ギュウウウウウ

静花「あの・・・」

紬「もっと・・・」

静花「ダメですわっ」

紬「ダメですっ」

ギュウウウウ

静花「・・・」

紬「・・・」

静花「このまま到着してよろしいの?」

紬「?」

静花「店員さんたちに挨拶しないまま到着してしまいますわよ」

紬「そ、そうでした」

バッ

静花「・・・会う度に幼くなってますわね」

紬「行きましょう」

グイグイ

静花「私はよろしいですわっ」

紬「最初乗ったときあずさちゃんと歩いたんです。終わりは静花さんとっ」


しのぶ「いらっしゃいませ」

紬「遊んで行きますっ!」

しのぶ「そうですね・・・。それならUFOキャッチャーはいかがでしょう」

静花「やったことありませんわね」

紬「あのキツネを取ります」

ウィーン

グィーン

しのぶ「上手ですね・・・」

静花「そのままそのままですわ」

ポロッ

紬「あ・・・」

静花「あら・・・」

しのぶ「・・・」

静花「では・・・」

ウィーン

スカッ

静花「・・・」ムッ

紬「では私が・・・」

静花「もう一度ですわっ!」

ウィーン

スカッ

静花「・・・」

しのぶ「紬さんがナビをしてはどうでしょう」

紬「了解です」

静花「頼みましたわ」

ウィーン

紬「ストップ!」

静花「・・・」

しのぶ「お見事」

紬「そのままそのまま」

ストッ

静花「やりましたわ」

紬「やった!」

静花「ふむ・・・。可愛いですわ」

しのぶ「ふふっ」

静花「はい、どうぞ」

紬「ありがとうございますっ!」

しのぶ「・・・よかった」

静花「・・・」

紬「しのぶさん・・・、ありがとうございました」

しのぶ「ご利用ありがとうございました」


その子「いらっしゃいませ」

修治「らっしゃい!」

けさみ「無駄な威勢はいりませんよ~」

修治「無駄・・・」

静花「緑さんの席へ行きましょうか・・・」

紬「先に行っててください」

静花「えぇ・・・」

その子「・・・よかった」

けさみ「・・・はい」

紬「長い間ありがとうございました」

その子「いえ・・・、楽しそうにしているみなさんを見ているとこちらも楽しくなりましたか

ら」

けさみ「そうです。私たちも楽しかったですよ」

紬「・・・」

コック「お疲れ。これ律に渡してやんな」ペラ

紬「・・・?」

菜々子「どれどれ・・・」

その子「レシピですね」

けさみ「最後まで頑固親父でしたね」ププッ

菜々子「なるほど・・・」

紬「うふふ」

静花「顔が赤いですわよ」

修治「辛いもの食べていたからですよ」

緑「そういう事にしておく・・・」

修治「北上さんちょっと意地悪だよね」

緑「・・・」ツーン

静花「・・・どういう事ですの?」

緑「惚気話を」

修治「あー、俺荷物の整理してこなくっちゃー。じゃあね」

スタスタ

静花「・・・緑さん・・・詳しく」

緑「・・・?」

紬「あら?」

修治「じゃあね~」フリフリ

タッタッタ

紬「・・・?」

スタスタ

緑「・・・」

静花「・・・そう・・・でしたか・・・」

緑「・・・どうして?」

静花「いえ・・・」

紬「静花・・・さん・・・?」

静花「・・・挨拶はすませましたか?」

紬「はい~」ニコニコ

静花「・・・っ」

緑「・・・」

紬「・・・?」

静花「では売店車へ向かいましょうか」

紬「は、はい」

緑「私も部屋へ戻るわ」

菜々子「じゃ、後で挨拶に行くよ」

紬「はい。料理おいしかったです。ありがとうございました」

コック「食堂車へのご利用ありがとうございました」

その子「ありがとうございました」

けさみ「・・・っ・・・ありがとうございました!」


紬「4号車・・・」

静花「・・・」

緑「・・・」


紬「3号車」

静花「・・・」

緑「・・・」


紬「2号車」

静花「・・・」

緑「・・・」


紬「1号車」

静花「・・・」

緑「・・・」


ちひろ「いらっしゃいませ~」

紬「ちひろさん・・・、長い間ありがとうございました」

ちひろ「・・・」

紬「とっても楽しく旅をすることができました」

ちひろ「はい・・・。私たちはそれが仕事ですから」

紬「そうですか・・・」

ちひろ「仕事だから・・・、紬さんたちが楽しく過ごせている事に誇りを持つのと同時に」

紬「・・・」

ちひろ「少しだけ羨ましかったんです・・・」

紬「・・・っ」

緑「・・・」

静花「・・・」

ちひろ「なんて、まだ終わっていないのにこんな事言っちゃってごめんなさい~」

紬「お世話になりました」

ちひろ「ありがとうございました~」


紬「寝台車」

緑「・・・じゃ、後で・・・」

ガチャ

バタン

静花「・・・」

紬「最後に動力車へ行きましょう」

静花「ここからは、あなた一人で行きなさいな」

紬「え・・・?」

