純 「お、このナゲット超うまー!ちょっと食べてみなよ!」

憂 「いいの、本当におごってもらっちゃって」

純 「良いって良いって。つか、おごるって言ってたじゃん。気にせずガンガン食うが良い」

憂 「えへへ・・・じゃあ、遠慮なく・・・(パクッ)。あ、おいし・・・」

純 「ね。へっへ、またこよーね」

憂 「うんっ」

純 「あ。ところで話は変わっちゃうんだけど、あのマンガノートね」

憂 「なぁに?」

純 「やっぱりもったいないと思うんだよね。あんなにうまいのに、ただのイラストで終わっちゃうなんて」

憂 「というと?」

純 「うん。前にも言ったけど、お話。作ってみたら?ほんとにマンガ、描いてみりゃいいんじゃないかなー」

憂 「だけど・・・私も言ったと思うけど、お話なんて作ったことなかったし」

純 「だったらさ!お姉さんをモデルにお話も作っちゃえばいいじゃん!」

憂 「え、お姉ちゃんを?」

純 「お姉さんの事なら良く見てるだろうし、あんなに面白いお姉さんだもん。きっと楽しい話の一つや二つ、ホホイとできちゃうって!」

憂 「お姉ちゃんが主人公のマンガかぁ。それは考えたことが無かったな」

純 「良いアイデアでしょ!」

憂 「あ、でも・・・私、お姉ちゃん以外の人って描いた事ない・・・」

純 「マジで!?」

憂 「うん・・・マンガノートもお姉ちゃんを描くためだけのものだったし」

純 「だ、だったらさ・・・」

憂 「?」

純 「だったら、私で・・・練習してみない?」

憂 「え・・・」

純 「そのマンガノートに私も描いてもらえたらなぁ・・・なんて、だめ・・・かな?」

憂 「鈴木さん・・・」

純 「やっぱダメだよね。それ、お姉ちゃんのための大事なノートだもんね。はは・・・私、なに言ってるんだろ」

憂 「・・・お願いしようかな」

純 「・・・マジで?」

憂 「うん。モデル、お願いしちゃってもいいかな、鈴木さん」

純 「そ、そりゃもう、喜んで!」


大事な人を書き綴るのが目的のマンガノート。

だったらその中に、鈴木さんのページが含まれていたって、なにもおかしいことはないものね。


純 「だったら早速、描いてみようか!」

憂 「え、今?ここで!?」

純 「思いたったがなんとやらだよ。さ、ノート出して出して」

憂 「あ、う・・・うん・・・よっと。・・・鈴木さん、なにしてるの?」

純 「ポーズを」

憂 「普通にしてて良いよ」

純 「あ、そう・・・」

憂 「くす・・・じゃあ、ちょっと緊張するけど、描いてみるね」

純 「きれいに描いてね!」

憂 「がんばる!」


(数分後・・・)


