苦笑交じりのため息一つ。

いつにないお姉ちゃんの態度に困惑しつつも、その直後に見せてくれたいつも通りの笑顔に安心してしまう。

だから私は・・・

それ以上の疑念を抱くこともなく、調理の続きに戻るために再びキッチンに向き直ることができた。


もしもこの時・・・


もう少し深く、私がお姉ちゃんを”見る”事ができていたなら。

”いつもの笑顔”の奥に隠されている。そんなお姉ちゃんの本当の心に、気付いてあげることができていたなら。

喫茶店での和ちゃんの態度と、意味の掴めなかった謝罪の言葉。それと、今のお姉ちゃんの不可解な抱擁と、を。

それらのピースを繋ぎ合わせて考えるだけの、視点の広さを持ち合わせていられたのなら。

その、いくつもの”~なら”を実践できていたの”なら”・・・

もしかして、これから先。お姉ちゃんを襲う悲しみのいくらかは、防げ得たんじゃないのか。

私はおねえちゃんを救うことができていたんじゃないのか。

そして私自身、後悔の足かせに身を縛られることなく、笑って過ごしてゆく事ができたのではないか・・・


そんな自問と自責の念を負い続け、これから数年を生きなくてはならなくなる事に。

      • このときの私はまだ。知る由もなかった。



数日後の日曜日!郊外の公園!!


純 「良い天気ーっ!」

憂 「うん。雲ひとつないね。日差しが強くて、日に焼けちゃいそう」

純 「夏は焼けるものだって。気にしなさんな!そんなことより、今日は思いっきり楽しもうね!」

憂 「・・・うん!」


そうして、やってきた日曜日。

純ちゃんと二人、自転車でやってきた片道30分のちょっと大きな市民公園。

私の自転車のかごには、お弁当が詰まったバスケット一つ。

早起きして、腕によりをかけて作ってきた自信作。

      • 純ちゃん、喜んでくれるかなぁ。


純 「・・・で」

憂 「うん?」

純 「何して遊ぼうか」

憂 「え」

純 「え?」

憂 「いや・・・言いだしっぺだし。純ちゃんに何かプランがあるものだと」

純 「あっはっは。いやだなぁ、憂」

憂 「え?え?」

純 「もう二ヶ月も友達やってるのに、まだ分かんないの?私にそんな計画性、あるわけないじゃん」アハハハ

憂 「・・・そうだね。単純一直線の純ちゃんだものね」

純 「そゆこと」エッヘン

憂 「そんな、胸そらせて自信満々に言い切ることでもないと思う」

純 「ならさ、あそこ行こうよ」

憂 「どこ?」

純 「あそこ!あの芝生の中。大きな木があるでしょ。あの下、涼しそうで超いい感じじゃない?」

憂 「あ、良いかも。それにあそこなら日焼けも防げそう」

純 「決まりだね。そうと決まったら早く行こう!」

憂 「うん!」



大樹の下!!


