放課後!教室!!


純 「けっきょく今日・・・一言も平沢さんと口きくことができなかった・・・」ハァ・・・

純 「A子にB子め・・・あいつら余計なこと言うから、気が引けちゃってどう接したらいいか分からなくなっちゃったじゃない」

純 「・・・」

純 「まぁ・・・それもこれも、思い当たることがあるから、こうなっちゃったんだけどさ」

純 「すべては自分のせい・・・かぁ・・・」ハァ・・

憂 「・・・ため息ばっか」

純 「そう言ってくれるな。このため息一つには万感の想いが込められていてだね」

憂 「その想いって、なぁに?」

純 「それは・・・て、平沢さんっ!?」

憂 「うん」

純 「あわあわ・・・な、なに?どうかしたの???」

憂 「うん。ちょっと鈴木さんに聞いて欲しいことがあって。時間、いいかな」

純 「そ、そりゃいいよ!ぜんぜん問題ないよ!」

憂 「あは、ありがとう。でも、ここじゃ何だから・・・マックでも行こうか。クーポン、持ってるんだったよね」

純 「あ、うん・・・あるよ」

憂 「それじゃ、行こう?」



マック!店内!!


憂 「席、ここで良いかな・・・」

純 「うん、いいよ。たぶん良いと思う。良いんじゃないかな」

憂 「ふふ、鈴木さん変なの。じゃ、座ろ?」

純 「う・・・うん・・・」

純 (うう・・・なんとなく気まずい)

憂 「鈴木さん・・・」

純 「はへぃ!?」

憂 「昨日はお昼休み、逃げ出しちゃってごめんね?」

純 「う、ううん。私こそ、なんか色々考えなしで!平沢さんの気持ち、これっぽっちも考えてなかったなって・・・それで・・・」

憂 「それで今日、話しかけてきてくれなかったの?」

純 「どう近づいて良いかわからなくなっちゃって・・・」

憂 「お友達に・・・言われちゃったから?」

純 「だね。あいつらの言うこと、思い当たりありまくりだったし。ていうか、なんで平沢さんがそのこと知ってるわけ?さてはあいつら、何か言った!?」

憂 「うん。いろいろ聞いちゃった」

純 「いろいろって・・・」

憂 「鈴木さんは一直線で単純なんだって」

純 「はぁ!?」

憂 「それで、相手の心の機微を考えて行動できる子じゃないとも・・・」クスクス

純 「なにそれ!にゃろー、あいつら!明日は覚えてろよ!」

憂 「あと・・・私と本気で仲良くなりたがってるんだって・・・」

純 「え・・・」

憂 「友達って良いね。本当に通じ合ってると、そういう心の奥底のことまで分かり合えちゃうんだね。うらやましい」

純 「平沢さん・・・」

憂 「えへ・・・私、友達いないから」

純 「・・・」

憂 「必要ないって思ってたの、友達なんて」

純 「なんで、そんな風に・・・」

憂 「・・・聞いてくれる?」

純 「え・・・」

憂 「私の気持ち。いろいろ・・・友達のこととか。あと、大切な人の事だとか、ね。鈴木さんに聞いて欲しい」

純 「あ・・・うん。聞くよ。そりゃ、私でよければ、何だって聞くよ!」

憂 「ありがと」ニコッ


ぜんぶ打ち明けよう。

今までのこと。それによって私がこの考えにいたった経緯。

私の大切な人。その人への想い。決して報われない、この想い。

それを知って鈴木さんがどう思うか。”彼女たち”みたいに、また私から離れていくのか。


純 「・・・ん?な、なに・・・じっと見て・・・」


それならそれで良い。もし彼女が私を受け入れられないと思ったのなら、私もまた友達という存在に再び絶望するだけ。

そう、ただ最初に戻るだけ。和ちゃんが言うとおり、何も変わらない。

何も失わない。今まで通り。


純 「ど・・・どったん?話って・・・。ひ、平沢さん・・・?」


そう、今まで通り。

朝は静かに始業を持つことができるようになって。昼は一人でのんびり、自分のペースでお弁当を食べて。

帰りは夕食の献立をスーパーでじっくり吟味して・・・独り家路に着く。

何も変わらない。いままで通りの生活が待っているだけ。


ズキンッ

憂 「・・・っ」

(和「憂も鈴木さんのことを友人として認め始めているからじゃないのかしら」)

