キーンコーンカンコローン♪


純 「さて、もう六時間目が始まっちゃったねー・・・」

憂 「あ、わわ・・・ど、どうしよう・・・」オロオロ

純 「今さら慌てても仕方がないし、このままサボっちゃおうか」

憂 「え、えー・・・」

純 「校庭でお弁当を食べててさ。横になって休んでたら、いつの間にか眠っちゃってて。そんで気がついたら下校時間でした!」

憂 「・・・」

純 「なーんてシナリオ。速攻で作ってみました。先生には明日たっぷり絞られるだろうけど、それもまた一興てことで良いんじゃない」

憂 「で、でも・・・」

純 「ここで少し、落ち着いてから帰ろう。どうせ今戻っても、勉強って気分じゃないでしょ?」

憂 「それは・・・そう・・・かも・・・」

純 「普段まじめな憂のことだから、本当に寝ちゃったんだろうって、ね。先生もよけいに疑うことはしないだろうし」

純 「私も憂と一緒って事で、そこまで怒られはしないんじゃないかなーなんて。あははっ。甘いか」

憂 「あはは・・・」

純 「・・・」

憂 「あは・・・は・・・」


シーン


憂 (なんとなく気まずい・・・純ちゃん、やっぱり怒ってるんだよね・・・)

憂 「あ・・・あのね、純ちゃん」

純 「寝よう!」

憂 「え!?」

純 「既成事実、既成事実!今ここで本当に寝ちゃえば、先生にする言い訳も、あながち嘘じゃなくなるもんね?」

憂 「あ・・・う、うん・・・」

純 「てことで、お昼寝ターイム♪」ゴロン

純 「あ、いたっ!」ガバッ

憂 「ど、どうしたの!?」

純 「いや、殴られたところを下にしちゃって・・・えへへ」

憂 「あ・・・ご、ごめんなさい・・・」

純 「だからぁ、今のはたまたまだから。そんな痛くないから。ね、謝らないでよ」

憂 「でも、私のために・・・」

純 「さっきも言ったけど、こんなん唾つけとけば治るから。だから、ね?そんな顔をしなさんなって」

憂 「・・・唾」

憂 「・・・あ」

純 「・・・ん?」

憂 「純ちゃん・・・」スッ

純 「お・・・?私の腕を取って、どうするつも・・・り・・・?」

憂 (ちゅっ)

純 「お・・・お~~~~!?」

憂 (ちゅっ ちゅっ ちゅっ)

純 「ふ、ふおおおお!?ちょ、ちょっと憂!?あんた一体なにやってんの!?」

憂 「だって、唾をつければ治るって純ちゃんが・・・これは私のせいなんだから、せめて何かできることをって・・・」

純 「いや、言った!言ったけど、ちょっとこれは・・・あっ///」

憂 (ちゅっ ちゅっ ちゅっ ちゅっ)

純 「う・・・憂・・・」ドキドキ

憂 (ちゅっ ちゅっ ちゅっ ちゅっ ちゅっ)

純 「~~~~~~///」ドキドキドキドキ

憂 (ちゅっ ちゅっ ちゅっ ち
純 「だーーーーーーーーーーっ!」ドーン!

憂 「きゃぁっ」バターン!

純 「ぜはぜは・・・」

憂 「い・・・痛いよ・・・純ちゃんが急に突き飛ばした・・・」

純 「ば・・・バカ憂!なんていうか、もうバカッ!すっごいバカっっ!!!///」

憂 「・・・純ちゃん?」

純 「知らん!もう寝る!本当に寝るから!邪魔しないでね!」ゴロン

憂 「あ・・・う、うん・・・」

純 「・・・」

憂 「・・・」

純 「・・・」

憂 「・・・あ、あの・・・純ちゃん?」

純 (スピースピー)

