憂 「純ちゃん、暑いよ。汗でふやけちゃう」

純 「ああ、ごめんごめん。感極まって自分を忘れてしまった」

憂 「変な純ちゃん」

純 「へっへっへ」


『チョットマッタヤバイデスー ナゾノショウガクセイーハッ~♪』


憂 「・・・あ、メール・・・ちょっとごめんね」

憂 (あ・・・和ちゃんからだ。えっと・・・うん。了解、っと)ピポパ

憂 「送信っと・・・お話の途中でごめんね」

純 「むーむ。どってことないらよ」モグモグゴックン

憂 「あー、私のコロッケ!いつの間に・・・」

A子 「止める間もなく、瞬時にパクッといったね・・・」

純 「あいかわらず憂のお弁当は美味しいね。にっひっひ。今日もゴチでした!」

憂 「また最後の一個がぁ・・・」

B子 「憂。ここは怒っても良いところよ」

A子 「グーでいっちゃえ、グーで!私が許すよ!」

純 「いやん!」

憂 「・・・純ちゃん。そんなに私のお弁当、美味しい・・・かな?」

純 「きゃっ!ぶたないで・・・て。え・・・あ、うん」

憂 「ほんと?」

純 「うん。憂のお弁当、大好き!」

憂 「そっかぁ・・・えへへ・・・じゃ、じゃあ、さ・・・」

純 「あい?」

憂 「ピクニックの日、お弁当ね。私が純ちゃんの分も作ってくるよ」

純 「本当に!?」

憂 「うん!」

B子 「憂は優しいんだから。甘やかしちゃ、純が調子に乗っちゃうわよ」

A子 「でも、純の分が別にあればさ、憂ちゃんもお弁当取られずにノンビリ食べれるし。良い考えかもだね」

純 「あ、そういう意味」

憂 「それも少しあるかなぁ」

純 「にひひ。それでも良いよ。早くも当日のお昼が待ち遠しいなぁ!」


思わず気合が入る。

がんばって美味しいお弁当を作って、純ちゃんに喜んでもらって。

そんな純ちゃんを見られたら、きっと私も嬉しくって。

今も残るこの緊張感を、すべて吹き飛ばしてくれるかも知れない。


憂 「うん、期待していいよ!」


ぐっ!

ガッツポーズで自分自身に発破をかけ、私は純ちゃんに断言してみせた。


憂 「あ、それとね。今日の帰りだけど・・・」

純 「お。どっかよってく?よってっちゃう??」

憂 「じゃなくてね。ごめん、ちょっと予定はいっちゃって。一緒に帰れなくなっちゃったんだ」

純 「あ・・・そう」ショボン

憂 「あ、う・・・ほんとごめん!埋め合わせは必ず・・・ね?」

A子 「あー、気にしなくっていいよ。今日は私が責任を持って、こいつ連れて帰るから」

B子 「さいきん憂にベッタリだったもんね。たまには憂にも他の用事、させてあげなさい?」

純 「ふにぃ・・・」


クラスメイト 「摩神ー」


A子 「ん、なにー?」

クラスメイト 「同じ部活の子、用事だって。入り口で待たせてる」

A子 「お、ありがとー。へへ、今度はこっちの用事だ。ちょっと行って来るねー」テッテッテ・・・

純 「あいおー」

憂 「A子ちゃん、部活やってたんだ」

B子 「陸上部のね。期待の新人って、けっこう持てはやされてるみたいよ」

純 「小学校の頃から、身体能力ずば抜けてたもんねぇ」

憂 「へー・・・」



廊下!


C子 「・・・というわけで。ちゃんと、ちゃんとね。先輩からの言伝、伝えたからね」

A子 「うん、確かに。ありがとね」

C子 「ううん・・・」ジー

A子 「なに?教室の中、覗き込んだりして」

C子 「ね、ね。A子と一緒にいたの、平沢さんだよね。だよね?」

A子 「うん、そうだけど。C子、知り合い?」

C子 「う、うん・・・ちょっと。ちょっとね・・・A子、あの子と仲いいの?」

A子 「良いよ。まぁ、私やB子とよりも純といちばん仲がいいんだけどね」

C子 「純・・・?」

A子 「C子は面識ないか。ほら、あの頭にモップみたいなの付けてるの。あの子」

C子 「へぇ・・・平沢さん。そっか、そうなんだ・・・」

A子 「今度も二人で遊びに行くんだって。どこまで仲が良いのやら・・・だね」アハ

C子 「・・・ふーん」



放課後!校門前!!


