―――――桜が丘高校

梓「似合ってますよ」

星奈「そ、そう?」

律「着れるもんだな」

さとみ「ど、どうかな?」

澪「バッチリ。私のサイズで着れてよかった」

緑「・・・」

唯「緑ちゃんも似合ってるよ~」

緑「制服貸してくれて・・・ありがと」

唯「いえいえ~」

紬「これで学校に入っても大丈夫ね!」フンス!

星奈「でも、入っていいのかな・・・」

梓「大丈夫です!」

さとみ「・・・なんかドキドキする」ドキドキ

緑「・・・うん」

澪「ジェットコースターに乗る前みたいだな」ドキドキ

星奈「あ、わたしだけその澪ちゃん見てないんだよね・・・。部室止めて遊園地に行かない?


緑「私も見てない・・・」

澪「そうしよっか!」キラキラ

律「なにを言っているんだ・・・」

紬「さぁ入りましょう!」

スタスタ

梓「部室まで一直線です!」

律「なんか私も緊張してきた!」

唯「う、うん!」

澪「普通にしていればバレない!」

紬「澪ちゃんも乗り気ね!」

澪「なんか、楽しくなってきた!」

星奈「走っていいかな」

梓「不自然ですよ」

さとみ「うぅ・・・楽しいけど・・・怖い・・・みんなに会いたい」

律「さわちゃんには言ってないんだよな?」

唯「うん、ういにも言ってないよ~」

緑「・・・」


紬「玄関に到着よ!」

唯「ここで少し待機です!りっちゃん応答せよ!」

律「よし、辺りに人の気配なしだ!オーバー!」

澪「階段へ!」

星奈「昔、この靴箱で一人の男子生徒が女生徒に振られ・・・それを苦に」

澪「ヒァッ」

星奈「それを苦に毎晩ギターの練習を・・・あれ?」

梓「私たち以外みんな行きましたよ」

星奈「えー!」

澪「聞こえない聞こえない」ブルブル

星奈「あ、ごめん澪ちゃん」

梓「女子高ですから、嘘ですよ。それにギターの練習していたから平和です」

澪「そ、そうか・・・」

星奈「可愛いな~もう」

梓「さ、行きますよ」

澪「そうだな」キリ

星奈「他校に侵入なんてたっのしー!」


律「あれ?」

紬「三人がいない・・・」

さとみ「どうしたのかな?」

唯「もぉ~」

緑「散歩してきていい?」

律「ダメだろ!」

緑「少し歩いてみたいから・・・」

律「だからダメだって!」

緑「後で行くわ・・・」

スタスタ

律「ちょちょちょ!」

タッタッタ

さとみ「みんな自由すぎるわよね」

紬「うふふ」

唯「りっちゃんが行ったから大丈夫だよ」

さとみ「後でって場所知ってるのかな」

唯「行こうよむぎちゃん、さとみちゃん!」

さとみ「そうね・・・。なんか緊張が解けちゃった」

紬「行きましょう~!」

さとみ「あっ・・・」

唯「ん?」

さとみ「あの掲示板見てきていい?」

唯「大して面白くないよ?」

さとみ「行事がたくさんあるのね」

唯「マラソン大会があるんだよね~」

さとみ「いいな~」

唯「そんな!」

紬「あれ・・・?みんな居なくなっちゃった・・・」

紬「さわ子先生たち中にいるのかな・・・」

紬「・・・・・・いない・・・」

ガチャ

スタスタ

紬「戻ってきたのね・・・」

スト

紬「ふぅ・・・」

紬「・・・」

紬(落ち着くけど・・・、もう少しだけ・・・・・・)

紬(なんだか・・・)