静花「・・・あなたが・・・つむぎさんが見る景色を大事にね」

紬「・・・はい」

静花「到着したら菜々子さんと挨拶に行きますわ」

紬「・・・」

静花「今度は、一方的に別れたりしませんわ。約束します」

紬「本当ですか?」

静花「えぇ、あなたは私の大事な人ですから」ニコ

紬「はい」

静花「車掌さんに挨拶してらっしゃいな」

紬「はい!」

タッタッタ

静花「終着地点があなたにとってかけがえのない大切な場所になることを・・・」


紬「・・・」

コンコン

「はい」

ガチャ

車掌「どうなされましたか・・・?」

紬「挨拶に来ました」

車掌「そうですか。長い旅をしてきましたね」

紬「はい」

車掌「・・・」

紬「・・・」

車掌「・・・」

紬「車掌さんのおかげで・・・、いえ美弥さんのおかげでここまで来れました」

車掌「・・・」

紬「ありがとうございました」

車掌「はい」

紬「・・・本当に」

車掌「使命と言いましょうか・・・」

紬「・・・?」

車掌「琴吹紬さんを最終駅『夢の崎』へ送り届ける事が私の仕事・・・使命だと感じました」

紬「・・・!」

車掌「なんて、ちょっとカッコつけすぎましたね」

紬「私たちみんなが無事に旅を終えることが出来たのは・・・出来るのは車掌さんのおかげな

んです」

車掌「私は・・・みなさんをこの『ヴェガ』に乗せて、それぞれの目的地へ運んだだけにすぎ

ません」

紬「・・・」

車掌「そこでどの景色を見られるのかは個人の行動に限られます」

紬「それでも、車掌さんがいてくれたから、美弥さんが車掌さんでいたからです」

車掌「!」

紬「これ・・・乗車証。お返しします」

車掌「はい。確かに受け取りました」

紬「ありがとうございました」

車掌「琴吹紬さん。当特急ヴェガへのご乗車誠にありがとうございました」


ガタンゴトンガタン ゴトン

今減速した

旅が


終わる



あずさちゃんと乗った

山口星奈さんと出会った

桜井真美さんと出会った

鳥羽修治さんと出会った

七尾つばさちゃんと出会った

唯ちゃんが乗ってきた

松浦愛さんと出会った

澪ちゃんが乗ってきた

りっちゃんが乗ってきた

エレナさんと出会った

伊東小麦さんと出会った

憂ちゃんが乗ってきた

飯山みらいちゃんと出会った

千歳さとみさんと出会った

和ちゃんが乗ってきた

さわ子先生が乗ってきた

加古川秋子さんと出会った

北上緑さんと出会った

純ちゃんが乗ってきた

岩泉風音さんと出会った

津山菜々子さんと出会った

鹿島静花さんと再会できた


ガタン ゴトン

扉が開くとその景色が旅の終着地点になる


停車した

プシュー

扉が開いた


ヴェガから降りる


旅が

終わる



紬「・・・」

サヤサヤ

紬「よいしょ」

スタ

紬「・・・」

サヤサヤ

紬「ん~・・・風が気持ちいい」ノビノビ

サヤサヤ

紬「夢の崎、到着」


「ったくー、あっちじゃんかよ」

「こっちの扉だと思ったんだよ~」

「やれやれ・・・」

「むぎせんぱーい!」

タッタッタ

紬「・・・え」

梓「来ちゃいました!」

唯「えへへ、来ちゃったよ~」

律「ギリギリ間に合ったー」

澪「迎えに来たよ」

紬「みんな・・・!」

・・・

・・・・・・

律「よーっし!これから航空券を買うぞー」

澪「どの飛行機に乗ればいいのか分かるのか?」

律「鹿児島行きだろ?」

梓「そうですけど・・・、私も最終駅はどこか分かりませんよ?」

唯「どうするの?」

律「・・・」

澪「ヴェガに問い合わせればいいんじゃないか?」

唯「車掌さんに聞けばいいんだね?」

律「よし・・・」ピッピップ

trrrrrrrr

「失礼します」

梓「え・・・」

唯「誰ですか!?」

「私、琴吹家の執事をしている斉藤と申します」

澪「あなたが・・・」

唯「私と似てないよ!」

斉藤「・・・?」

梓「なに言ってるんですか・・・。むぎ先輩の執事さんが私たちに用事ですか?」

斉藤「紬お嬢様を迎えに行くのでしたら、私とご同行願えますでしょうか」

澪「でも・・・」

唯「むぎちゃんそういうの嫌がるかも・・・」

梓「はい・・・」

律「・・・はい、ありがとう車掌さん!」プツッ

澪「分かった?」

律「うん。乗せていってもらおう」

斉藤「では、こちらへどうぞ」

唯「りっちゃん?」

律「いや、結構時間が危ないんだよ」

梓「そうですね。鹿児島行きの飛行機だと間に合わなさそうですから」

澪「空港で迎えるのはちょっと物足りないな」

律「そういう事。ヴェガから降りるむぎを見届けたいからさ」

唯「おぉー、りっちゃんカッコイイよ」

律「今頃気づいたのか~」ニヤリ

澪「はいはい」

梓「・・・」

斉藤「あの・・・こちらへ・・・」


律澪梓「「「 セスナッ!? 」」」

唯「飛行機!」


20