唯「こっちこそありがとうだよ~」

紬「私もみんなと旅ができてとっても楽しかった・・・」

澪「私もだっ」

紬「・・・もっと一緒に景色をみていきたい・・・」

律「そうだなー!」

紬「・・・」

さとみ「・・・むぎさん」

紬「?」

さとみ「むぎさんの旅の意味・・・教えてくれる?」

星奈「・・・」

緑「・・・」

純「・・・」

さわ子「・・・」

和「・・・」

憂「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

紬「みんなと、もう一度、出会うため」ニコ

梓「!」

さとみ「そっか・・・うん、ありがと」

紬「うふふ」

律「むぎが持ってきたひよ子もあるぞー!」

緑「・・・」モグモグ

純「なにも言わずに食べてる!?」

さわ子「もみじ饅頭食べたわよ・・・」

唯「いいよじゃあ食べなくて」プクー

憂「アイス溶けちゃいましたね」

澪「デジャヴだな」

和「なによそれ・・・」

星奈「ケーキおいし~」モグモグ

梓「たい焼き5個全部食べたのにまだ食べるんですか!」

紬「あ、りっちゃん・・・愛さんのお守り・・・ありがと~」

律「ご利益あっただろ?」

紬「あったわ~」ニコニコ

和「律が風邪ひいたのよね」

星奈「雨にうたれたの?」

和「降っていなかったわね」

律「降ってないけど、降ったんだよっ」

憂「温泉から出た後でしたね」

さとみ「律さんの言葉の意味分かる」

緑「分からないんだけど・・・」

さわ子「DVDで見たわよ」ズズー

星奈「DVD!?エレナの!?」

憂「そうですよ」

星奈「見たい!」

梓「ここにTV無いですから」ププッ

星奈「・・・」グリグリ

梓「・・・離してくださいっ!」

唯「今避けれたでしょー!」

梓「・・・」

星奈「じゃあ貸して!」

律「いつ返すんだよっ!」

星奈「だって、見たいんだもーん」

さわ子「後でポータブルDVDプレーヤー持ってきてあげるわ」

星奈「さっすがみんなの先生だ、話分っかる~」ルンルン

さわ子「ふふ、あなたも見所あるわね」キラキラ

緑「・・・」

唯「あ、DVDお家にあるんだよ~」

星奈「そんな・・・」

緑「・・・」

紬「緑さんがっかりしないで~」

澪「してたんだ!?」

和「さすがね・・・」

憂「持ってきてますよ」

緑「・・・」

梓「あ、感情隠してる」

純「・・・どうして分かるのか・・・・・・」

さとみ「名古屋のシーンとは別にあるの?」

唯「そだよ~。仙台から大阪までだよ」

さとみ「それはぜひ見たいな・・・。焼き増ししたらいいんじゃない?」

緑「さとみ・・・」

さとみ「いえいえ」

律「暗号が交わされたのか?会話が成り立ってた風だけど」

澪「焼き増しはダメだっ!」

紬「あらあら」

星奈「ちぇー」

紬「あ、さわ子先生に大阪の異人館で買ったお土産です。どうぞ」

さわ子「あら・・・わざわざ買ってきてくれたの?」

紬「みんなで選んだの~」

律「日ごろのお礼を兼ねてな」

澪「そうです」

唯「うん!」

梓「ですよ!」

さわ子「この一体感・・・なにかあるわね・・・」

律澪唯梓「「「「 」」」」ギクッ

緑「押し付けあってた・・・」

律「こらー!!」

澪「今のはひどいぞっ!」

唯「どうしていうの!」

梓「むぎ先輩が選びましたよ」

さわ子「りっちゃんと澪ちゃんと唯ちゃんは今度着せてあげるわ」

律澪「「 なにをっ!? 」」

和「梓・・・隠れたわね・・・」

さわ子「羽のガラス細工・・・。いいじゃない」

さとみ「きれい・・・」

唯「喜んでもらえてなによりだよ!」

星奈「純ちゃんが持ってるそれも同じお土産なの?」

純「え、あ・・・はい。ベースのガラス細工です」

星奈「なんか、普通だね」

純「普通じゃないでしょ!」

和「・・・タクトよりいいじゃない」

唯「そんな・・・」グスグス

憂「わたしはアコーディオンですよ」

星奈「おぉ、なんか憂ちゃんっぽいね!」

憂「ありがとうございます」ウキウキ

さとみ「褒め言葉なの?」


さわ子「そういえば秋子ちゃんは?」

紬「私の為にいろいろしてくれて・・・とても助けられました」

さわ子「そう・・・。あの子落ち着いたらバランスよくなると思うんだけどね」

緑「それに気づいたみたいだから・・・」

さわ子「へぇ~」

和「あの子が・・・」

律「風音は?」

紬「阿蘇山へ行ったわ」

澪「そっか・・・」

星奈「?」

緑「あの子は・・・とっても強い・・・」

紬「うん・・・。出来れば一緒に行きたかった」

