・・・・・・

・・・

律「と言う訳だー!」

紬「・・・そうだったの・・・。ありがとう・・・」

梓「・・・」

唯「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・」

澪「おかえり、むぎ」

紬「うん、ただいま」ニコ

梓「~っ!」

律「・・・よかったな、梓」

唯「むぎちゃん・・・!」

梓「むぎせんぱいっ!」

ダキッ

紬「あ、あずさちゃん・・・?」

梓「おかえりなさいですっ!」

ギュウ

紬「うん・・・心配かけてごめんね」

梓「いいんですっ、また・・・いえ、前以上のむぎせんぱいと出会えました!!」

ギュウウ

紬「・・・うん」ナデナデ

唯「うんうん」

澪「なんで腕組んでしたり顔なんだよ唯」

唯「美しい姉妹のようで嬉しいのですよ」ウンウン

律「なんだそりゃ」

「くっくっく、つばさちゃんと同じだにゃ~」

梓「!」ビクッ

ササッ

紬「星奈さん・・・!」

星奈「よっ」

律「星奈っ!?」

澪「せ、星奈さん・・・!」

星奈「みんなむぎちゃんの旅の終わりを見届けに来たんだね、偉いね!」

唯「星奈ちゃん!」ダキッ

星奈「!」ササッ

「きゃっ、唯ちゃん!」

紬「さとみさんっ!」

唯「さとみちゃんになった!!!」

澪「さとみさんまで・・・!」

律「二人とも来てくれたのか!」

さとみ「え、えぇ・・・私もむぎさんの旅の終わりを見届けにね」

星奈「そういう事だよ!」ブイッ

唯「どうして避けるの~!」

星奈「いや・・・なんとなくね」

唯「もぉ~」スリスリ

さとみ「ちょっと・・・唯ちゃん・・・?」

紬「・・・嬉しい。また会えるなんて・・・」

星奈「私も・・・」

さとみ「うん・・・」

梓「・・・」ジー

星奈「いい加減隠れてないで出ておいでよ~」

さとみ「か、可愛い・・・」

澪「もしかして・・・」

律「照れてるんじゃ・・・」

唯「あずにゃん!」

梓「・・・」ササッ

紬「うふふ」

星奈「たい焼きあるよ~」

唯「ちょうだい!」

星奈「ごめんね、最後の一個なんだよ」

さとみ「5個買って、4つ食べたのよ星奈さん・・・」

星奈「あっはっは、おいしくってさ~」

澪「ふふっ」

律「よくばりだなー」

星奈「ほーらほら~」ガサガサ

梓「・・・」ジー

澪「おぉ・・・」

律「むぎに隠れてないで・・・あ」

「わっ!」

梓「にゃっ!」ビクッ

紬「あら・・・緑さん・・・」

緑「・・・」

唯「緑ちゃん!?」

澪「えぇ!?」

律「なにが起きた今!!」

緑「別に・・・」

さとみ「別にで片付けられないわよいまの行動!」

星奈「ふーん」モグモグ

梓「・・・」オロオロ

紬「隠れる所なくなったわね」

梓「むぎせんぱい・・・」

紬「どうしたの・・・?」

梓「こっちへ」クイクイ

紬「?」

梓「・・・」ササッ

紬「あらあら」

緑「・・・」

星奈「えー・・・」モグモグ

さとみ「律さん、カメラ!」

律「置いてきたー!!」

澪「あーぁ」

唯「どうして私の後ろに隠れないのー!」

梓「・・・」ジー


修治「そろそろ、そこをどいてくれませんかね」

律「違う扉から降りろよ」

修治「ひどいっ!」

星奈「あんた誰?」

修治「鳥羽修治と申します。俺とあなたは顔見知りだ! 降りられないからどいてください

ませんか」

サササッ

修治「おぉ・・・真っ二つに割れた・・・モーゼのようだ」

星奈「なんかキャラが違うよね」

律「コイツ、ネコ被ってたんだよ」

緑「そうだったんだ・・・」

修治「・・・」

澪「降りないの?」

修治「すいません。ちょっと通ります」ヒョイ

紬「・・・?」

シュタ

修治「終わった・・・!」ジーン

パーン

パパーン

修治「クラッカー!?」

唯「おつかれー」

澪「おつかれさま」

律「ゴミ拾ってね」

さとみ「ひどいわよそれ」

修治「はいはい」ヒョイヒョイ

梓「拾ってる!」

星奈「やーっと出てきたか」

さとみ「ふふ、可愛かったわ」

緑「・・・うん」

梓「うぅ」モジモジ

紬「うふふ」

唯「あーずにゃん!」ダキッ

ササッ

律「あのなぁ・・・」

唯「どうして避けるのー!」

梓「・・・」


修治「・・・うむ。平常運転でよろしい」

澪「なんだそれは?」

修治「旅の終わりが平常なのが嬉しいって事ですよ」キリ

星奈「語るようになったのね~」ニヤニヤ

修治「う・・・」カァ

律「真っ赤」

