梓「オス!」ビシッ

梓「……ふぅ」

梓「あーあ、先輩たちまだこないのかな」

唯「……」ニヤニヤ

梓「えっ」クルリ

唯「あずにゃーん。なにしてたのー?」ニヤニヤ

梓「えっ、あっ……唯先ぱ……ああぁぁ見、見て…た」

唯「ほあちゃあ♪」

梓「ああああああああ!!」

唯「あずにゃん何してたのかな?」ニヤニヤ

梓「……居るなら言ってくださいよ」

唯「あずにゃんが楽しそうだったから♪」

梓「忘れてください!忘れてください忘れてくださいください!」ズズイ

唯「えー?こんな愉快なことわすれられるかなぁ」ニヤニヤ

梓「うう……」

唯「一緒にやる??」

梓「しません!」

唯「それは残念♪」

梓「あの……他言は……」


ガチャ

律「汚物は消毒だぁー!!」

紬「遅くなってごめんね~」

澪「二年のほうが授業早かったのか」

唯「あ、みんなー!きいてきいて!さっきあずにゃんがね、ぷふふふ」

梓「ああぁぁぁあああ!だめえええ!」ガシッ

澪「梓がどうかしたのか?」

梓「なんでもありません!なんでもありませんので悪しからず!!」

唯「モガモゴ、ふがふが」

律「なんだよ言えよ」

梓「なにもありませんでしたし!」

紬「……気になる」

梓「ムギ先輩まで!」

唯「もがふが、あじゅなんくるひー」

梓「あ、すいません」

唯「ぷはぁ。ひどいなぁあずにゃんあんなことしといてからに」

澪「あんなこと?」

梓「わあああああ!なんでもないですから!はい練習しましょうワハハ」

律「あんなこと……」

紬「必死に隠すあんなこと……」

澪(まさか!)

律(まさか!!)

紬(まさか!!!)

梓「ぜーったい言っちゃだめですからね!」

唯「えー」

梓「言ったら絶交です」

唯「やだよぉ」


唯「あずにゃんあんなことしてたから汗くさいね」

梓「そんなことないですし。だいたい全力じゃありませんでしたし」

唯「へぇー、あれで全力じゃないんだ」

梓「うう……どうでもいいでしょ」


澪(見られたら恥ずかしい、汗臭くなる……全力……確定だな)

律(まさか梓がそんなことを……)

紬(なんてハレンチな子なの……)


三人(部室でオナニーするなんて!!)


唯「今度私にも教えてよ」

梓「やですから」

澪「おっ、おいなんてこと頼んでるんだ///」

律「たいがいにしろたいがいにー///」

紬「女の子には女の子のプライベートがあるのよ唯ちゃん///」

唯「?」

唯「どうしたのみんな顔真っ赤だよ?暑いの?」

梓「私暑いんで唯先輩は離れてください」

唯「のー!今日のあずにゃん分補給はまだなのです」


律(オナニーみた相手によくだき付けるよな……)

澪(見られるってどんな気分なんだろ)

紬(梓ちゃん、すました顔してるけど、いつも部室でしてるのかしら)


唯「あーあ、私も一緒にしたかったなぁ」ニヤニヤ

梓「まだ引っ張るんですかー?」

唯「だってほんとみてるだけで興奮したよ」


律(部室でなんて話してるんだ変態め)

澪(一緒にオナニーしたいとか……)

紬(もうセックスしたらいいのに!)


梓「唯先輩には無理ですよ」

梓「体かたそうですし」

唯「だからあずにゃん教えてー」

梓「慣れないうちは翌日全身疲労で動けませんよ」

唯「へーけっこうハードなんだ」

梓「全身つかってやりますからね」

唯「あずにゃんはすごいねー」


澪(ハードなのか……)

律(んなもん部屋でやれよ……出くわしたらどうすんだよ、ってもう唯は見ちゃったんだよな)

紬(ごくり……全身をつかうオナニー……)


梓「そろそろ練習しましょうか」


澪(オナニーのか!?って違うか)


唯「練習めんどくさいなー」

梓「しなきゃ学祭間に合いませんよ」

唯「あ、そうだ!MCがわりにさっきのアレしない?うけると思うよ」ニヤニヤ

梓「しませんって/// 普通に考えてはずかしいでしょ!!」


澪(恥ずかしいどうこうじゃなくて、通報されるだろ……)