梓「むぎせんぱい・・・」

緑「一人で乗り越えられる・・・大丈夫よ・・・」

さとみ「・・・へぇ」

和「・・・へぇ」

緑「・・・なに?」

さとみ和「「 別に・・・ 」」

梓「ブフッ」

緑「・・・」ワシャワシャ

梓「ちょっ、なんでですか!?」

さとみ「・・・」ピョンピョン

梓「髪で遊ばないでくださいっ!」

紬「あらあら」ウフフ

さわ子「さとみちゃんはどうなのよ?」

さとみ「えーと、推薦を断りました」

和「へぇ、そうなんだ」

純「おぉ・・・」

さわ子「それはまたどうして」

唯「漫画家になるんだよね!」

律「ちげえよ、脚本家だ」

澪「作家だ」

さとみ「そうです」

さわ子「推薦先の大学は文学部なかったの?」

さとみ「ありますけど、憧れている作家がいた大学へ変更したんです」

さわ子「なるほどね~」

梓「・・・すごいです」

さとみ「ありがと」ニコニコ

星奈「いろんな人がいたんだね~」シミジミ

律「あぁ・・・、みんな輝いていたよ」シミジミ

唯「そうだね・・・、私たちはダイヤの原石だよね」シミジミ

さわ子「どういう意味よ」

純「若いって事です」

さわ子「なんだか修治くんのポジションに入ったようね」

純「はは・・・」

憂「ひきつってるよ」

さとみ「そういえば修治くんと律さんって似ているよね」

星奈「そういやそうだね」

律「・・・」

星奈さとみ「「 あ、ごめん 」」

律「謝るなよ!どっちにも失礼だよっ!」

紬「あ、さわ子先生」

さわ子「ん?」

紬「鳥羽さんと愛さんゴールインしました~」ニコニコ

憂和さわ子「「「 えっ!? 」」」

律「いや、してねえ!・・・してほしいけども!」

純「愛さんって誰ですか・・・?」

澪「松本の温泉と教師ごっこに出ていたよ」

純「あー、あの人が・・・なるほど」

和「修治・・・やるわね」キラン

さわ子「へぇ~、お似合いかもね~」

憂「そうですね」キラキラ

紬「知っていたんですか?」

さわ子「気にかけていたようだったからね」

紬「おぉー」

律「どうしよう・・・星奈」

星奈「うん・・・」

唯「・・・苦しいよ」

さとみ「・・・はぁ」

澪「そろそろ梓が・・・」

梓「むぎせんぱいっ!」ダキッ

紬「あら?」

梓「・・・っ」

ギュウ

紬「うふふ、ありがとう」ナデナデ

梓「・・・」

星奈「つばさちゃん以上じゃないのかにゃ~」ニヤニヤ

憂「・・・」ジー

純「メロンフロート買ってこようか?」

梓「」ギクッ


紬「はい、唯ちゃん・・・」

唯「おぉ、みらいちゃんのストラップ!」

紬「ありがとう」

唯「いえいえ~」

紬「心強かったわ~」

唯「よく分かんないけど、良かったよ!」

和「みらいはTVに出るようになったわ」

純「前以上じゃないですかね」

律「そうなのか?」

さわ子「順調ならいいじゃない。今度映画見に行きましょうか」

唯「もちろんです!」ビシッ

緑「誰?」

純「TVくらい見なきゃダメですよ」

和「そうね」

緑「・・・気が向いたらね」

律「てか、名古屋のライブ見に来ていただろ緑!」

緑「あ・・・」

澪「忘れていたのか・・・」

緑「キーボードの音が・・・」

さとみ「なるほど」ニヤリ

さわ子「へぇ~」ニヤニヤ

緑「別に・・・」

憂「えぇと、紬さんの演奏に注目していたって事ですか?」

和「ずばりね」

唯「そうだったのか~。でもネットの動画を見ればいいんだよ」

星奈「え!?そんな事してたの!?」

梓「最先端技術に弱そうですよね」ププッ

唯「・・・」ダキッ

ササッ

唯「どうして・・・?」

梓「・・・」ズズー

和「煽るのはどうしてかしら・・・」


紬「澪ちゃん、カメラありがとう」

澪「・・・むぎ、カメラの現像って・・・」

紬「さっき出してきたわ」

律「楽しみだな!」

唯「うん!」

星奈「札幌から撮ったんだよね~」

梓「稚内からですよ」

緑「稚内・・・」

さわ子「じゃあ11枚?」

紬「記念写真は12枚です」

さとみ「夢の崎で撮ったものね」

純「最終駅の名前ですか?」

紬「そうよ~」

さわ子「オシャレな名前ね」

紬「ブレスレットも・・・」

澪「うん・・・」

スチャ

紬「とっても支えられた」

澪「そっか・・・」

緑「・・・」

紬「ありがとう」

澪「エレナと小麦がいたからだよ。私一人じゃなにもできなかった」

さわ子「人ってそんなもんよ」

律「一人じゃなんにもできねえよ、澪みたいにな」ニカッ

澪「そうだぞっ」

純「あれ・・・」

和「反発すると思った?」


27