柔らかな木漏れ日に照らされるのに身を任せ。

私たちは大樹の根元に頭をあずけ、芝生の上にごろんと転がった。

木の幹を枕に、柔らかな草をクッションに。

体を横たえながら、木の傘の隙間からこぼれ見える空を眺めていると。

ふわふわりと・・・

まるで雲の上でゴロゴロしているような。そんな心地よい錯覚に陥ってしまう。


純 「はぁ・・・気持ちいいねぇ」

憂 「そうだねぇ・・・」

純 「良い塩梅だねぇ・・・」

憂 「くすっ。おばあちゃんみたい」

純 「えへへ・・・うーん・・・むにゃむにゃ」

憂 「・・・」

純 「・・・」

憂 「・・・純ちゃん?」

純 「すぴーすぴー」

憂 「寝ちゃってる。寝付き良すぎ・・・」


まるで猫よろしく糸目になって、穏やかな寝息を立てている純ちゃん。

可愛い・・・


憂 「私はどうしよう。一緒に寝ちゃおうかな・・・」

憂 「あ、そうだっ!」ゴソゴソ・・・

憂 「一応、持って来ちゃったんだよね。マンガノート・・・へへ」


せっかくだもん。気持ちよく眠ってる純ちゃんの姿も、ノートに書き留めておこう。

勝手に描いたら、怒られるかな?でも、私の前で無防備な姿をさらしてる、純ちゃんが悪いんだからね。

ま新しいページを開き、筆記具を取り出し・・・そして。

純白な紙の上に、ペンを走らせると。

たちまちノートの上には新たな世界が、色彩を放って産声を上げる。

・・・純ちゃんの寝姿という、新たな世界が。


憂 「純ちゃん・・・」


穏やかに時間は過ぎていく。

殺伐さや緊張や、まして孤独とは無縁の時間が穏やかに、緩やかに。

芝生を揺らす風とともに、私と純ちゃんの間をゆったり通り過ぎていく。


憂 「私、何に緊張していたんだろう・・・」


なんの警戒心もなく、のんきな寝顔を私にさらしている純ちゃん。

それはきっと、信頼の現れ方の一つなんだと思う。

私を本当の友達だと思ってくれているからこその気安さ。

私もそれに応えたいな。

緊張とか。いらない気遣いとか。そんなものとは関わりなく・・・

裸の。素の。飾らない。

そんな自分で、純ちゃんの前に立っていたい。

だって・・・友達だから。


憂 「純ちゃん、ありがとう」


そう思えるまでになることができた。

ここまでになれたのは、ぜんぶ純ちゃんのおかげ。

だから。私はもう一度、声に出して言う。

私の心を研ぎほぐしてくれて。そして、私の友達になってくれて。


憂 「本当にありがとう。純ちゃん」



そして!お昼!!


純 「・・・んぐ・・・う・・・がぁ・・・・」

憂 「・・・」ギュー

純 「むぎぎぎ・・・ぐふっ・・・ぐぐぐ・・・」

憂 「・・・」ギュー

純 「・・・っ!ぷはぁーーーー!!!」ガバッ

憂 「あ、起きた。おはよ、純ちゃん」

純 「おはよ、じゃないよ!寝てる私の鼻をつまんで!死ぬよ?死んじゃうから!」

憂 「だって、なかなか起きてくれないんだもん。それにね、ほら。もうお昼だよ?」

純 「だったら、もぉー・・・普通に起こしてよね・・・」

憂 「顔まっ赤にして苦しがってる純ちゃんも、赤鬼さんみたいで可愛かったよ♪」

純 「さらりと恐ろしいことを言うよね、憂は」

憂 「えへ。さぁ、お弁当食べよ?」

純 「お!待ってました!」


バスケットから取り出したるお弁当は二段編成。

一段目には色とりどりの具を挟み込んだ、本日の主役のサンドイッチ群。

二段目には純ちゃんが飽きちゃわないように、いろいろ工夫を凝らしたおかずの盛り合わせ。

串揚げ・豚肉のアスパラ巻き・ミニハンバーグ・ほうれん草のシーチキン和え・ポテトサラダ・・・etc

もちろん純ちゃんが好きだって言ってくれた卵焼きも忘れずに。


純 「わぁー・・・」


たちまち芝生の上を彩ってゆくおかずの数々に、純ちゃんは目を輝かせ見入っている。


純 「こんなに?こんなにあるの?!すっごーい!」

憂 「張り切りすぎちゃったかなぁ。ちょっと多すぎた?」

純 「多ければ多いほど、嬉しいってもんだよ!」

憂 「えへへ。じゃあ、いっぱい食べてね?」

純 「もちろん。残すなんて、野暮なマネはしないぜ!」

憂 「うん♪それじゃあ・・・」

憂・純 「いただきまーす♪」


純ちゃんが喜んでくれてる。早起きしてがんばって作った甲斐があったな。

純ちゃんが嬉しそうに笑うと、私も嬉しい。

だって、ニコニコ私のお弁当に箸をのばす純ちゃんを見ていたら・・・


憂 「へへ・・・」


私も釣られて、つい笑顔になってしまうんだもの。


・・・釣られて・・・?


