律「――梓もいないし今日は帰るか」

紬「あ、鍵は私が返しておくから、先に帰ってて?」

律「いいのか?」

紬「うん。それくらいさせて?」

律「……ん、じゃあ頼むわ。行くぞ澪」スタコラ

澪「あ、待てよ律……ムギ、ゴメン、ついでにソレも何とかしといてくれ。じゃあまた明日!」ダッ



唯「zzZ……」←ソレ



紬「……すっかり忘れてた。おーい、唯ちゃーん?」ユサユサ

唯「ん……んぁ…? あれ、ムギちゃん?」

紬「おはよう、唯ちゃん。もう帰る時間よ?」

唯「んー……そっか。……ねぇ、ムギちゃん」

紬「ん? なぁに?」

唯「どうだった? みんなムギちゃんがヘンタイさんだってわかってくれた?」

紬「え? そ、それは……もういいの。
  唯ちゃんは寝てたから知らないだろうけど…
  性癖をわかってもらおうなんて私の我が侭だったの、結局」

唯「ふーん……」

紬「うん……」

唯「……でも、わかって欲しかったんでしょ?」

紬「……うん」

唯「どうしてわかって欲しかったの?」

紬「え? それは……それが本当の私だから……」

唯「違うよー。『みんなに』わかってもらおうとした方の理由だよ」

紬「え? そ、それは……」

唯「……ムギちゃんは、本当の自分をさらけ出すのは一生に一人でいいとか、
  そういういい子な考え方すると思ってたよ、私」

紬「……だって……そっちのほうが……皆に一斉にそう見られる方が…気持ちよさそう…だから…///」

唯「ふーん……ムギちゃんは本当にヘンタイさんなんだね」

紬「んくっ!」ゾクッ

唯「考えられる限りで最高に気持ちいいって思うコトを、
  いきなり求めちゃうなんて……欲張りすぎるヘンタイさんだねー、ホントに」

紬「う、うん……ごめんね、変態で…」ハァハァ

唯「どうしてそんなヘンタイさんになっちゃったの?」

紬「え、えっと、それは……その…」

唯「知りたいなー。ムギちゃんが最初に、なにで気持ちよくなっちゃったのか」

紬「う、うん。だ、誰にも言わない…?」

唯「言ってほしくないなら言わないよ?
  あれ、でもヘンタイさんのムギちゃんはみんなにも知って欲しいのかな?」

紬「そ、それは……そのっ……やっぱり、恥ずかしいというか……」ハァハァ

 (……あ、あれ? なんで私、興奮してるの…?
   口では恥ずかしいって言いながら、何か期待してる…?)

唯「ふーん……そこまで言われると気になるなぁ~。聞かせて聞かせて?」

紬「う、うん。あのね……小さい頃にね――……」

 (……あぁ、逆らえない。なぜかはわからないけど、唯ちゃんには逆らえない)

 (私は自ら、弱みを見せる。唯ちゃんに言われるまま丸裸になっちゃう。どうして?)




紬「――ということがあってね……」ハァハァ

唯「へぇ~。なかなかベテランのヘンタイさんだね! プロだよプロ!」キャッキャッ

紬(唯ちゃんの言葉は、いつもとそこまで変わらないのに。
  他の皆のように、露骨に意識した言葉じゃないのに……)

唯「……ねぇ、そんなプロのヘンタイさんのムギちゃんはさ……何をして欲しいの? 何をされたいの?」

紬「……教えたら…してくれる?」

唯「うん。そんな期待した目をされちゃうと……何でもしてあげたくなっちゃうよ…」

紬「唯ちゃんは…こんな変態の私でも、いいの?」

唯「ムギちゃんはムギちゃんだよ。どんなにヘンタイさんでも、私にどんなことをされたがってても、ね」

紬「………うん……」

 (……そっか。いつもと変わらない優しい言葉だから、優しい唯ちゃんだから、逆らえないんだ)

