#廊下#

紬「次は誰と仲良くなろうかしら~♪」

いちご「・・・・」テクテク

紬「あらこんにちわぁ~♪」

いちご「・・こんにちは」ペコ

紬「生徒会室に用事?」

いちご「頼まれてた物、持ってきた」

紬「学園祭の時は色々とありがとうね?」

いちご「・・・うん。」

紬「いちごちゃんとはあまり話したコトないから今度ゆっくりお話したいわ~♪」

いちご「ん・・別に構わない」

紬「ありがとう~♪今日はこれで失礼するわね~」

いちご「うん・・・またね」クルッ

紬「・・・・」スッ・・

ずどむっ☆

いちご「あぐぅ!?」

紬「フフフ・・・・」グリグリ

いちご「ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・」ブルブル・・

ぎゅるるりんっ☆

いちご「あ"っ」ガクンッ

タタタタタ・・・

生徒「何かあったんですk

ずどむっ☆

生徒「ん"に"っっ!!」ピーンッ!

先生「一体何の騒g

ずどむっ☆

先生「ふんぐぉっ!?」ピーンッ!

紬「うふふふふふふふふふふふふふふふふ♪」

生徒「・・・・・・」ヒョコヒョコ・・



唯「ねー澪ちゃん」

澪「ん?何だ?唯」

唯「ヤッパ流行ってるんじゃない?アレ」

唯「同じような歩き方の人いっぱいいるよ?」

澪「・・・・どうなってるんだ・・」

律「もしかしてみんな私と同じように・・・」

澪「いくらなんでもそれはないだろう」

唯「じゃーやっぱり流行ってるんだよっ!」

律「ん~、もうソレでいーや」

澪「でもなんか苦しそうな顔してるぞ?」

紬「ただいま~♪」

律「おー、ムギー」

唯「おっかえりぃ~♪」

澪「和に所に行ってたのか?」

紬「そぉで~す♪」

紬「ちょっと大変だったけど何とかなったわ~♪」

唯「ぉぉーっ、さっすがムギちゃん!」

唯「次はりっちゃんだね!」

澪「律の今後についてはとりあえず放課後にでも・・・」

律「いや私のはもーいいって!」

唯「えぇ~?」

紬「りっちゃんの方は唯ちゃんに任せましょ~♪」

唯「まかせてりっちゃん!」

律「いーやーだぁ~!」

澪「・・・・///」



#放課後#部室#

バンッ!

唯「いっちば~ん!」

律「くそーっ!段差で躓きさえしなければーっ!」



#廊下#

澪「まったくあの二人は・・・」

紬「澪ちゃん、一緒に行きましょう?」

澪「あぁ」

澪「そう言えばムギはどうやって和となk

ずどむっ☆

澪「・・・・・・・・・・」プルプル・・・

澪「・・・・さ・・・先に行く・・・・」ヨタヨタ・・


ガチャッ

澪「・・・・・や・・やぁ二人とも・・・」ブルブルブル・・

唯「おーっ、澪ちゃん!」

律「・・澪?・・・なんか顔が青いけど大丈夫か?」

澪「だいじょうぶだとも」カクカクカク

唯「なんか澪ちゃんポリゴンみたいになってるよ?」

律「ポリゴン!?」

澪「だいじょぶ。しんぱいない。。。」

律「とてもそうは見えないが・・・」

唯「ほぃ澪ちゃん、椅子だよ~」

澪「・・・ぁりがとぅ」ストン

澪「ん"ん"ん"ん"ん"ん"ん"!!!」ビクーンッ!

唯「ぉわぁっ!?」

律「澪!?」

澪「 」

律「何が起きた!」



#同時刻#廊下#

紬「あら?」

梓「あ、ムギ先輩」

純「こんにちは~」

紬「二人ともこんにちわぁ~♪」

梓「これから部室に向かう所だったんですよ」

純「じゃあ私はジャズ研行くね」

梓「うん。またね、純」

梓「・・・って・・純?・・・・純!」

純「 」ピーンッ!