和 「・・・」

憂 「和ちゃん!」

和 「憂・・・」

憂 「ごめんね、待たせちゃったかな・・・」

和 「ううん。こっちこそ、急に呼び出してごめんね」

憂 「なんにもだよ。それで、私に聞きたいことってなぁに?」

和 「・・・うん」

憂 「和ちゃん・・・?」

和 「立ち話もなんだし、ちょっとどこか入ろうか」

憂 「う、うん・・・」

憂 (浮かない顔。和ちゃん、どうしたんだろう・・・)



駅前の喫茶店!


和 「ここなら静かだし、落ち着いて話ができるわね」

憂 「う、うん」キョロキョロ

和 「どうかした?」

憂 「喫茶店なんて子供だけで入ったことなかったから、ちょっと緊張・・・」

和 「そっか・・・」

憂 「うん・・・」

和 「・・・」

憂 「・・・」

和 「あ、そういえば。前に憂が言ってた、鈴木さん?あの子とは、その後どうなの?」

憂 「あ、うん。えへへ。お友達になれたよ!」

和 「そうなんだ。良かったわ」

憂 「和ちゃんのおかげ」

和 「え?」

憂 「和ちゃんが背中を押してくれたから。だからね、私。和ちゃんにはとっても感謝してるの」

憂 「和ちゃんの言ったとおりだった。もしあの時、あのまま純ちゃんとの事をお終いにしてたら、ね。絶対に私、後悔してたもん」

憂 「和ちゃんが言ってくれたから。憂には私が付いているって、勇気づけてくれたから・・・」

和 「・・・」

憂 「和ちゃん・・・?」

和 「う、ううん。なんでもない。良かったわね、憂」

憂 「うん!あ、それでね。和ちゃんに見てもらいたいものがあったんだった!」ガサゴソ・・・

憂 「はい、これ。ちょっと恥ずかしいけど、見てもらえる・・・かな・・・」

和 「これは・・・ノート?」

憂 「うん。前にも話したノート。私の大切な人を書き綴った、マンガノートだよ」

和 「これがそうなんだ・・・私が見てもいいの?」

憂 「うん。和ちゃんに見て欲しいんだ」

和 「憂・・・じゃあ、遠慮なく・・・どれどれ」ペラッ

和 「わぁ・・・これ、唯ね。よく特徴をつかんで・・・それにとっても生き生きと描かれてる」

憂 「照れるな・・・」

和 「比喩ではなく。絵の中の唯がまるで生きているかのよう。とっても上手ね、憂」

憂 「・・・褒めすぎだよ///」

和 「お世辞じゃないわよ。この絵に込められた憂の気持ちが、紙ごしに伝わってくる。手に取るようにわかるもの・・・」

憂 「へ・・・へへ・・・///」

和 「ふふ・・・(ペラッペラッ)・・・あら?この子は唯じゃないわね・・・あ、もしかして」

憂 「うん。鈴木純ちゃん。私の大切なお友達」

和 「そう・・・このノート。唯のためだけのものはなくなったのね」

憂 「うん。マンガノートには、私の大切な人みんなの姿を描きとめていこうって、そう決めたから・・・だから」

和 「そうなんだ・・・(ペラッ)・・・あ」

憂 「だから、ね。和ちゃん・・・」

和 「こ、これ、私・・・?」

憂 「うん。だって和ちゃんは、私の大切な人だもの」

和 「・・・た、大切?」

憂 「和ちゃんは、ね。お姉ちゃんの親友で、私たち姉妹の幼馴染で。そして・・・そして、ね」

和 「憂・・・?」

憂 「とっても頼れる、私のもう一人のお姉ちゃん。大好きな・・・お姉ちゃん」

和 「・・・っ!」

憂 「て、言葉で言っちゃうと、なんだか恥ずかしいよね。えへへ・・・」

和 「・・・」フルッ

憂 「・・・?和・・・ちゃん?」

和 「・・・」フルフル


ノートを持つ手が。ううん、手だけじゃなく。和ちゃんの細い肩が、ふるふる小刻みに震えている。

紙面に落とした目元。髪の毛の陰になってよくは見えないけれど。

私の気のせいだろうか。じんわりと潤んで・・・

涙を湛えているようにも見えて・・・

和ちゃん・・・泣いてる・・・? 