憂 「和ちゃん・・・私・・・」ズキズキ

純 「え?」

憂 「あ、ううん。それじゃ話す・・・ね・・・」


私ね、小学生のころ。仲良くしていた子たちがいたんだ。親友って思ってた。

何でも言える、言ってもらえる関係。気のおけない間がら。そんな風に思ってた友達が。

その頃から私、絵を描くのが大好きで。ノートを持ち歩いては、時間があればせっせとイラストを描いてた・・・

そしてそのノートのすべてのページを埋め尽くしていたのは・・・


憂 「お姉ちゃん。私の姉の・・・平沢唯・・・」

純 「小学生の頃から、お姉さんの絵ばっかり・・・?」

憂 「うん。ね、鈴木さん。私がお姉ちゃんにこんなにこだわるのは、どうしてだと思う?」

純 「え・・・そ、そりゃぁ・・・」

憂 「・・・」

純 「お姉さんのこと、好きだからじゃないの?」

憂 「正解。でも、鈴木さんの思ってるのとは、ちょっと違うと思う」

純 「それってどういう意味?」

憂 「・・・私、お姉ちゃんが大好き。姉としてだけじゃなく、一人の女の子として・・・」

純 「・・・え」


言っちゃった。

鈴木さん、今の私の告白。聞いてどう思っただろう。今、どんな顔をして私を見ているのだろう。

まともに彼女の顔が見られないよ。

でも、言ってしまった以上は、もう後戻りはできない。

全部、言うべきことを言わなくっちゃ。


憂 「変だって思うよね。私も自分自身、どうしてこんな気持ちをお姉ちゃんに持ってしまったのか。分からないんだもの」


でも、それでも。私はお姉ちゃんに恋をしてしまった。

女の子同士でましてや血の繋がった姉妹だもの。こんな想い、報われるわけはない。

当時の私は今よりもずっと小さくて幼かったけど。だけど、その事はちゃんと理解していて。

だから、ね。そんな自分を自分で慰めるためだったんだと思う・・・

いつしか私は、ノートの中・・・紙の中に理想のお姉ちゃんを創造することを覚えたんだ。

ノートの中のお姉ちゃんはいつも私だけに笑いかけてくれて、私の想いを正面から受け止めてくれる。

そんな妄想を抱きながら、書き綴ったノートは今のもので何冊目になるのだろう・・・


憂 「えへへ。自分でももう分からないや」

純 「・・・」

憂 (鈴木さん、何も言ってくれない。それはそうだよね。引いちゃうよね・・・)

