純「は、はい・・・」

唯「今の澪ちゃんは海外へ行けます」

星奈「へぇ~、すごいじゃん」

澪「適当言っただけですから・・・」

星奈「どうして敬語になるの・・・」

梓「境界線を引いているんですよ」

紬「あらあら」

星奈「どういう意味さ」

梓「危ない人、安全な人」

星奈「なるほどっ」

ササッ

星奈「甘いっ」ガシッ

梓「うっ」

星奈「まだまだ修行が足りんのぅ」グリグリ

梓「離してくださいっ」

唯「・・・」

憂「楽しそうだね梓ちゃん」

さとみ「ほんとうね」

緑「・・・うん」

梓「もぅ・・・」

さとみ「どうして梓ちゃんは星奈さんにじゃれるの?」

紬「星奈さんと出会ったおかげで梓ちゃんのヴェガでの旅が一層楽しめる事ができた・・・か

らじゃないかしら」

和「なるほど・・・」

澪「なるほどな」

さとみ「そっかぁ・・・」

星奈「そうなの?」ニヤニヤ

梓「はい」

星奈「えっ!?」

律「そのリアクションは正しい」

純「むむむ・・・」

紬「あずさちゃんもありがとう。はい、ラッキーコイン」

梓「は、はい・・・」

星奈「持っててくれてるんだ。わたしもピックを財布の中に入れてるよ」

梓「蛇の皮じゃないんですよっ!」

星奈「冗談だよ~ん」

梓「聞こえませんよ・・・」

律「あ、それさぁ・・・、名古屋のライブで」フガッ

梓「なんでもないですよ~」

純「みらいの様子がおかしいときに」フガッ

梓「みんなで励ましたんですよ~」

星奈「さっきからなにをしてるんだい?」

紬「コイントスしたのよね~」ニコニコ

梓「!」

星奈「ほぅ・・・」

梓「別に・・・」

緑「真似しないでほしいわね」

さわ子「どういう意味なの?」

紬「星奈さんが」フガッ

梓「だ、ダメですよ!」

律「もう星奈にバレたんだから、さわちゃんにも教えていいんじゃないか?」

星奈「梓ちゃん可愛い~」キュルルリン

梓「もみじ饅頭おいしいですね、さすがむぎせんぱいが選んだだけあります」モグモグ

純「必死に誤魔化しているな・・・」

憂「多分そうなんだと思う・・・」

さとみ「誰がどれを選んでも同じじゃないのかな・・・」

澪「多分、梓にとってむぎがどれを選んでも同じ感想なんだろう」

唯「妬きもちだよ!」

和「妬いてるのね・・・」

律「妬くなよ・・・」

緑「・・・」ズズー

さわ子「いい話にもならないのね~」

紬「うふふ」

さわ子「むぎちゃん、おかわりいただけるかしら」

紬「はいは~い・・・あら」

梓「?」

紬「もうなくなっちゃった・・・。淹れてきま~す」

テッテッテ

梓「・・・」ガタ

テッテッテ

純「・・・当然の如く」

憂「・・・うん」

さわ子「しばらくそのままにしておきましょ」

和「そうですね」

澪「・・・むぎもちゃんと旅を終えたんだな」

律「あぁ・・・」

唯「そうだね・・・」

さとみ「・・・」

星奈「・・・よく分からないけど、凄いね」

緑「・・・」

梓「気をつけてください、そこ段差ありますよ」

紬「うふふ、大丈夫よ~」

唯「SPだね」

律「段差なんてないぞ」

紬「さぁどうぞ~」

コポコポ

さわ子「ありがと」

梓「・・・」

星奈「・・・?」

紬「みんなはいいかしら?」

純「あ、お願します」

紬「はいはい~」

コポコポ

梓「・・・」

憂「・・・?」

紬「いい~?」

さとみ「大丈夫みたいよ」

紬「は~い」

スト

梓「・・・ふぅ」

スト

緑「・・・?」

律「いや、梓は何をしていたんだ?」

澪「むぎに寄り添ってただけだよな」

さわ子「あらら、むぎちゃん病ね」

和「この症状はいつまで続くのかしら」

唯「ワクチンは私です!」ダキッ