 (唯ちゃんは、絶対に私を拒まない。絶対に私を受け入れてくれる。何を知っても私に対する態度を変えない)

 (だから、意識することなく、遠慮することなく、私は全てをさらけ出せる。
  裸のままで唯ちゃんに服従したくなる)



紬「あのね、唯ちゃん。私がして欲しいことは――……」




そして翌日――


紬「――今日はマドレーヌを持ってきましたー♪」

唯「わーい!」

律「おっしゃー、食うぞー!」

澪「だから練習……あぁもう、どうせ聞かないってわかってるけど!」

梓「やれやれ……」


いつもと変わらない光景。変わらない日常。
昨日の事なんて嘘のように、軽音部はいつも通りです。
違うのは私だけ。だけど、それでもこれが日常。


唯「ムーギちゃんっ!」ダキッ

紬「ひゃうっ!」ドサッ

律「おーおー、仲のよろしいことで」


唯ちゃんに勢いよく抱きつかれ、ソファに倒れこんでしまいます。
恥ずかしさから思わずスカートを押さえてしまうと、そこに唯ちゃんの手が重ねられて。


唯「……ちゃんとはいてないか、確認してあげよっか?」

紬「んっ……や、やだぁ……皆の前じゃ…」

唯「えー? 昨日は皆に言ってたくせに~」

紬「う、ううっ……そうだけど…」


昨日の事は、梓ちゃんも含めて皆が忘れてくれると言いました。だから二度と蒸し返してはいけません。
だって、それが日常だから。軽音部の変わらない毎日だから。
今だって、唯ちゃんと私の行動は仲のいいじゃれ合いにしか見えないはずです。
そうでないといけないのです。軽音部を、この仲良しの空気を壊さないために。


……なんて、そんな良い子ぶった自制心は半分くらいしかありません。いえ、今となっては半分もありません。


唯「ほーら、ちらっと……」チラッ

紬「だ、だめだってば!」バッ

律「……ん? どしたー?」

紬「な、なんでもないっ!!」アセアセ

唯「ちぇっ」

紬「も、もうっ……」ハァハァ


皆にバレてはいけない。それはもはや前提にしかすぎないのです。
バレてはいけないことを私はしている。バレてはいけないのに、皆の前で堂々とそんな行為に溺れている。
そんな、言わば背徳感のようなものが私を余計に興奮させているんです。


いつもと変わらない皆の前で。いつもと変わらない唯ちゃんに弄ばれて。

いつもと変わらないこの場所で、私だけが変わっていって。

ゆっくりと、しかし確実に沈んでいく。溺れていく。


唯「――ねぇムギちゃん、明日はどうする?」

紬「えっ? どう、って…?」

唯「明日は体育の授業があるじゃん。しかも合同で二時間も」

紬「あっ…! あ、あの、唯ちゃん、明日はさすがに…」

唯「うん、上も下も付けちゃダメだからね、どうやって着替えるか、
  どうやってバレないようにするか……さすがにちゃんと考えないとねー?」

紬「っ……」ゴクリ

唯「ちゃんとみんなの前で、スカートもブラウスも脱いで、着替えないとダメだよ?」

紬「は、はいっ……///」ゾクゾク


――私の日常を蝕む、唯ちゃんの優しい、温かい毒に、私は溺れていく――





――
―――

律「――いやー、しかし昨日はビックリしたな」

澪「ああ、まぁ……でもムギならなんか納得だよ」

梓「私はまだあまり信じたくないですけど」

律「じゃあ忘れてやれ。ムギはそれを望んでるんだから」

梓「そうですね……」

澪「問題はさ、ムギがマゾだったことじゃなくて」

律「うん、いじめる役を私達に振ってきたことだよな」

梓「ですよねぇ。出来るわけないじゃないですか」

澪「だよな」

律「うん」


律(だって)

澪(私も)

梓(ドMなんだから……)


「「「はぁ………」」」






おわれ
戻る