修治「最後くらいいいじゃないか!」

紬「どうぞ」

修治「促されるとちょっと恥ずかしいけど・・・。終着地点が特別な場所じゃなくて、ありふ

れた場所であり
   見慣れた場所であり、そこが大切な場所だと再確認できるのが嬉しいよね」

紬「・・・うん」

星奈「そうだね~」

唯「風邪ひいたんだね」

修治「俺も平常だよっ!」

澪「いつも楽しませてくれてありがとな」

唯「うんうん。助けてくれたよね」

梓「そうです。鳥羽さんがいなかったら楽しめませんでした」

さとみ「そうね。肝心な所でいつも支えてくれたものね」

星奈「そうだね~、気にかけてくれたよね」

紬「ありがとう」

修治「・・・」ジリジリ

律「どうして後ずさる」

修治「持ち上げて落とすんでしょ?」

星奈「あっはっは、バレたかっ!」

修治「気を許しそうになったよ・・・」

緑「ふふっ」

唯律澪梓「「「「 あっ!! 」」」」

さとみ「へぇ~」

紬「うふふ」

星奈「どしたの?」

緑「別に・・・」

修治「うんうん」

律「なんだそのしたり顔・・・あ」

星奈「おぉ」

律「みんなっ、隠れろ!」

紬「え?」

修治「ひどい見送りだよ・・・」

律「うっさいバカ!修治のためにやってんだよ!」

修治「へ?」

律「がんばれよ!」

紬「どういう」

星奈「いいから!むぎちゃんもみんなも隠れて!」

澪「隠れるって言っても」

さとみ「隠れたいけど場所が・・・!」

梓「どうしたんですか?」

律「いいから乗れっ!」

グイグイ

唯「どうしたの~?」

緑「・・・しょうがないわね」

星奈「緑も知ってたの?」

緑「えぇ・・・」

律「マジか」ニヤニヤ

修治「律っ!」

律「ん?」

修治「本当にありがとう!」

律「こっちこそ、約束守ってくれてありがとな」

修治「みんなと旅が出来てとても、とっても楽しかったよ、ありがとう!元気でなっ」

タッタッタ

さとみ「ごめんね・・・むぎさんは一度降りたのに・・・」

紬「どうしたの?」

星奈「へっへっへ~」

律「愛ちゃんが来てるんだよ!」

澪「愛さんが!?」

唯「は、話したいよ!」

律「それは野暮ってもんだぜ」

澪「それってまさか!?」

星奈「そのまさかだよ~ん」ニヤリ

梓「星奈・・・さん・・・知っていたんですか?」

星奈「やっと口きいたね~」

梓「もぅ、ふざけないでください」

星奈「ごめんごめん」アハハ

さとみ「名古屋の前夜祭の時、二人の雰囲気独特だったのよ」

紬「そうなの?」

さとみ「えぇ、なにかあるなとは思っていたけど」ニヤリ

澪「・・・」

律「よし、頑張れよ修治!」グッ

唯「覗き見なんてよくないよ~」

星奈「いやいや、率先して覗いてるじゃん」

律「星奈もな!」

さとみ「むぎさんまで・・・」

紬「・・・」ドキドキ

澪「むぎ・・・」

紬「なぁに?」

澪「・・・いや、なんでもない。気のせいかな」

紬「?」

梓「じゃあ三人とも知っていた・・・?」

星奈「もち!」

さとみ「うん!」

緑「えぇ」

梓「おぉー」

車掌「あら?みなさんどうなされたんですか?」

律「イッヒッヒ、修治の告白タイムですよ!」

車掌「・・・!」

澪「まったく・・・。でもうまくいってほしいな」

星奈「愛ちゃんがここまで来たってことはそういう事だよ~ん」

さとみ「そうね!」ワクワク

唯「よーし、いい雰囲気だよー!」

律「頑張れ愛ちゃん!修治!」

紬「よーしよし」ドキドキ

車掌「紬さん・・・よろしいのですか?」

紬「え・・・?」

澪「・・・!」

さとみ「!」

梓「!!!」

唯「抱きしめたよ!」

律「よっしゃ!」グッ

星奈「修治やるじゃん!」

チク

紬「ぁ・・・」

緑「・・・」

さとみ「・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

唯「残りのクラッカーで盛大に・・・あれ?」

星奈「・・・ん?」

律「あ、あれ・・・?」

車掌「・・・」

紬「わたし・・・恋を・・・していたのね・・・」

静花「そうですわ」

紬「あ・・・」

静花「・・・」

唯「え・・・」

律「・・・」

星奈「・・・」

紬「終わって気づいちゃった」

静花「・・・っ」

梓「むぎせんぱいっ!」

ダキッ

澪「むぎっ」

ダキッ

紬「・・・」

梓「わたしたちずっと一緒ですから」

ギュウ

澪「そうだぞ」

ギュウ

紬「・・・うん。ありがとう」


21