憂 「い、一応・・・できた・・・けど・・・」

純 「お・・・どれどれ見ーせて♪」バッ

憂 「あ!」

純 「にっひっひ。どれだけ可愛く描いてくれたかなー。んー??・・・んっ!?」

憂 「・・・」

純 「ん・・・んんーーー!?」

憂 「あ、あのね・・・」

純 「ぐすっ・・・私って、こんなに顔が崩れてるかなぁ」

憂 「な、なんというか・・・」

純 「髪も毎朝いっしょうけんめいセットしてるんだけど、人からはこんなに爆発して見えてるのかなぁ・・・」

憂 「そうじゃなくて!ご、ごめんね?今までお姉ちゃんしか描いたことなかったから、他の人ってどうやって描いたらいいのか、よく分からなくって・・・」

純 「あ、そういうわけ?あー・・・ビックリした。私、もっと可愛いよね?自己評価下げなくても平気だよね??」

憂 「う、うん。たぶん・・・」

純 「良かったー・・・しかし、お姉ちゃんだけを描き続けてきたという実績は、伊達ではなかったということだね」

憂 「面目しだいもございません・・・」

純 「良いって良いって。練習だって言ったじゃん」

憂 「だけど・・・」

純 「練習しとけばその内、きっと他の人もお姉さんみたく可愛くかけるようになるって」

憂 「そっかな・・・じゃ、じゃあ、鈴木さん!これからもモデルになってくれる!?」

純 「モデルでも練習台でもなんでも来いだぜ。いつでも言ってよね!」

憂 「ありがとう、すずきs
純 「それとっ!」

憂 「び、びっくりした・・・なぁに?」

純 「これからはね。鈴木さんなんて他人行儀な呼び方は、もうなしの方向で!」

憂 「え。でも、じゃあ何て・・・」

純 「純でいいよ、純で。ほら、言ってみて」

憂 「えー・・・そ、そんな急に。だって、照れちゃう・・・」

純 「友達なんでしょ。だったら何も恥ずかしがることなんてない!ね?」

憂 「あ・・・う、うん。・・・じゅ・・・純・・・ちゃん・・・?」

純 「うん♪よくできました、憂!」


この日。

マンガノートにお姉ちゃん以外の子のイラストがはじめて加わった日。


憂 「純ちゃん・・・」

純 「うーいっ!」

憂 「・・・ぷっ」

純 「くふふ・・・」

憂・純 「あははっ!」


私に・・・平沢憂に。

大好きなお友達ができました。



第一話「マンガノート」終わり。

第二話へ続く!



第二話 憂「過去との決別とお弁当と」


純 「ね、夏休みになったら、ちょっと遠出してみない?」

憂 「遠出?」


柔らかな日差しの春が終わり、燦燦と照りつけるお日様が肌に痛い季節が到来しようとしている。

夏の訪れが見えてきた。そんなある日の朝の唐突な、それは純ちゃんの提案だった。


純 「うん!海とかー。山とか!別に他の所でもいいけど、一日かけて、さ!遊びに行こうよ!」

憂 「あ・・・うん」

純 「夏休みじゃなきゃ行けない所、ちょっと行ってみたくない?」

憂 「うーーーん」

純 「あれ?乗り気でらっしゃらない・・・?」

憂 「いや、そういうわけじゃないんだけど。あのね・・・」

純 「私とどっか行くの、いや・・・?」グスン

憂 「あ、違うよ?そうじゃなくって!」

純 「じゃ、なぁに・・・?」

憂 「その・・・私。今まで友達いなかったから・・・その・・・」

純 「・・・へ?」

憂 「友達との遠出って、なんだか。緊張しちゃう・・・」

純 「えー、いまさら!?」

憂 「そ、そうは言うけど・・・」

純 「だって、最近はちょくちょく一緒に遊んでるし、友達になって二ヶ月以上もたってるんだし!」

憂 「じゅ・・・純ちゃんには分からないよ・・・」


今までずっと一人ぼっちだった私。

心を閉ざして、友達なんて必要ないんだって思い込んできた。

そういう期間が長すぎたんだもん。当然、友達付き合いの方法とかもよく分からなくなってしまっていて・・・

だから。実は今も。

ううん、昨日もその前も。純ちゃんと一緒の時間を過ごすことが多くなってからずっと。

私は緊張のし通しで。


純 「分からないって、なにがさぁ?」

憂 「そ、それはっ」


純ちゃんは明るい良い子だ。

はきはきしていて物怖じを知らなくって。

まさに私と対極。ちょっと羨ましいくらい。

でも、だからこそ分からないんだろうな。

私みたいな、人付きあいに臆病な人種もいるんだということに。

だけど・・・


憂 「むぅ・・・」

純 「・・・?よく分からないけど、私と出かけるのが嫌ってわけじゃないんだよね?」

憂 「そ、それはもちろんだよ!」

純 「だったらさぁー。緊張しなくなればいいんじゃない?」

憂 「簡単に言うね・・・」

純 「簡単っしょー。要は慣れっしょ、慣れ!」

憂 「・・・?」



教室!お昼休み!!


