃんを描いて、報われない自分の想いを慰めて。ただそれだけで満足していた。そのためのノート。

それが純ちゃんと出会うことによって、意味合いを大きく変えていく。

お姉ちゃんのみで埋め尽くされていたノートには、純ちゃんをはじめ私と関わった色々な人たちが一緒に綴られるようになり。

やがて私の想いはノートを離れ、原稿に。将来への夢として結実した。


憂 「・・・」

純 「・・・憂?」

憂 「純ちゃん、ありがとう」

純 「おう、どういたしまして♪で、なにが?」

憂 「えへ・・・マンガのこと。純ちゃんと出会わなかったら私。きっと、こんな夢を持つことってできてなかったと思うの」

純 「え・・・や、そんなことないでしょ」

憂 「ううん。純ちゃんが一番最初にね。色々アドバイスをしてくれたから。じゃなかったら私・・・」

純 「憂・・・」


(純 「うん。前にも言ったけど、お話。作ってみたら?ほんとにマンガ、描いてみりゃいいんじゃないかなー」 )

(純 「だったらさ!お姉さんをモデルにお話も作っちゃえばいいじゃん!」)

(純 「お姉さんの事なら良く見てるだろうし、あんなに面白いお姉さんだもん。きっと楽しい話の一つや二つ、ホホイとできちゃうって!」)


憂 「出会ったばかりの頃、純ちゃんが言ってくれた言葉。今でもキチンと覚えてるよ」

純 「うん・・・」

憂 「だから、これはね。純ちゃんが・・・私にくれた夢なの」

純 「そっか・・・へへ、そう言ってもらえると、うん。悪い気はしないね。へへ、へへへ・・・」

憂 「えへへ・・・」

純 「だけどさ。ここまでこられたのは、やっぱり憂がさ・・・憂ががんばったからだよ」

純 「だってさ・・・憂、色々あったもんね。大変だったもんね・・・あの頃・・・」

憂 「純ちゃん・・・」


そう。色々あった。

心を失ってしまった、あの頃のお姉ちゃん。

そして、なす術を知らずに、ただ右往左往していた私。

正直あの頃の私には、自分の夢の事なんか二の次だった。

とにかくお姉ちゃんに元に戻って欲しくて、色々と手を尽す日々の連続で。


・・・けれど。


純ちゃんは、私が頑張ったって。そう言ってくれるけれど・・・

私はけっきょく、お姉ちゃんに何をしてあげることもできなかった。

そう。所詮ただの妹でしかない私では、お姉ちゃんの心の暗闇を灯す篝火にはなってあげられなかった。

それが、ちょっとだけ寂しい。


17