憂 「あいかわらず、寝つきはやっ!」

憂 「・・・」

憂 「・・・純ちゃん、ありがとう。そして、本当に本当にごめんなさい」ナデナデ

純 「・・・むふ」スピー


純ちゃんの頭を撫でながら、私は明日以降のことを考える。

これでお姉ちゃんへのいじめは無くなるだろうか。

無くならなかったら、次はどうするべきだろう。それに、あいつらが仕返しに来たら・・・

考えるべきこと、不安になっちゃうことはまだまだ山積。

いや、真の正念場はこれからやって来るのかも知れない。

なんにしても、私はもっとシッカリしなくっちゃ。

だって。

さっきだって、もし純ちゃんが助けに入ってくれなかったら、今ごろ私はどうなっていたか分からない。

もっと最後まで気を張っておくべきだったんだ。油断したから。これで済んだと、気を緩めてしまったから・・・

純ちゃんに。大好きな友達に、私の代わりに怪我を負わせる羽目になってしまった。

こんな失敗、もう二度と犯しちゃいけないんだ。


憂 「醜い私。成長できなかった私。でも、自分への罰はもう、下したんだ。だから後は・・・」


今度こそ成長しなくちゃ。

失敗に心を縛られて、また自分の殻に閉じこもってしまっては、それこそ同じことの繰り返し。

元の木阿弥だけは避けなくちゃいけない。シッカリする。

それが、過ちを清算し純ちゃんの友情に応える、唯一の道だと信じるから。


純 「むにゃ・・・憂・・・あぶな・・・」スピスピ

憂 「・・・」スッ


眠っている純ちゃんを起こさないように、そっと。彼女の腕を取り・・・


ちゅっ


もう一度口付ける。

感謝と友情と、そして早く怪我が治って欲しい。そんな気持ちとを込めて。


憂 「ありがとう、純ちゃん。大好きだよ・・・」



翌朝!二年の教室!!


和 「・・・」

和 (今日も唯は学校に来てない。来れるはずもないか。唯のあの状態じゃ・・・)


(唯 「しばらくはそっとしておいて欲しいな。関わらないで欲しい・・・」)


和 「・・・唯」


(唯 「心のね、スイッチを切るの」)


和 「・・・っ」

和 (だめだ、このままじゃ。やらなきゃ。私が行動を起こさなきゃ。唯が安心して学校に来られるようにするために)

和 (だって・・・)


(憂 「和ちゃんは。、とっても頼れる、私のもう一人のお姉ちゃん。大好きな・・・お姉ちゃん」)


和 (あんなにも私を信頼してくれていた憂。なのに私は・・・あの子の寄せる想いを裏切ってしまった・・・)

和 (わが身可愛さに大切な親友の心と、幼馴染の信頼を壊してしまった。耐えられないっ)

和 (取り戻す。唯の心も憂の信頼も。でなければ、私は私を許せなくなってしまうもの・・・!)


ガラッ!


和 「・・・きたっ、あいつら・・・今日こそは・・・行くわよっ!」ガタッ

和 (怖くない怖くない・・・唯の方がずっと怖かったんだ。私は・・・怖じけない・・・!)ツカツカ

和 「は・・・話があるのっ!」


拓 「ああ・・・?」


和 「唯のことで・・・この前は言えなかったけど、今日こそ・・・は・・・」

不良1 「・・・」ボロ

不良2 「・・・」ボロ

拓 「・・・」ボロボロ

和 「・・・その怪我、どうしたの?」

不良1 「いてて・・・」

不良2 「どうもこうもねぇよ・・・」

拓 「黙ってろ・・・別に真鍋には関係ねぇよ。で、なんだよ話って」

和 「あの・・・余計なお世話かもしれないけど、大丈夫?あちこち腫れてて、かなり酷そうだけど・・・」

拓 「関係ねぇっつってんだろ。用があるならとっとと話しやがれ」

和 「あ、うん・・・唯の・・・平沢さんの事なんだけど」

拓 「・・・」ギロッ

和 「う・・・その・・・」ゴキュリ

和 (負けるな!唯が受けた痛さや怖さに比べたら、こんなのどってことない!怖がるな、私!!)