さわ子「ど、どうしよう・・・」

純「出られなくなってきましたね」

憂「紬さんのあんな表情みたら出て行けませんよね・・・」

和「でも狭いわよここ」

さわ子「タイミングを完全に失ったわ」

純「うぅ・・・」

憂「動かないで純ちゃん」

純「ご、ごめん」

和「あ・・・眠ってしまったわ」

さわ子「そぉーっとここから出て、一度部室から出るわよ」

憂「は、はい」


星奈「たっのしぃー!」

梓「ちょっ、星奈さんうろついたら危険ですよ!」

澪「・・・」

星奈「誰も居ないから大丈夫だ・・・あ」

「・・・君・・・・・・」

星奈「こんにちは先生!」スィー

「あぁ、こんにちは」

星奈「部室へ急がなくっちゃ~」

「・・・?」

梓「澪先輩、来週に開催される演劇についてですけど」

澪「あ、あぁ・・・たしかロミオとジュリエットだったな。じっくり観察しないとな」

スタスタ

梓「・・・ごまかせましたね」

澪「ふぅ・・・びっくりした」

星奈「ごめんごめん」

梓「もぅ!」

澪「部室へ行こう!」

星奈「みんながどんな学校で学んでいるのか知りたくてさ」アハハ


緑「・・・いい所ね」

律「あぁ・・・、先生たちも生徒も面白い連中ばっかりだ」

緑「・・・そう」

律「あ・・・」

「・・・君・・・・・・」

緑「こんにちは」

「こんにちは・・・」

緑「部室へ急ぎますので」スィー

「あ、あぁ・・・」

律「・・・」

スタスタ

緑「・・・」

律「それでも突き進むのかよっ!」

緑「行きましょうか」

律「ったく・・・!」

緑「・・・むぎが通っている学校に興味があって」


さとみ「ここで学んでいるのね・・・」

唯「そうだよ~」

さとみ「・・・楽しそう」

唯「楽しいですっ!」

さとみ「ここに来るなんて予想だにしてなかった・・・」

唯「うん」

さとみ「ありがと、唯ちゃん」

唯「でっへっへ、・・・全部むぎちゃんのおかげだよ~」

さとみ「そっか、福引で当てたよのね」

唯「それもあるけど、むぎちゃんとさとみちゃんが出会ったから、ここにいられるんだよ」

さとみ「・・・」

唯「行こう、部室へ」

さとみ「うん!」

「・・・君・・・・・・」

さとみ「こんにちは先生」

「こ、こんにちは・・・。いや君たちか・・・?」

唯「あー・・・」

さとみ「部室へ急ぎますので、失礼します」

「どの部活だね?」

唯「けい」

さとみ「鉄道部です!」

「・・・そんな部あったかな・・・」

さとみ「同好会みたいなものなので・・・」

「そうか・・・、あまり長居しないようにな」

さとみ「はーい」

唯「おぉ」

さとみ「嘘ついちゃった」

唯「鉄道部なんてありません」

さとみ「そうよね~」ニコニコ

唯「悪い子ですな~」

さとみ「ふふっ」

星奈「なにやってんの?行くよー!」

梓「迷惑かけていたのにっ!」

澪「まぁまぁ」

緑「上?」

律「そうだぜー」

スタスタ

さとみ「行きましょうか」

唯「そうだね~」

唯「やぁやぁ、ただいま帰りましたよ」

さわ子「あら・・・」

憂「あ!」

純「おぉ・・・」

和「お揃いね」

星奈「驚いてくれないのね」

さとみ「インパクト薄いのね私たち・・・」

緑「そうね」

さわ子「驚きたいけど、静かにね」

澪「?」

律「しずかに?」

和「むぎが中で眠っているのよ」

澪「さすがに疲れたみたいだな・・・」

星奈「どれどれ」ソォー

さとみ「あら、ほんとね・・・」

澪「天使のようだ・・・」

律「・・・」シーン

唯「My Angel...」

梓「女神です」

憂「最上級になったね」

緑「流れに沿ったコメントしなくちゃいけないの?」

和「ご自由に」

さとみ「和さん、お久しぶり」ルンルン

和「名古屋で飛び乗ったからビックリしたわ」

純「しましたよ」

さとみ「ふふっ、二人のおかげね」

さわ子「うんうん」

梓「起こしてはいけませんよ」

星奈「どうして私に言うの」

純「この人が・・・」

星奈「おっ、君がさわちゃんだね」

さわ子純「「 え? 」」

梓「・・・」ジリジリ

澪「逃げる準備してるのか梓は」

唯「あっずにゃん!」ダキッ

梓「・・・!」

純「えっと・・・?」

星奈「梓ちゃんから話は聞いてるよ~ん」

憂「なんて言っていましたか?」

和「梓を追い込むのね」

さわ子「ぜひ聞かせてもらいたいわね」

さとみ「プクク」

緑「・・・」

律「あれ?ひょっとして緑はこの状況理解してないんじゃないか?」

緑「・・・」

澪「そうみたいだな」

星奈「怒ると髪の毛が逆立つとか、湿気のひどい日はドライヤーが壊れるとか」

純「ほぅ」

さわ子「なーんだ」

星奈「コスプレをさせるとか、迷惑だとか、やる気がないとか、お菓子食べてばっかりとか


さわ子「ほぅ」

純「・・・」

梓「そこまで言ってませんよ!」

律「言ってたな」ウシシ

唯「言ってたよ~」スリスリ

澪(後半は大体あってるけどな・・・)

梓「・・・」ジリジリ

星奈「面白いね君!」ポンポン

純「わたし・・・純ですけど・・・」

星奈「沢村?」

純「鈴木です!」

さわ子「わたしが山中さわ子よ」

星奈「あれ・・・?」

緑「そういう事・・・」

ダダダダッ

唯「おぉ」

和「走っていったわ」

憂「こうなる事予想しなかったのかな・・・」

さわ子「・・・あなたたち二人はそこに隠れてなさい」

星奈「おっけ~」

純「はい!」

さわ子「りっちゃんお願い」

澪「打ち合わせなしで・・・」

律「あー、むぎが起きたー!」

さとみ「なるほど・・・」

唯「まさかそんな・・・」

和「それはフリね」

梓「・・・」ヒョコ

さわ子「今よ」

星奈「そりゃー」バッ

純「この!」バッ

梓「!」ビクッ

緑「・・・容易ね」

星奈「捕獲成功~」

唯「お見事だよ」

和「いいチームワークね、中々出来る事じゃないわ」

さとみ「クスクス」

梓「離して純っ」ジタバタ

純「ずいぶんと言ってくれたな、ドライヤー壊した事一回しかないのに!」

憂「あったんだ・・・」

さわ子「罰が必要ね・・・」キラン

さとみ「なにか企んでますね・・・」

律「さとみやるな・・・」

さわ子「むぎちゃんが起きたときに役立ってもらうわ」

梓「嫌ですよぉ!」ジタバタ

星奈「暴れないの」

憂「でも、いいんですか?」

さわ子「え?」

和「さっきのむぎの表情からみて、からかうのは・・・」

澪「どうしたんだ?」

純「少し切ない表情を・・・」

唯「そっか・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

さわ子「なおさらじゃない」キラン


25