ちひろ「いらっしゃいませ~」

『やっほー!紬さーん!』

紬「・・・」

秋子「博多の観光ガイド一つください~」

ちひろ「秋子さん博多で降りるんですよね?」

秋子「そうですよ~」

ちひろ「・・・はい、どうぞ~」

秋子「ありがとうございます~!」

紬「・・・?」

秋子「ふむふむ、私の占いによると・・・」

ちひろ「占いですか~?」

秋子「そうです、観光ガイドを適当に指差すの!」

紬「・・・」

ちひろ「どうなるんですか?」

秋子「そこが運命の場所です!えいっ!」

紬「・・・」

ちひろ「どこですか~?」

秋子「それは・・・海の中道です~!」

ちひろ「よかったですね~」

秋子「そうですね~」

紬「・・・」

秋子「・・・さ、次は一号車ですよ~!」



『どうしたんだ、むぎ』

『記事書いてきたよー!見て~!』

『オー、いい表情してますネ!』

紬「・・・」

秋子「乗客が少なくなりましたね~」

紬「そう・・・ね・・・」

秋子「残る停車都市は博多だけですからね。移動するだけならヴェガに乗る必要ありません

から」

紬「・・・うん」

秋子「澪さんのお気に入り客車らしいですね」

紬「どうして・・・」

秋子「名古屋の宴会で話したんですよ~」

紬「・・・そうですか」

秋子「澪さんのイメージ通りですね」

紬「・・・」

秋子「次は二号車です~!」



『ふふっ、仲がよろしいんですね』

紬「・・・」

秋子「梓さんのお気に入りですね~」

紬「・・・」

秋子「・・・次は三号車です!」



『むぎー、次どこ行くか決めようぜー!』

『本をほとんど読み終えちゃって・・・』

紬「・・・」

秋子「ここは律さんですね~。元気なイメージがピッタリですね」

紬「・・・」

秋子「いつも元気でしたよね~」

紬「・・・」

秋子「次は四号車~!」



車掌「あら・・・どうしたんですか?」

『むぎちゃーん!』

『あ・・・、こんにちは紬さん』

秋子「最後の車内探検です!」

車掌「ふふっ、そうですか」

紬「・・・」

車掌「・・・」

秋子「車掌さん、お世話になりました」

車掌「はい。長い旅お疲れ様でした」

秋子「また後で挨拶にいきますね!」

紬「・・・」

車掌「はい」ニコ

秋子「紬さん、食堂車を飛ばして娯楽車です!」

紬「・・・はい」

トボトボ

車掌「・・・」


しのぶ「いらっしゃいませ、遊んで・・・」

紬「・・・」

秋子「車両めぐりですよ~」

しのぶ「そうですか」

紬「・・・」

秋子「私全然勝てなくて・・・」

しのぶ「コツをつかめば簡単ですよ」

秋子「コツですか」

しのぶ「あと、運ですね」

秋子「私あまり自信がないです」

紬「秋子さん・・・もう・・・」

秋子「・・・なんですか?」

しのぶ「・・・」

紬「・・・」

秋子「それでは展望車です!行きましょう~!」

グイグイ

紬「・・・」

トボトボ

しのぶ「・・・」


ポン ポン ポン ポン ポン ポン ポン

紬「ジムノペディ・・・」

秋子「そうですね~。弾いているのは・・・」

紬「・・・」

秋子「やっぱり北上さんでしたね」

緑「・・・」

紬「・・・」

秋子「上手です~!」

紬「・・・はい」

秋子「私も弾けるんですよ!」

紬「・・・そうなんですか」

秋子「といっても軽くですけど~」

緑「・・・」

秋子「あれ・・・?」

緑「まだそんな顔しているのね」

紬「!」

秋子「北上さん・・・」

緑「降りてみんなの所に帰ったら?」

紬「っ!」

秋子「北上さんっ!!」

緑「こうなる事を危惧していたわよ、あなたの後輩は」

紬「・・・」

緑「あなたはなんの為に旅を続けるの?」

紬「・・・」

緑「・・・理由が無いなら」

紬「ちが・・・」

秋子「・・・」

緑「あるの?」

紬「今降りたら・・・本当に無くなってしまいます・・・」

秋子「紬さん・・・!」

緑「そう・・・」

紬「・・・」

緑「・・・少し言い過ぎたわ・・・・・・」

スタスタ

秋子「さ、行きましょう!」

紬「え・・・」

秋子「食堂車です!」


秋子「姉御さまー!」

菜々子「げっ、戻ってる・・・」

風音「クスクス」

紬「あ、あの・・・」

菜々子「まぁ、話は後だ。紬ちゃんお昼食べてないだろ?何か作ってやるよ!」

紬「静花さんは・・・」

風音「?」

秋子「・・・」

菜々子「小郡で降りたよ」

紬「・・・っ」

秋子「え・・・」

風音「そう・・・なんですか・・・」

菜々子「あのバカ、約束破りだよ・・・」

紬「・・・」

風音「紬さん・・・」

秋子「・・・」

菜々子「あんなバカと別れて正解だよ紬ちゃん」

紬「ぇ・・・」

風音「・・・」

秋子「菜々子さん・・・?」

菜々子「紬ちゃんに姉面までして、怖くなって逃げてたんだアイツ」

紬「・・・!」

風音「・・・」

秋子「・・・」

菜々子「見損なったね、もっと骨のあるヤツだと」

紬「・・・てください」