和 「も、もう・・・!もう彼女をいじめるのは止めてっ!!」

拓 「ああ?」

和 「あの子は私の親友なの!もう見ていられないのよ!こ、これ以上あの子を苦しめるというなら・・・」

不良1 「どうするってんだ?」

不良2 「言ってみろよ」

和 「あ・・・ぐ・・・わ、私はどうなっても、あなた達を・・・」

拓 「良いよ」

和 「・・・え?」

拓 「もう関わんねぇでやるつってんだよ」

和 「は・・・その・・・え?」

不良1 「ちょ、拓クン」

不良2 「いいのかよ・・・」

拓 「ちょうど奴を構うのも飽きてきたところだしな。つか、知るかよあんな奴。暇つぶしにもなりゃしねぇっての」

和 「なっ・・・!」

拓 「あー、白けたな。おい、ふけるぞ。かったるくてオベンキョウなんてやってらんねぇや」

不良1 「あ・・・」

不良2 「ちょっと待ってよ、拓クン!」

拓 「じゃあな、真鍋」ツカツカ

和 「え・・・あ・・・あれ?えーー・・・」ポカーン



廊下!


不良1 「拓クン拓クン、平沢から手を引くって本気かよぉ?」

拓 「ああ・・・」

不良2 「なんでだよ。あの妹に落とし前つけさせるなら、平沢を利用するのが一番だろ?」

拓 「お前ら・・・もう奴らとは関わるなよ」

不良1 「は、なに言ってんの?」

不良2 「まさかビビってるのかよ」プゲラ

拓 「・・・」キッ

不良2 「ご、ごめん・・・」

拓 「・・・良いよ、そーだよ。その通りだ、ビビってんだよ」

不良1 「え・・・な、なんであんな小娘に・・・?昨日のは、不意を突かれただけだろ?」

拓 「・・・お前ら気絶してたから知らないんだろうがな・・・お前らと俺の怪我の程度、見て気がつかねぇのかよ」

不良1 「は?」

拓 「一応よ、お前ら手加減されてるんだよ。あちこち痣だらけだが、急所は外されてるだろ?」

不良2 「そういえば、頭とか腹とか・・・無事だったもんな・・・」

拓 「あのガキ。瞬時にそれだけの事をやってのけてるんだよ。あの状況の中で、おそらく無意識にな」

不良2 「ま・・・まさか・・・」ゾー

不良1 「でも、だったら拓クンは・・・その怪我・・・」

拓 「おお。頭と言わずどこと言わず、滅多打ちよ・・・お前らが気を失った後、俺は奴を本気でキレさせちまったみたいでな・・・」

拓 「その時の奴の目・・・いま思い出しても鳥肌が立つ・・・」

不良1・2 「・・・」

拓 「俺をやたら滅法に打ち据えながらの、あの目・・・まるで本気で俺を殺そうと・・・」ブルッ

不良1 「はは・・・まさか・・・」

拓 「止めに入ってくれた奴がいてな。そいつがいなけりゃ、今ごろ俺は・・・」

不良2 「・・・嘘だろ」

拓 「あれは関わっちゃいけない人間なんだ。それでも仕返ししたいなら、お前らが勝手にやれ。俺はゴメンだ」

不良1 「わ、分かったよ拓クン・・・」

不良2 「拓クンがそこまで言うなら・・・」

拓 「ああ、言うこと聞いといたほうが利巧だぜ・・・」


拓 「・・・いてて・・・くそっ」



その日の午後!平沢家!!


憂 「・・・」


唯の部屋の前!


憂 「・・・お姉ちゃん・・・?」コンコン

憂 「・・・」


しーん


憂 「・・・入る・・・よ・・・」ガチャッ

憂 「おねえ・・・ちゃん・・・?」

唯 「・・・」

憂 「あ、お姉ちゃん。起きてたんだね・・・返事がなかったから、へへ。寝てたのかと思っちゃった・・・」

唯 「・・・」

憂 「・・・ただいま、お姉ちゃん」


お姉ちゃんはあの日以来。

私と和ちゃんの前で「心のスイッチを切る」と宣言したあの日から。

その言葉の通り、なにを話しかけても一切反応をしてくれなくなった。

笑いかけても笑顔が返ってくることもない。まるで目の前にいるのが、精巧にできたお姉ちゃんのお人形のよう・・・


14