ううん、きっとそれは違う。これは。この私の笑顔は。

今が本当に嬉しくて、楽しいからこそ自然に浮かんだ、裸の。素の。飾らない。

つまり、心からの笑顔なんだ。


・・
・・


もぐもぐもぐもぐ・・・

憂 「なかなか減らないね。さすがに作りすぎちゃったかなぁ・・・」

純 「んなことないよ?」モグモグ

憂 「無理しなくて良いからね・・・?」

純 「してないよ。いくらでも入るよ」パクパク

憂 「・・・で、どうかな?」

純 「どうって?」シャクシャク

憂 「・・・美味しい?」

純 「うん、さいこー!」ニパー

憂 「・・・///」

純 「ごっくん。・・・よし、じゃ次は・・・!」


C子 「・・・平沢さん」


憂 「え・・・?」

純 「んあ・・・??」


唐突に招かれざる客が私たちの前に現れたのは・・・

お弁当の残りも折り返しを向かえた、そんな時だった。


C子 「久しぶりだね。元気?元気だったかな・・・」

憂 「こ、寿さん・・・?」

C子 「うん。小学校の卒業式いらいだね。元気だったかな?・・・かな」

憂 「・・・う、うん」

純 「誰?憂の知り合い?だったら私にも紹介して・・・」

憂 「寿さん、どうしてここに・・・?」

C子 「だって、ここって公園だし。誰がいたっておかしくないし」

憂 「そ、それはそうだけど。でも・・・」

純 「・・・憂?」

C子 「えっと。鈴木純さん。純さんだよね?はじめまして」

純 「あ、うん・・・はじめまして」

C子 「私、平沢さんと同じ小学校出身の寿詩子。クラスは違うけど、いちお同じ中学に通ってるんだよ」

純 「へぇ・・・そうなんだ」

憂 「・・・」

C子 「ね、平沢さん。知ってた?知ってたよね?同じ中学に進学してたの。知ってたよねぇ」

憂 「う、うん・・・知ってたよ・・・」

C子 「だったらさ、だったらだよ。顔くらい見せに来てくれたって良かったのに」

憂 「え・・・どうして・・・」

C子 「どうしてって。私たち、友達でしょ?友達」

憂 「・・・友達?友達って・・・」

C子 「あ、お弁当!憂が作ったんでしょ?そうでしょ?おいしそうだなぁ・・・」

憂 「・・・憂って・・・」


今、私のこと・・・

憂って名前で呼んだの?まるで友達のような気安い振る舞いで・・・?


C子 「いいなぁ。私も食べたいなぁ。ね、鈴木さん。私も一緒して良いかなぁ?かなぁ」

純 「え、あ・・・えと。憂が良いって言うなら・・・」

憂 「・・・ダメだよ」

C子 「え・・・」

憂 「これは全部、純ちゃんのために作ってきたものなの。だから、悪いけどあなたの分は無いの・・・」

純 「う、憂・・・?」

C子 「そ、そっか・・・そうなんだ・・・」

憂 「・・・」

純 「・・・」

C子 「・・・」

憂 「・・・寿さん」

C子 「小学校の頃みたいに、C子ちゃんって呼んでよ。ね?呼んで欲しいな」

憂 「・・・寿さん。何か用でもあるのかな。なければ私たち、そろそろ他に行くけれど」

C子 「え、そんな・・・どうしてそんな風に・・・」

憂 「・・・」ギリッ

C子 「・・・!!」

純 「憂・・・どうしたのさ。そんな怖い顔をして・・・」

C子 「・・・用って言うか・・・あの。あのね?憂・・・」


また名前で呼んだ。

言いようのない不快感が、私の感情を逆なでにする。


憂 「・・・」ギリギリ・・・

C子 「あぅ・・・あ・・・」


ふいっと・・・

寿さんが私からの視線に耐え切れず、顔を背けようと動かした先。

たまたま彼女の視界に入ったのは、お弁当を入れてあったバスケット。

そして、バスケットの陰に隠れるように置かれた・・・私の宝物。

あの、マンガノートだった。


C子 「あ、それ。もしかして・・・」


重たい場の空気を変えたかっただけなんだと思う。

そんな気軽さでマンガノートに伸ばした彼女の手を。私は・・・


憂 「触らないで!」


8