菜々子「この後どうしようか」

秋子「おいしいものが食べたいです~!」

緑「・・・」

風音「名物ですね」

修治「それじゃ、中洲がいいんじゃない?」

菜々子「水炊き、もつ鍋、博多ラーメン、明太子色々あるな」

秋子「私はここに住むからなんでもいいんですけど~!」

緑「・・・・・・そうなの?」

秋子「はい!引越しのためにヴェガに乗車したんです!」

風音「そうだったんですか」

静花「・・・ハァッ・・・ハァッ」

紬「屋台でラーメンが食べたいわ~」

菜々子「じゃあそうするか」

修治「・・・けほっ、けほっ」

風音「どうしたんですか?」

修治「さっき蹴られてから草原にダイブしたでしょ、その時に喉に草が・・・」

緑「何か飲んだら?」

紬「もらったので悪いですけど、これどうぞ~」

修治「え・・・」

秋子「善意に応えないといけませんね」

風音「そうですね」

静花「飲みなさいな」

紬「?」

緑「オレンジはもう飲み干したから・・・」

菜々子「早く開けなよ」

修治「・・・・・・うん」

静花「つむぎさん、離れて」

紬「え?」

シュワワワワー

修治「・・・」ポタポタ

菜々子「・・・どうして自分に向けて開けるのさ」

緑「ふふっ」

紬「あ!」

静花「まぁ・・・」

風音「あ・・・」

秋子「北上さんが笑いました~!」

緑「・・・別に・・・・・・先に行くから」

スタスタ

菜々子「待てってー」

風音「待ってくださ~い」

タッタッタ

紬「秋子さんにまた会えて嬉しいわ」

秋子「紬さんの事が気がかりで~!」

紬「ありがとう~!」

秋子「いえいえ~!」

静花「秋子さんの案内でここにこれましたの」

紬「あ、運命の場所・・・」

秋子「その通りでしたね~!」

静花「運命・・・?」

紬「そうです。占い当たっていました~」

ギュ

静花「そうですわね・・・」

秋子「さ、行きましょう~!」


修治「あのね・・・、置いていかれる人の気持ちを考えてください」

菜々子「ここで待ってやっただろ?」

修治「頭洗っている間に移動しないでって事!」

風音「あ、電車きましたよ」

秋子「中洲で屋台ですね!」

紬「うふふ」

ギュ

静花「あの・・・、もう離しても・・・」

紬「ダメ・・・ですか・・・?」

静花「うっ・・・」

緑「乗らないの?」


「はいよっ、お待ち!」

静花「つむぎさん、お箸を・・・」

紬「はい、どうぞ」

静花「これは爪楊枝ですわ」

紬「・・・」ションボリ

静花「え・・・?」

菜々子「ひねりのないツッコミ入れてんじゃないよ」

修治「まったくですよ」

緑「・・・ほら」

修治「ありがとう・・・って、これ割り箸っ!」

風音「どうぞ」

修治「だから割り箸っ!」

秋子「どうぞ」

修治「爪楊枝よこせっ!」

「はいよっ」

修治「これもやしっ!ありがとう!」

菜々子「うるさいよ、黙って食べな」

紬「おいしい~!」

静花「・・・えぇ」

秋子「サービスで、もやしいただきましたよ~」

風音「みんなで食べるとこんなにおいしいんですね」

緑「・・・そうね」


修治「これが最後の集合写真だね」

紬「・・・はい」

修治「さ、並んで」

紬「お願します」

タッタッタ

菜々子「紬ちゃんは真ん中だな」

紬「よぉーし!」フンス!

菜々子「静花は写真の右上に合成しておくから」

静花「つむぎさん、隣失礼しますわ」

紬「はい」

ギュ

静花「・・・」

菜々子「照れてんじゃないよ」

紬「菜々子さんも!」

ギュ

菜々子「え・・・?」

秋子「姉御さまのとなり失礼しますね!」

ギュ

菜々子「いや・・・その・・・」

静花「照れてますわね」

風音「それでは・・・」

ギュ

静花「風音さんもですの!?」

秋子「さ、北上さんもっ!」

ギュ

緑「・・・」

紬「明日が最終日ーっ!」ブンッ

秋子風音「「 おぉー!! 」」ブンッ

静花菜々子「「 お、おぉー 」」

緑「・・・」

修治(みんな両手振り上げて・・・。すごいな琴吹さんは・・・)

静花「はやくなさいっ、腕が疲れますわ!」

紬「うふふ」

修治「少し名残惜しい・・・な。・・・いくよー!はい、チーズ!!」

カシャ


秋子「それじゃ、私はこれで・・・!」

紬「ありがとうございました。秋子さん」

秋子「お礼を言うのはこっちです!嫌な顔一つせず付き合ってくれて!」

紬「・・・」

秋子「手紙にも書きましたが、この夏は忘れません!」

紬「わたしもっ!」

菜々子「じゃあな、秋子ちゃん」

秋子「姉御・・・菜々子さんお元気で!」

菜々子「へへっ、楽しかったよ!」

秋子「私もです~!」

静花「あなたが来てくれなければ、つむぎさんと海の中道で会えませんでしたわ。ありがと

う」

秋子「だって、二人は運命に定められているんですから~!」キラキラ

静花「そ、そうですわね・・・」

風音「秋子さん・・・お元気で・・・」

秋子「ピノちゃんと・・・名前は分かりませんが、その時がくるまで仲良くしてくださいね!