菜々子「庇わなくたっていいじゃん、アイツはあんたの前から」

紬「それでも・・・私には大事な・・・人・・・ですっ・・・」

菜々子「・・・」

風音「・・・」

秋子「・・・」

紬「・・・」

菜々子「・・・それで、どうするの?」

紬「・・・」

菜々子「アイツが紬ちゃんから去ったのは事実だよ」

秋子「・・・」

紬「・・・」

菜々子「ま、結局そんな顔させているんだから、去った意味無いけどね」

紬「追いかけます」

菜々子「今の紬ちゃんのままで会ってもお互い良くはならないからさ、もうちょっと時間お

こうよ」

紬「でも・・・」

菜々子「でもじゃない。顔色悪いの気付いてる?精神的にも疲れているんだよ」

紬「・・・」

菜々子「それに、この旅はどうするの?」

紬「それは・・・」

菜々子「終えてからでもいいさ、住所知ってんの?」

紬「京都としか・・・」

菜々子「はぁ・・・、そん時にでも教えてあげる」

紬「はい・・・」

菜々子「スープとアイス持ってくるから待ってな」

スタスタ

秋子「あ、手伝います!」

タッタッタ

風音「・・・」

紬「・・・」

風音「そんな事があったんですね・・・」

紬「あ・・・ごめんなさい」

風音「どうして謝るんですか?」

紬「迷惑を・・・」

風音「ゴロウの件も迷惑だと思っているんですか・・・」

紬「あ・・・いえ・・・」

風音「それなら謝らないでほしいです・・・」

紬「・・・」

風音「・・・」

紬「・・・」

風音「そうですね・・・。博多でご一緒しませんか?」

紬「・・・・・・・・・はい」

風音「ゴロウを外で遊ばせたいので」

紬「えぇ・・・」

風音「良かった」ニコ

紬「・・・」

風音「それじゃあ、明日の朝に」

紬「はい・・・」

秋子「お待たせしました、姉御スペシャルです」

風音「私もいいんですか?」

菜々子「うん、試作品になるけどね。ってその名前なんとかしてよ」

秋子「いいじゃないですか~!」

菜々子「はぁ・・・、なんだかね。ま、いいや・・・食べて」

紬「・・・」

菜々子「住所教えないよ?」

紬「・・・いただきます」

菜々子「ったく、・・・羨ましいね」

風音「誰がですか?」

菜々子「・・・風音ちゃん意地悪だねぇ」

風音「?」

秋子「姉御さま素敵です!」キラキラ


秋子「付き合ってくれてありがとうございました!」

紬「いえ・・・、おかげで色々気付く事ができました」

秋子「? そうですか。それではまた後で!」

紬「・・・はい」

ガチャ

バタン

紬「・・・」



あずさちゃんに心配かけていたのね・・・

みんなにも・・・

『時間が経てばこの感情も薄れていくんでしょうね』

胸が痛んだ理由・・・

寂しい、悲しいという感情が薄れて失くしていったから

『小さい頃に別れた親友を探すため・・・』

別れた人がいたことを思い出したから

静花さん・・・どうして黙っていたのだろう・・・

忘れていた私に愛想を

違う・・・それが理由なら・・・・・・見守ってくれていない・・・

『私は全部分かったから・・・』

全部・・・

菜々子さんは私と静花さんが知り合いだと知っていた・・・

『私はともかく、紬ちゃんが聞いちゃダメだったんだ・・・』

・・・・・・・・・まだ・・・

まだ・・・・・・知らないことがある・・・・・・

静花さんが降りた理由

紬「・・・!」

紬「知らなきゃいけないこと・・・」

ガチャ

バタン


けさみ「あ!いらっしゃいませ~!お食事ですね!」

紬「あ、いえ・・・」

けさみ「お食事とられていますか・・・?先ほどのスープも残していましたよね・・・」

紬「あ、あの・・・菜々子さんは・・・」

けさみ「・・・・・・ちょっとまっててくださいね」

テッテッテ

紬「・・・」

タッタッタ

菜々子「どうした?」

紬「あの・・・。静花さんがヴェガを降りた理由を教えてください」

菜々子「・・・」

紬「あの場面に出くわして、私が思い出した後に静花さんが急に降りたんです」

菜々子「・・・」

紬「その理由を・・・」

菜々子「・・・」

紬「・・・・・・お願します」

菜々子「分かった。今忙しいから・・・博多到着後だ」

紬「はい。ありがとうございます」

菜々子「それじゃ後で」

紬「はい・・・」

トボトボ

菜々子「・・・」

その子「私とけさみさんでなんとかしますよ?」

けさみ「そうです!」

菜々子「いや・・・、今はまだダメだ・・・」

コック「さぼってんじゃねえ」

けさみ「は、はい!」

その子「はい」

テッテッテ


菜々子「・・・」

コック「津山も損な役回りだな」

修治「うむ」

菜々子「・・・」

修治「・・・?」

菜々子「このやり方が正しいのかも分かりませんよ」

タッタッタ

修治「菜々子さん・・・」

コック「車内が暗くていけねえな・・・」

修治「・・・」

コック「与えられた事をやりきるだけだな」

修治「ウッス!」

コック「じゃあな」

スタスタ

修治「・・・」


12