梓「なんで急にこの世の終わりみたいな顔になってるの!?」

梓「ねえったら!純!!」

梓「あのっ!ムギせんぱ・・・いない!?」

梓「どーしろってのよ~!」

梓「とりあえず純を引きずって一度部室に・・」


ガチャッ

梓「こんにちは!あ・・あのっ!」

唯「おぉ~、あずにゃんではないかぁ~!」

律「んぉ?・・その子は確か・・・」

梓「純です!今大変なコトになってて・・!」

梓「って澪先輩!?」

律「あ~、こっちもちょーっと妙なコトになっててなー」

梓「ムギ先輩はどうしたんですか?」

唯「ムギちゃんはまだ来てないよ~?」

梓「ええぇ?さっき廊下で会いましたけど・・・」

律「ムギの奴最近様子がおかしくないか?」

唯「もしかしたらムギちゃんg

ずどむっ☆

唯「・・ずどむ?」

梓「ゅゅゆゆゆぃせんぱぱぱいいぃ」ガクガクガク

唯「あずにゃん?・・・どったの?」

梓「ぁぁぁぁゃばぃですぃたぃですぉかしぃですうぅぅ」ガクガクガク

律「梓!?・・おい!?」

梓「くふぅ・・・・」パタッ

唯「あずにゃん!?」


律「・・・・・ムギ・・・お前がやったのか」

紬「あら見つかっちゃったわ~♪」

唯「ムギ・・ちゃん・・・?」

律「どーゆーつもりなんだっ!ムギ!」

紬「りっちゃんには効果がイマイチみたいね~」

律「効果ってなんのこうk

ずどむっ☆

律「 」ピーンッ!

唯「また!?」


憂「やっぱり貴方の仕業だったんですね」


唯「うい?どうしてココに?」

憂「ゴメンおねえちゃん、ちょっと紬さんと二人で話させてもらえないかな?」

唯「私を仲間はずれに!?」ガーン

憂「違うよぉ~!どうしても紬さんと話ておかなきゃならないコトがあって・・」

唯「そっかぁー、わかったようい~」

ガチャバタン


憂「ありがとうおねえちゃん」

紬「・・・・・・」

憂「で、紬さん。これは一体どういうコトですか?」

憂「まさかおねえちゃんにも何かしたワケじゃないですよね?」

紬「唯ちゃんはまだよ」

憂「そう・・・良かった」

紬「憂ちゃん!勘違いしないでね?」

紬「私はただみんなとなかy



『『『ズドム!!』』』ビリビリビリ・・・

紬「かぅぁぱ・・・」ドサッ

憂「・・・・・」ドギュルリリリリリリリリ!!

紬「けfjびぺhbそjヴぁおyfぼp」

ずどむっ! ずどむっ! ずどむ!っ ずどむっ!
  ずどむっ! ずどむっ! ずどむっ! ずどむっ!

紬「 」ビクンビクンビクビクビビビビ・・・・

憂「この技は小学校のころ友達を重体にしちゃって以来封印してきたのに・・・」

憂「まさかこんな形でまた使うコトになるなんて・・・」

憂「それにしても紬さんはどうして急にみんなを・・・」

憂「でもおねえちゃんが無事でよかったぁ」


ガチャッ

唯「うい~?もういいかな?」

憂「うん!今ちょうどお話が終わったトコだよ」

唯「そっかぁ~・・ってムギちゃん!?」

憂「紬さんは最近ずっと寝てなかったらしくて今寝ちゃってるんだよ~」

唯「そうなんだ!?・・・・・すっごい寝相・・・なんか出てるし」

憂「そろそろ帰ろ?おねえちゃん♪」

唯「おぉ、もうこんな時間!」

唯「なんかみんな寝ちゃってるみたいだし先に帰ってもいいよね?」

憂「うんうん」ニコッ



#平沢家#

唯「ただいまぁ~♪」

憂「すぐゴハン作るからおねえちゃんはテレビでも見ててね♪」

唯「あ~~い♪」

唯「よっこらしょ・・っ」

憂「おねえちゃん?どうしたの?」

唯「靴がぬ~げ~な~い~」ユラユラ・・

唯「うい~助けてぇ~」ヨタヨタ・・

憂「もぅ、しょうがないなぁー」

憂「じゃあちょっと後ろ向いてー」

唯「ほ~い」クルリ

ずどむっ☆

唯「む"ぃ"!?」ピーンッ!

憂「しまったあああああああああああ!!」

憂「おしりを見たらつい条件反射でっ!!」

憂「おおおおねえちゃんしっかりいいぃ!」

唯「 」ピーンッ!




お し ま i


ずどむっ☆

俺「 」ピーンッ!