律(少なくとも澪のパンチラ事件は霞むだろうな)

紬(公開オナニーショー……なくは無い)


梓「ばかなことばっか言ってないで練習しますよ」

唯「いいのかなーそんな口きいて。バラしちゃうよー?」

梓「なっ!この先輩はぁ~!!」


澪(いやいや余裕でバレてるからオナにゃん)


唯「冗談だよぉ」

梓「当たり前です。見損ないます」


律(見損ったのはこっちだ梓)

澪(露出オナニー狂)

紬(盗撮したら怒るかしら)


唯「じゃあ交換条件。だまっててあげるかわりにー♪」

梓「そんなのひどいです!」

唯「どうしよっかなー♪」ニヤニヤ

梓「うう……鬼です」

唯「今日部活おわったらさっきのやつ手取り足取り教えて♪」

紬「ぶふぅー!!」バタリ

梓「えっムギ先輩どうしました!?」


律(興奮しすぎて倒れやがった。だめだこの部員ども……)

澪(けいおん部おわったな)


唯「あーあ、あずにゃんが無駄に張り切って室温あげるから」

梓「いやいや……てかムギ先輩大丈夫ですか」

紬「……私のことは気にしないで唯ちゃんとたっぷり励んで……」

梓「えっ」

澪「お前たちの変態っぷひには完敗だよ」

梓「へん……たい……?」

唯「あーあ、バレちゃったねあずにゃん」ニヤニヤ

梓「う、うわああああああ!!」

律「まぁまぁ。これからは変態師匠と呼ばせてもらいますぜ」

梓「死にたいいいい!死にたいいいいい!」

唯「元はと言えばあずにゃんがあんなことするからじゃん」

紬「落ち着いて。私たちは感服してるのよ。梓ちゃんのポテンシャルにね」

梓「感服された……」

律「気にすんなよな。思春期ならだれしもこういうことあるって」

唯「いやいやないよ」

澪「唯は子供だからな。プロの梓に教えてもらえ」

梓「こんなのでプロ扱いされたくありません」

梓「ていうかみなさんもこっそりしてるんですか!?」

紬「ええ。私は毎晩してるわ」

律「そのカミングアウトいらねーなぁー」

梓「そんなにしてるんですか!?」

澪「一日一回は普通だろ」

律「ほぅ、やりてだな」

唯「へーそんなに流行ってるんだ」

律「唯は知らなさすぎだろ。保健体育で習っただろ」

唯「ならっ……たっけ?」

梓「さぁ?私は父のビデオでハマりました」

律「やべぇ上級者だ!」

澪「かなり幼いころからやってるとみた」

梓「恥ずかしいですけどみなさんもしてるならこの際ぶっちゃけますね」

梓「私小学二年の頃から自然と体が動いてました!!

紬「すごぉい!私でも小6からなのに!」

梓「ハマったのが早いかおそいかだけですけどね」

律「私は知りもしなかったっていうのに」

澪「もっと早く出会いたかったよな」

梓「まったくですね!こんなにすっきりすることそうありませんよ!」

唯「いいなーいいなー私もしてみたい」

律「んもう///唯ったら」

唯「すっきり気持ちいいんでしょ!?」

梓「最高の気分ですよ」

唯「あずにゃんイキイキしてたもんね」

澪「イキイキしながらイキイキ……ぷくく」

紬「じゃあみんなでしましょ!」

梓「そうですね!ここなら他の人もきませんしばっちりです!」

唯「あずにゃん仲間が増えた途端元気すぎ」

梓「い、いいじゃないですか純粋に嬉しいんですから」

澪「よし、ちょっと恥ずかしいけどやってみようか///」


唯「よぅし。目指せあずにゃんだね」

律「梓大先輩ってよぼうぜ」

梓「やめてください恥ずかしいです///」

澪「みんなで同時にするのは騒がしいし、まずは私たちのをみてもらうか」

紬「そうね!」

律「いっちょやってやるか!」

梓「みせてください、みなさんの長年の成果」


三人「……せーの!!」ズリッ


梓「えっ」

唯「なんでパンツおろした……きも……」



三人「えっ!?」



終わり