憂 「あ、あの・・・どうかしたの、和ちゃん。勝手に似顔絵かいて、気を悪くしちゃった?」

和 「・・・違うよ。ごめん・・・なんでもないんだ」

憂 「え、でも・・・」

和 「ごめん。ほんと、なんでもないから。ごめんね」

憂 「和ちゃん・・・」

和 「憂、ごめん・・・ごめんね」


謝る和ちゃん。

その謝罪の言葉は、私の投げかけた言葉とは別のところに向いているようにも感じて。

私に、なんとも言いがたい違和感を抱かせるに十分だった。

その違和感。何に対しての謝罪なんだろうという疑問。

和ちゃん。いったい誰に謝っているの?


      • そして、数分後。


憂 「だいじょぶ?落ち着いたかな、和ちゃん?」

和 「ええ、急にごめんね。びっくりしたでしょ・・・」

憂 「う、うん。少し・・・ねぇ、どうしたの。やっぱり私の描いた絵が気に障って?」

和 「そ、そんなわけないじゃない・・・」

憂 「じゃあ、いったいどうして・・・」

和 「それは・・・」

憂 「・・・」

和 「あの・・・ね・・・」

憂 「・・・?」

和 「う、憂が描いてくれた絵を見てたら、その。感激しちゃって・・・」

憂 「え?」

和 「それで、ね。柄にもなく感激の涙なんか湧いて来ちゃったりして、はは。おかしいわね・・・」

憂 「そうなの・・・?」

和 「うん・・・思わず。だから、ね?心配は本当いらないから・・・」

憂 「だったら良かったけれど・・・」

和 「ごめんね。て、私。何だかさっきから謝ってばかりね。変だね、ごめん。て、あ。また・・・」

憂 「・・・和ちゃん」

和 「・・・」

憂 「・・・それで。和ちゃんの話って、なぁに?」

和 「・・・あ。う、うん、そうだった。あのね・・・」

憂 「うん」

和 「・・・」

憂 「・・・?」

和 「・・・さいきん憂とゆっくり話す時間がなかったから、こうしてお話したかったんだ・・・それだけ・・・」

憂 「え、でも・・・私に聞きたいことがあるってメールで・・・」

和 「それは憂の近況を、ね。いろいろ聞きたいなって、そういう意味・・・」

憂 「そうだったんだ・・・?」

和 「うん、そう。だから、今日は元気な憂を見られて良かったわ」


言って、残りのアイスコーヒーを一気にのどに流し込む和ちゃん。

そのしぐさは、まるで早くこの場を離れたがっているかのようにも見えて・・・


和 「さ、そろそろ行こうか」

憂 「うん・・・」


だから私は。そんな和ちゃんに従って、疑問を胸に押し込んだまま・・・

この場は黙って席を立つ以外に、なす術がなかった。



平沢家!キッチン!!


憂 「・・・」ジュージュー

唯 「たっだいまぁ。お、良い匂いですなぁ」

憂 「あ。お姉ちゃん、おかえりなさい!」


和ちゃんのことは気にかかるけれど、お姉ちゃんの前では常に笑顔の私でいたい。

私は気持ちを切り替え、笑ってお姉ちゃんの帰宅を迎える。


憂 「お腹すいたでしょ。もうすぐできるから、ちょっと待っててねー」

唯 「ほいほい。で、シェフ。今晩のメニューは何ですかな?」

憂 「おっほん、今日は鶏肉のトマト煮に挑戦してみました。青菜のさっと煮も添えて青物も万全なのです!」

唯 「おおー、聞いただけでよだれが出てきちゃう。ふんふん、早くできないかなぁー♪」

憂 「もうすぐもうすぐ♪」

唯 「ふふ・・・」

憂 「~~~♪」ジュージュー

唯 「・・・」


ピトッ


憂 「ひゃっ!?」

唯 「・・・憂」

憂 「びっくりしたぁ。どうしたの、お姉ちゃん。火を使ってるんだから、急にくっついて来ちゃ危な・・・」

唯 「・・・」

憂 「お姉ちゃん・・・?」

唯 「憂は・・・暖かいね・・・」

憂 「・・・なにかあったの?」

唯 「あったかあったか・・・」ギュッ

憂 「ねぇ、お姉ちゃん?」

唯 「・・・へへ。なんつってー」パッ

憂 「・・・へ?」

唯 「えへへ、ごめんね。憂の後ろ姿みてたらさ。思わずこう、グッと来るものがあってさぁ」

憂 「は・・・はぁ、なにそれ・・・?」

唯 「お料理してる憂には、ピトッとせずにはいられない!そんな何かがあるんだよねぇ」ニコー

憂 「も、もぉー。なに言ってるの、お姉ちゃんったら」

唯 「めんごめんごー。さってと、着替えてきちゃうからね~。ごっはんごっはん♪」テッテッテ・・・

憂 「本当にもぉー・・・」ハフゥ


7