梓「・・・」ズズー

唯「飲みにくくないの?」スリスリ

梓「・・・」モグモグ

さとみ「末期症状ね」

緑「手遅れね」

律「そういや星奈は本当に料理に興味あんのか?」

星奈「あるよ~ん。と言ってもお菓子だけどね」

紬「ケーキ?」

星奈「ポテチが得意ですよ」

梓「ですよね」

和「北海道出身だから?」

星奈「それもあるけど、妹と弟によくつくってってねだられるのさ」

澪「食べてみたいですね」

星奈「あー、ヴェガで一度作ったんだけどね~」

紬「あら、そうだったの?」

星奈「うん。つばさちゃんと真美ちゃんに食べてもらったよ」

律「私も料理長に頼めばよかったなー」

純「なにを作るつもりだったんですか?」

律「もちろんハンバーグだぜ!」

憂「楽しいですよねハンバーグ作るの」

唯「おいしいよねハンバーグ」

さとみ「おいしいわよね~」

さわ子「慣れたみたいねさとみちゃん」

律「あー、姉御とも料理してみたかったー」

澪「まだ姉御と呼んでいるのか・・・」

純「?」

さとみ「菜々子さんのことよ、純ちゃん」

緑「どうして姉御?」

律「尊敬する人だからさ」キラン

紬「うん、とても助けられた」

律「そうだろそうだろ」フフン

唯「ふふふん」

和「どうして唯までしたり顔なのよ」

憂「どういう人なんですか?」

紬「とっても心が大きい人」

さわ子「私たちは映像でしかみてないからね」

純「うんうん」

紬「みんなをまとめてくれて、みんなを引っ張ってくれて」

律「・・・」

澪「・・・」

紬「とても頼りになる人です」

梓「・・・」

唯「・・・うん!」

さわ子「そう・・・」

さとみ「・・・そんな人が乗っていたのね」

緑「・・・うん」

さわ子「最後の一人がいるわよね」

梓「!」

紬「・・・」

和「髪の長い人ですね」

紬「その人は」

梓「その人は、口が悪くて、いっつも菜々子さんとケンカしてて」

律「・・・」

梓「そのケンカに周りを巻き込んで、迷惑をかけているのに反省とかしないんです」

澪「・・・」

梓「巻き込まれた側が困った顔しているのに、それに構わずどんどん我が道を突き進んで行

くんです」

唯「・・・」

梓「わたしの大切な人を傷つけた人ですっ」

紬「うふふ」

梓「でも、優しくてとっても暖かい人ですっ!」

星奈「素直になったにゃ~」

さとみ「クスクス」

緑「ふふっ」

純「おぉ・・・」

憂「・・・梓ちゃんが羨ましいですね」

さわ子「そうね~」

和「そうね」

唯「あっずにゃん!」ダキッ

梓「ちょっ!」

律「へへっ」

澪「ふふっ」

紬「・・・よかった」ニコニコ

『・・・あなたに会えて・・・。
 あなたがあの部屋の扉を開いてくれたことに・・・とても感謝しています』

あの扉からここへ繋がっていたんだ

引き寄せられるように開いたあの扉


――――――――――出会えてよかった



ドンドンドコダダン

律「むぎー、スタンバーイ!」

紬「え・・・?」

唯「一曲だけ演奏しようよー!」

澪「約束だったからな」

梓「星奈さんたちに披露するです!」

紬「あ・・・うん」

さわ子「大丈夫?ボンヤリしてるけど」

紬「大丈夫です!」

星奈「おー!頑張れむぎちゃーん!」

さとみ「頑張って、むぎさん!」

緑「聴かせて、むぎ」

さわ子「なんだか久しぶりね~期待してるわよむぎちゃん!」

和「むぎ!」

憂「紬さん!」

純「紬先輩!」

律「いっくぜーむぎ!」

唯「むぎちゃん行くよー!」

澪「どの曲にしようかむぎ」

梓「むぎせんぱいあの曲でいきましょう!」

紬「そうね、みんないきましょうー!」


                 終