A子 「へー。それで今度、二人でピクニックに行くんだ?」

純 「おうよ!」

憂 「そういうことになっちゃったの」

B子 「なっちゃったって・・・大丈夫なの?また純のペースに巻き込まれて、無理やり決められちゃったんじゃない?」

憂 「まぁ、確かに強引ではあった・・・かな」

A子 「ちょっと、純。あんたまた・・・」

純 「憂、それ人聞き悪いって!憂だって行くって言ったじゃん!」

憂 「そうだね、ごめん」

A子 「憂ちゃんさぁ。嫌だったら嫌だって、言っても良いんだよ」

純 「こら!」

憂 「ありがとう。でも、嫌なんかじゃないよ」

B子 「本当に?」

憂 「うん!」


そう。本当は分かってるんだ。

私自身、このままじゃダメだって事くらい、ちゃんと分かってる。

友達と遊ぶのにいちいち緊張する今が、ぜんぜん普通じゃないんだって。

だって、ね・・・


純 「ほらねー。A子もB子も余計な気遣いは無用にしてくれるかなぁ」

A子 「だってさぁ。ほれ、あんたには前科があるわけだし」

純 「ぐっ」

憂 「ほ、ほんと平気だから。それに、ね。ピクニックって言ったって、そんな大げさなものじゃないし・・・」

B子 「そうなの?純」

純 「うん。夏の遠出のリハみたいなもんだもんだよ

B子 「リハーサル?」

純 「そそ。ちょっと郊外の公園でも行って、のんびりお弁当でも食べてこようって、そんだけ」

A子 「ふーん・・・ま、憂ちゃんが良いって言うなら良いんだけどね」

B子 「うんうん。憂が言うならね」

純 「なんか引っかかる言い方・・・」

A子 「引っかかるように言ってるんだもーん」

純 「くぅ!にゃにおー!!」

憂 「あははは」


自然と笑いが出る、こんな今がとても楽しいから。

友達と一緒に他愛のない話で盛り上がって、ときどき困らされて。でも最後は笑って。

ちょっと前までは、無理に興味がないふりをしていた「人の輪に交わる」ということ。

たぶんみんなが当然にしてること。だけどそれは、私が新たに発見した楽しさ。

だから。

緊張なんて無用な衣を脱ぎ捨てられたら、身軽になれたのなら。

きっともっと楽しく笑い合えるようになるに違いない。

そうなりたいって思う。

そうなるため、そのためにも。


憂 「ピ・・・ピクニック、楽しみだねっ」

純 「うん!」


私が一歩前に進む勇気を持たないとね。


憂 「それにしても・・・」

純 「ん?」

憂 「純ちゃんたち、仲いいよね」

A子 「えー、そっかなぁ。そうでもないんじゃない?」

純 「おいおい」

憂 「・・・あはは」

B子 「まぁ、そうね。私たち、小学校からずっと一緒だったから、ね」

A子 「仲良しってより、腐れ縁ってやつ?」

純 「身も蓋も無いね」

憂 「でも、そうやって好きに言い合えるのって、本当に仲が良い証拠だと思う」

A子 「そっかな・・・改まって言われると照れるよね。・・・へへ」

B子 「そうね。ところで憂は?」

憂 「うん?」

B子 「小学校で親しかった子とか、クラスにいないの?」

憂 「・・・」

純 「あ、それは・・・」

憂 「・・・いないよ。みんなほとんどが学区外で、別の中学に行っちゃったんだ」

A子 「そうなんだ」

憂 「あとは他のクラスに少しだけ。同じクラスになった子はいないよ」

B子 「・・・そう、それは寂しかったわね」

純 「・・・」

憂 「ううん。今は純ちゃんやA子ちゃん、B子さんと仲良くなれたし。寂しいことなんて、なんにもないよ」

A子 「そっかぁ・・・」

B子 「だって。良かったわね、純」

純 「・・・」フルフル

B子 「純?」

純 「・・・憂ーーっ!」ぎゅーっ!

憂 「わあ!?」

A子 「ちょ、いきなり憂ちゃんに抱きついて!何してるの、お前は!」

純 「だって、憂があまりに健気で。ああ、憂!俺は一生お前を離さないぜ!」

B子 「あーもう。なに言ってるのよ。憂、困っちゃってるでしょ。こら、離れたげなさい」

純 「いや!憂は俺の嫁!」

憂 「じゅ・・・純ちゃんん・・・」


季節は初夏。じりじりと日の光は窓から差し込み、黙っていても汗で服を肌に張りつかせてくる。

それに加えて純ちゃんの体温。暑い。

      • 暑苦しい。

でも。でもね、不思議だね。

純ちゃんの暖かさを肌で感じている、今。

私、ぜんぜん不快じゃない。


6