風音「知っていたんですか?」

秋子「はい~!なんとなくでしたけど~!」

風音「そうだったんですか・・・」

秋子「北上さんも、お元気で」

緑「あなたもね・・・」

秋子「大丈夫ですよ~!」

修治「元気だけがとりえ」

菜々子「・・・」

バシッ

修治「・・・いつも・・・元気くれてありがと」

秋子「・・・っ・・・そんな・・・しんみりしないで・・・くださいよっ!」

修治「・・・」カァ

菜々子「なんでそこで照れる?」

秋子「・・・っ・・・それでは・・・っ・・・みなさん・・・さよならっ」

タッタッタ

紬「さようならー!」

修治「バイバーイ!」

風音「さようなら~!」

菜々子「じゃあなー!」

緑「・・・」

静花「・・・」

紬「・・・」

静花「大丈夫?」

紬「もう、別れは怖くないです」

静花「そうですの・・・」

紬「・・・はい」

静花「さ、戻りますわよ」

菜々子「あんたが仕切ってんじゃないよ」

静花「まぁ、大人しくしていると思ったら・・・本能が目覚めましたのね」

菜々子「なんの本能だよ・・・」ワナワナ

静花「自分のDNAに聞いてみなさいな」

菜々子「あんたと変わらないよ!」

静花「ご冗談を・・・」

菜々子「なんだって!?」

静花「なんですの!?」

修治「まぁまぁ、犬も食わないっていいますよ」

菜々子「誰が」ギリギリ

静花「夫婦ですの」ギリギリ

修治「ふいふぁふぇん・・・」

風音「修治さんの頬よく伸びますね・・・」

修治「ふぁんふぁふふぃふぁいふぇ(観察しないで)」


紬「・・・」

緑「・・・怖くないんでしょ」

紬「・・・はい」

緑「どうしてそんな顔してるの・・・?」

紬「寂しいから・・・です・・・」

緑「・・・・・・そう」

紬「・・・」

緑「時の流れは哀しいわ・・・」

紬「はい・・・。切ないです」

緑「・・・・・・くやしい・・・」

紬「・・・・・・やさしい・・・ですよ」

緑「・・・」

紬「・・・・・・さようなら、秋子さん」

緑「私・・・、もう一度あの子に会ってくる・・・」

紬「緑さん・・・!」

緑「・・・ちゃんと・・・話してくる・・・」

紬「・・・」

緑「・・・このまま・・・終わらせられないから・・・」

紬「うんっ」

緑「・・・じゃ」

紬「・・・はい、それじゃ」

緑「・・・・・・また・・・あした」

タッタッタ


修治「じゃ、俺は他の観光地へ行ってきます」ビシッ

菜々子「敬礼しなくていいから」

紬「そうですか」

静花「気をつけなさい」

修治「はーい」

スタスタ

菜々子「さぁーって、仕事だから戻ろうかね~!」

風音「ゴロウが心配なので私も戻ります・・・」

静花「・・・」

紬「・・・それではまた後で・・・」

菜々子「あぁ、じゃあな」

風音「それでは・・・」

スタスタ

静花「・・・」

紬「・・・」

静花「・・・もう夕方ですわね」

紬「はい・・・」

静花「明日のこの夕陽を見る頃には・・・」

紬「・・・」

ギュ

静花「・・・」

紬「・・・」

静花「どこか、行きたい所でもございますか?」

紬「・・・ゆっくり話がしたいです」

静花「・・・それじゃ、喫茶店にでも入りましょうか」

紬「・・・展望車」

静花「・・・」

紬「展望車へ行きましょう!」

静花「我が家のサロンに似ていて落ち着きますから・・・」

紬「そうですっ、懐かしい気分になったのはそのせいだったんです!」

グイグイ

静花「・・・」

紬「今なら二人に間に合います!」

静花「・・・えぇ」



14日目終了--------




8月15日


紬「・・・」

車掌「・・・」

紬「今日で終わりですね」

車掌「はい」

紬「・・・」

車掌「この旅はいかがでしたか?」

紬「とっても楽しかったです!」

車掌「そうですか」ニコニコ

紬「一昨日も同じ質問されましたね」

車掌「はい。そうですね」

紬「あの時とは・・・」

車掌「いい旅をしてきた人の顔をみれば分かります」

紬「・・・」

車掌「悔いの無い旅になると確信していましたよ」

紬「ありがとうございます。車掌さん」

車掌「・・・」

紬「この二週間はとっても短かったです・・・」

車掌「・・・はい」

紬「最後までよろしくお願しますっ」ビシッ

車掌「はいっ」ビシッ

紬「うふふ」

車掌「ふふ」



紬「最終駅へ」

prrrrrrrrrrrrrrrr

プシュー

ガタン

ゴトン

ガタンゴトン

紬「・・・よぉし!」フンス!


コンコン

「はーい」

紬「私です」

ガチャ

静花「どうなさいました?」

紬「行きますよっ!」

静花「どこへですの?」

グイグイ

紬「こっちです!」

静花「ちょっとお待ちに・・・と」

紬「あ・・・ごめんなさい」

静花「謝るほどでは・・・。夜遅くまで話をしていましたのに・・・元気ですわね」

紬「もちろんですっ」

静花「・・・まぁ、いいですわ」

グイグイ

紬「行きましょう~!」


16