憂 「そ、それでね・・・」


そんなある日。当時親しくしていた子たちにノートを見られてしまったの。

そして、私の気持ち。そのノートの持つ意味。ぜんぶ知られちゃった。

そうしたらね・・・


憂 「みんな、私から離れていっちゃった。えへ・・・」

純 「・・・」


辛かった。悲しかったな。確かに私の想い、普通じゃないっていうのは自覚していたけれど・・・だけどね。

それでも彼女たちには受け入れて欲しかった。私がただ、お姉ちゃんを胸の内でだけ愛してることくらいは・・・

      • それからだよ。

私が友達を作らなくなったのは。ただお姉ちゃんと、あと一人。信頼できる姉のような人がいるんだけど。

その二人がいれば、後はもう誰も要らない。寂しくない。

友達なんて作るほうが、いざ離れていかれちゃった時に悲しい想いをするだけだって知ったから。


憂 「て、思ってたのに。なのに鈴木さん・・・鈴木さんがね」

純 「・・・え、私?」

憂 「・・・ううん、なんでもない。さて、これが私の話したかったことの全部。最後まで聞いてくれてありがとう」

純 「ううん。・・・ね、なんでその話、私にしたの?」

憂 「知りたかったから」

純 「え?」

憂 「私の事を。私の思ってる事を知って、鈴木さんが私をどう見るのか。どうするのかを知りたかったから」

純 「・・・平沢さん?」

憂 「また・・・昔みたいになっちゃうのか、それを知りたかったから」

純 「・・・そっか」

純 「んー・・・何から話せばよいものやら・・・ま、とりあえずさ」

憂 「・・・」

純 「平沢さんがお姉ちゃんを好きなこと、知ってたから」

憂 「・・・」

純 「・・・」

憂 「・・・え?」

純 「うん、知ってたよ」

憂 「な、なな、なんで・・・?」

純 「すっごい良い笑顔だったから!」

憂 「え、なに言って・・・」

純 「平沢さんがお姉さんと一緒にいる時の笑顔。見てるこっちまでほだされちゃうような、最高の笑顔だった!」

憂 「え?え?」

純 「たまたま、ね。二人が一緒にいる所を見ちゃってさ。でね、そんな平沢さんを見て。ああ、良いなぁ。良い笑顔だなぁって」

憂 「・・・」

純 「あんな笑顔を向ける事ができるなんて、それだけお姉さんのことが大好きなんだろうなって」

純 「そんな最高の笑顔を、ね。私にも向けてもらえたら良いなって。その時そう思ったんだ」

憂 「じゃあ、じゃあ・・・私の気持ちをぜんぶ気がついていて、その上で友達になりたいって思ってくれたの?」

純 「うん」アハッ


鈴木さんは、こともなげといった風に頷きながら笑った。


憂 「私がお姉ちゃんのことを好きって知って、引いちゃわないの・・・?」

純 「別に」

憂 「気持ち悪いって思わない?」

純 「滅相もないよ」

憂 「・・・姉妹同士でありえないって、そう思わない・・・?」

純 「うーん・・・そこは正直わからないんだけどね。たださ、人なんて理屈ばかりで好いたり嫌ったりするだけじゃないじゃん」

憂 「う、うん・・・」

純 「好きになっちゃったもんはしょうがないし。それに、お姉さんを好きになったことであんな風に幸せそうに笑えるならさ」

憂 「・・・」

純 「私はアリだと思うよ!」

憂 「鈴木さん・・・」

純 「そのおかげで、私も平沢さんと友達になりたいって思えたわけだしね。にへへ・・・」


憂 (・・・あ)


心が溶かされていく。

意固地になって友達なんて要らないって思い込んでいた、私の心の奥底。冷たく凍った心の根っこが。

寂しかった。本当は寂しかった。

一人、自分の席で授業が始まるのを待つだけの朝。

一人ぼっちの休み時間。

一人で食べる給食の空疎感。

放課後の予定はいつも空白のままで。

でも、それで良いと思い込んでいた。大好きな友人にまた離れていかれる辛さに比べたら、と。

だから認めなかった。自分が寂しがっている事を頑なに。

そんな頑迷な思い込みが。鈴木さんの言葉で氷解していく。

私・・・私は。そう、私は。

私は友達を作ってもいいんだ・・・!


純 「ま、ちょっと暴走しちゃったかもで、そこは反省してますが・・・」

憂 「いいよ」

純 「へ?」

憂 「いいよ、鈴木さんは今までのそのままで」

純 「いいの、本当に?」

憂 「うん。だから、ね。す・・・鈴木さん・・・」

純 「うん?」

憂 「わ、私と・・・と・・・ともっ・・・あ、あぐ・・・」

純 「あぐ?」

憂 「でなくって!わ、私と友達になってください!」

純 「そりゃ・・・うん。いや、それどっちかってーと、こっちのセリフ・・・」

憂 「い、良いかな・・・?」

純 「・・・うん。もっちろん!」

憂 「あ、ありがとう!」パァー

純 「お。そうそう、その笑顔!」グッ


親指を突き立てながら微笑む鈴木さん。

その笑顔に、私も衒いのない笑顔を返す。

何一つ身構えることなく、自分を偽ることもない。

素直な笑顔を。


そして・・・


5