紬「――というわけで早くお願いします、あずにゃん!」

律「ホラ行け」

梓「っ……もうヤケです、やってやります!」

律「骨は拾ってやるよ」

紬「あずにゃん、早く私を罵って!!」

梓「……そ、そんな言い方で自分の望みが叶うと思ってるんですか?」

紬「えっ…?」

梓「……『梓様』って呼ぶべきでしょ? 躾けてもらう立場なら」

紬「はうっ…!」ゾクゾクーン

梓「ふ、ふふっ……ほら、言ってみなさい…梓様、って」

紬「は、はいっ…あ、あずささまぁ…」ゾクゾク


律「――いけそうだな。さすが軍師りっちゃん」

澪「梓の演技力もなかなかだな」

律「意外といい組み合わせかもしれないな。熱狂的なファンが付きそうな」

澪「むしろもう沢山居そうな」

律「ところでさっきからあずにゃん連呼してるのに唯は反応しないな」

澪「……寝てるぞ、アイツ」

唯「Zzz」

律「……唯が頑張ってるからって理由で梓も頑張ってるのに…報われないなぁ」

澪「まぁ唯が起きてたところで今は何の役にも立たないけどな」

律「それもそうだな」


梓「――ほら、ムギ、おすわり」

紬「はいっ…」ペタン

梓「ひっくり返ってお腹を見せて。私に服従」

紬「え、お、お腹は……」

梓「恥ずかしい? もしかしてまた太ったの?」

紬「は、はい……///」

梓「恥ずかしいなら……尚更見せてもらわないとね、そのだらしなぁいお腹を。
  そうでしょ、このぶt――……っ、えっと……」


律「……?」

澪「あれ、梓の様子がおかしいな」


梓「っ………」

紬「……梓様?」

梓「うわぁぁぁぁぁん! やっぱり無理ですー!!
  暖かくておっとりぽわぽわで良い匂いのする天使みたいなムギ先輩に
  豚なんて言える訳ないですよぉぉぉぉもう帰るぅぅぅ!!!!」ダッシュ


澪「すごい勢いで荷物を回収して出て行きました」



律「ありゃりゃ……さすがに酷すぎたか」

澪「梓はムギを美化しすぎだな。
  いや私達も今のムギにそれなりにショック受けてはいるけど、梓は別格だろう」

紬「」ポカーン

律「ハッ!? くそっ仕方ない、私達でやるぞ澪! ムギの興奮が冷めないうちに梓の後を継ぐんだ!」

澪「え、ええっ!? 無理だって!」

律「二人で力を合わせれば何とかなる! 澪は頭良いんだから罵声も沢山知ってるだろ!」

澪「なんだよその偏見!」

律「間を空けるわけにはいかないのはわかるだろ!? 昨夜のお前を思い出せ!」

澪「適当な事言うな! 昨夜は最後までした!」

律「Oh……」

澪「忘れろ」

律「手伝うならな。っていうか喋ってる時間さえ勿体ない!
  私はムギにお尻ペンペンしとくから! 行くぞ!!」

澪「え、ええ~……」



律「――こらぁぁぁこの豚ぁ! 飼い主様に何をした!!」ペシーン

紬「ひぅん!!」

律(やば、強かったか…?)

澪「ふ、ふん、飼い主に無礼を働くペットなんて
  ペットとしても三流だな。家畜以下、豚以下だよお前は!!」

紬「は、はいっ! ごめんなさいっ!!」ゾクゾクゾク

澪「ほら律、お仕置きだ。身の程ってモノを教えてやれ!」

律「お、おう!」

 (ごめんなムギ)ペシン

紬「あひぃっ!」ビクン

澪「徐々に強くしていくんだ、
  バカな豚に後悔する時間をあげないといけないからな。あと10回だ!」

律(ノリノリじゃねぇか…)ペシーンペシーン

紬「ご、ごめ、ごめんなさいぃぃぃ!」ハァハァ

澪「もっと強くだ、律!!」

律(加減がわからん……まぁムギ気持ちよさそうだしこれくらいでいいんだよな…?)ペシーンペシーン

紬「はぁん、もっと、もっと強くしてくださいぃぃぃ! もっと私に罰をくださいぃぃぃ!!」ハァハァハァ

澪「だとさ。本当に卑しいクズだな……おい律、スカート脱がせ」

律「は? い、いや、さすがにそれは……」

澪「無能な豚でも上は自分で脱げるよな? 私もお仕置きしてやるから、さっさと脱げ」

紬「は、はいっ」ヌギヌギ

律「お、おい澪!」

澪「うるさい律! お前も早くしろ!!」グルグル

律(あ、ダメだこいつ極限状態越えてイっちゃってる)

紬「ぬ、脱ぎました……///」

澪「はっ、だらしないお腹してるな! そらお仕置きだ!」ペシィィィン!

紬「はひぃぃぃん!!」ビクビク

律(ムギの望みとしては正しいんだろうけど見てられねー……)



澪「あっ………」

紬「はぁっ……はぁ……っ?」

律「……どうした、澪?」

澪「………」

紬「……澪様?」

澪「……ご…ごめん、ムギ……」

律「…正気に戻ったか」

澪「うん……こんな、こんな痛そうなことを…私がムギにしちゃうなんて……」

律(…あー、ムギの真っ白いお腹に真っ赤な紅葉が……)

澪「ごめんっ! 本当にゴメン!!」ドゲザ

紬「え? えっと……その…」

律「……ムギ、ちょっとスカートめくるぞ」

紬「え? ひゃっ!」

律「……お腹ほどではないにしろ赤くなってるな……ゴメン、ムギ!」ドゲザ

澪「ゴメン!!」ドゲザ


紬「ふ、二人とも、顔を上げて? 私がお願いしたことなんだから…ね?」

律「でも……」

澪「うん、やりすぎたよ、私達は…」

紬「そんな……私がお願いしたことなんだから……
  私のほうこそ、無理強いしちゃってごめんなさい!」ドゲザ

律「………」ドゲザ

澪「………」ドゲザ

律「……ぷっ」

澪「ふふっ…」

紬「…うふふ。これじゃいつまで経っても終わらないかもね」

律「だな……」

澪「なんだ、案外いつもの私達じゃないか」

紬「うん。いつも通りに戻ろ? 今日の事は…その、忘れてくれたら嬉しいな」

律「そうだな、それがいいな」

澪「うん」



3